現在位置: > > > > > 最近ホンダの高級車はモデルチェンジするほど格好...

『最近ホンダの高級車はモデルチェンジするほど格好...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済み最近ホンダの高級車はモデルチェンジするほど格好悪いですね!インスパイアは特に! アコードはモデルチェンジして半年になるが存在が薄いですね!

最近ホンダの高級車はモデルチェンジするほど格好悪いですね!インスパイアは特に!
アコードはモデルチェンジして半年になるが存在が薄いですね!逆にインサイトとシビックハイブリッド当たり売れてるんじゃないかな??

ベストアンサーに選ばれた回答

最近のホンダにはがっかりです。


今のホンダ車の多くは、『本来、北米で売りたい車』を
そのまま日本に持ってきて
アコード・シビックとか名前だけ買えて売ろうとしているようにしか見えません

日本人とアメリカ人の、車の好みは大きく異なりますから
売れるはずがないと思いますし、デカくなりすぎだと思います。


(同じ海外の車でも
ドイツ・イタリア車等の、デザインセンスは
日本人の感性にも、訴えかけるものがあるので
例えば、メルセデスやBMW等は日本で支持されているのだと思います。)

シビックハイブリッドって、売れてないと思いますよ。
街中で見た事がありません。

インサイトは確かに好調でしたが
新型プリウスの登場で、かなり怪しくなると思います。

ハイブリッドシステムでは、プリウスの圧勝です。

価格も一見、インサイトは安く見えますが
装備内容がプリウスに比べると、かなり簡素なのでこの点でもインサイトを選ぶメリットは薄いです。

どうしても『5ナンバーサイズ』が良いという人や
『アンチトヨタ』の人以外は、選ぶ理由があまりないと思います。

厳しい意見ですが、私は『ホンダ党』です。
小型のミニバンばかりではなく、もっと日本で受け入れられる車を作ってもらいたいです。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • アメリカです、
    アメリカでもホンダの新型車のデザインは不評です、おっしゃるとおり値段の高い方が不評です。実際走っている姿もカッコいいとはいえません。
    自動車雑誌の評価でも、
    良い点、ハンドリング、燃費
    悪い点、外見のデザイン
    とよく書いてあります。

  • トヨタ車が日本で好調なので景気絶好調だったアメリカ市場をメインにしていた為にアメリカ人好みになったのでしょう。
    芸能人だって活動拠点を日本からアメリカに変更したらイメージが激変しますからね。

  • 言えてます、なぜBMWやアウディのようなデザインができないのか不思議です。アコードは最近のセダンの中ではカッコイイ方だと思いますが価格を見て驚きましたね、アコードと名乗る必要はなかったと思います。

  • ミニバン系とインサイト、軽以外は眼中に無いのでは?。

    シビックハイブリッドは3ナンバーですからねぇ。

    S2000も無くなったし。

    もうちょっとしっかりしたセダンorクーペが欲しいですなぁ。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,680,000円(東京)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,290,000円(埼玉)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,328,000円(愛知)
  5. 5位
    2.0 LX
    1,278,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)