現在位置: > > > > > なぜホンダはエンジン屋なのに電動化に向かってい...

『なぜホンダはエンジン屋なのに電動化に向かってい...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みなぜホンダはエンジン屋なのに電動化に向かっているのですか。 ホンダといえばフィットもアコードもNSXもハイブリッドですが。 最近は電気自動車のホンダeも来年から販売するそうですが。

なぜホンダはエンジン屋なのに電動化に向かっているのですか。
ホンダといえばフィットもアコードもNSXもハイブリッドですが。
最近は電気自動車のホンダeも来年から販売するそうですが。ホンダはトヨタに次ぐ電動メーカーですが。
ですがホンダといえばエンジン屋だと思うのですが。
なぜホンダは電気屋になったのですか。

と質問したら。
時代の流れ。
という回答がありそうですが。

ですがマツダやスバルは時代の流れに逆らってまだエンジンの可能性を探していますが。

それはそれとして。
なぜホンダは電気屋になったのですか。
ホンダといえば創業者の時代からエンジン屋だったと思うのですが。
なぜホンダはマツダやスバルみたいに最後までエンジンを究めようとしないのですか。

ベストアンサーに選ばれた回答

今はエンジンのホンダではない。
軽自動車のホンダ。
仕方なくeを出すのでしょう?売れないと思うけど!

回答一覧

11件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • 次期、排ガス規制では現在販売されているハイブリッドエンジンでクリアできるのはPHEV搭載車だけになります。
    エンジンでそれがクリアできるのはマツダのスカイアクティブの完成形だけとも言われております。(量産型にすると今の技術では難しい)
    新しい技術を作り出すとしてもそれまでに会社を存続させていくためには販売できるものを作り続けて行かなくてはならない、電動化も現時点の技術力で出来る運営方法です。

  • あと10 年もしないうちに、ガソリンを燃料とした動力源は自動車の主力から退く見込みです。
    主力の動力源が替わる事は避けられないので
    力のあるメーカーは新しい動力源の開発に邁進。
    ただし、ガソリンエンジンがすぐに完全に無くなる訳ではないので、
    余力のないメーカーは既存技術を磨き上げて、
    新しい動力源への対応は、開発済みのメーカーとの技術・資本提携で
    乗り切ろうと考えているのではないでしょうか。
    故に、ホンダやトヨタは前者、マツダやスバルは後者の対応になるのだと想像します。

  • エンジンと言うより動力源に拘っているのでは?
    内燃機関でも、モーターでも、ジェットエンジンでも。
    飛行機はホンダジェットはジェットエンジンで内燃機関では無いですし、
    FCVも燃料電池で内燃機関じゃ無いですね。

    もうとっくに内燃機関専用メーカーは卒業していますよ。

  • 時代の要求

  • エンジンではマツダに勝てないと分かったから。

  • 飛行機メーカーがずっとレシプロ機だけを製造し続けないといけないみたいな?

    時代の要請に合わせて変えていくのが当たり前では?

  • ホンダはセスナと二足歩行ロボットを生産している会社だから、電気自動車を作るのも可能。

    F1はノロマな亀太郎でボロ負けして終了。

    日本向けはNboxだけ売れば必要十分、その他雑魚は売れないから。

  • エンジン本体の
    リコール・
    不具合の
    少なさは、
    日産の
    イメージが
    強いですが、
    ホンダも
    まずまず
    いいですよね

    インサイトの
    バックテールの
    デザインが、
    先行他社の
    HV車の
    デザインと
    同方向だった
    ので、
    ホンダ
    らしからず、
    違和感を
    感じざるを
    得ません
    でした

    HV・EV
    いずれも
    頑張って
    ほしいですが、
    さらに
    独自性を
    期待したい
    ですね

  • 時代の流れで正解。

    欧州を中心に2030年度めどにエンジンだけの車を販売を禁止するというのにエンジンの開発ばかりに力を入れていたら単なる馬鹿です。

    ホンダは自らエンジン屋を名乗ったことは有りません。
    モビリティーカンパニーです。

  • 電動お達者カーでも乗れば?
    ワゴンR乗りは、そんなの関係ないぞ(笑)

11件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 LX
    2.0 LX
    1,298,000円(愛知)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    2,290,000円(岡山)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,798,000円(千葉)
  5. 5位
    2.0 EX
    1,780,000円(愛知)

※2020年3月30日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)