現在位置: > > > > > ホンダ車が全部「なんちゃってHV」と言われてい...

『ホンダ車が全部「なんちゃってHV」と言われてい...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みホンダ車が全部「なんちゃってHV」と言われているのか教えて下さい。

ホンダ車が全部「なんちゃってHV」と言われているのか教えて下さい。IMAハイブリッドまではなんちゃってと思いますが、それ以降のi-dcd、i-mmd、sh-awdはストロングハイブリッドだと思っているんですが?特にアコードのi-mmdはプリウス以上のストロングハイブリッドだと思うんですけど?

ベストアンサーに選ばれた回答

別にホンダの肩を持つ訳ではありませんが、そもそもホンダのIMAハイブリッドは、トヨタの割高なハイブリッドに対して、できるだけコストアップをしないことを前提に考えて作られたものです。

当時のホンダは、ハイブリッドにより、燃費性能をとことん突き詰めると言うより、できるだけコストアップをしないでハイブリッドを造ろうと考えていたのであって、トヨタのようなハイブリッド技術が確立できなかった訳ではありません。最初からトヨタのようなハイブリッドは考えていなかったのです。

トヨタのハイブリッド技術がいくら優れているとは言え、ハイブリッドのコストアップ分を燃費で回収できないようなら普及は進みません。当時のホンダはそのことを一番に考えていました。
実際、2代目のプリウスまでは大して売れなかったし、今のようにトヨタもハイブリッド一辺倒ではありませんでした。欲しい人が買ってくれれば良いと言うスタンスだったと思います。

ハイブリッドが普及したのは、3代目プリウスになってからですが、普及した一番の要因は、プリウスの当初の値付けよりも30万円くらい安くしたからに他なりません。そして、その安くした一番の要因こそ、その直前に発売された(安い)インサイトの値段だったのです。

確かにインサイトとプリウスの燃費性能の差はかなりありましたが、プリウスは敢えてインサイト潰しの値段設定をした(つまり本来の値付けよりもかなり安い値段設定をした)のです。
結果として、3代目プリウスは、それまでの2代目プリウスに比べてかなりの割安感が得られたことと、当時燃料が高騰したことから爆発的に売れました。

つまり、ハイブリッドをここまで普及させのはトヨタですが、普及のきっかけを作ったのはホンダに他なりません。
いくら技術があろうとも、普及しなければ意味がありません。
ホンダのハイブリッドはフィットでつまずきましたが、ハイブリッドにDCTを組み合わせるなど、決して他人の真似事で終わらせないのがホンダらしいと思います。

まあ、そんなことを言いながら、実は私は一度もホンダの車は買ったことがありませんし、結局一番乗っている車はトヨタだったりします。
やっぱりホンダもトヨタのようにずる賢い部分が必要かなと思います。二輪屋はやっぱり商売下手かな?とも思います。

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • いやもうハイブリッド技術ではトヨタを抜いている


    ・・・・だって走行性能で勝ってるやん

  • はははぁ・・・
    ホンダHV、が何故「なんちゃってHV」なのか・・・
    (本当は擬似HV⇒電動アシスト自転車の自動車版)

    端的に、”ハイブリッド”という語源の
    意味を逸脱した解釈だからです。

    ハイブリッドとは、
    全く異なるものが同居もしくは搭載され、
    尚且つ、独立性を持っているもののことをいいます。
    (アシスト機能の事指すモノではありません)

    初代プリウスが発売される前には、
    「ハイブリッドCD」ってのが、世に出ましたが、
    それは、”Windows”と”Macintosh⇒Apple)の
    両方のOSに別々に対応できます、というモノでした。
    どちらのOSの、PCでも使用できるCDです。

    車に戻りますが、
    トヨタがハイブリッド車を開発して発売までに
    20年以上かけて、基本設計から積み上げた技術は
    ちょっと真似したぐらいで、追いつく訳が無いのですよ。
    内燃機関であるエンジンと
    電気モーターとがそれぞれ独立して、
    駆動が可能なシステム。
    (NHK”プロジェクトX”で何度も放送
    ............................⇒YouTubeで、検索可)

    それと制動回生エネルギーとバッテリーシステム
    このあたりの”パテントの網”をくぐって、
    いくら真似したところで、
    「ヒュンダイ」と同レベルにしかならない。

    ホンダが最初に発売した「INSIGHT」は
    唯の、”電動アシスト自動車”に過ぎない。
    当初はホンダも電動アシスト車と言っていたはずなのに、
    ある日、ハイブリッド車と名を打ったのが、事の始まり。
    トヨタも一応クレームをつけたが、
    すぐ大人の対応に切り替えたんですよ。
    (国交省の馬鹿役人が、認めちゃった⇒政策的に)

    現行のホンダのハイブリッド(なんちゃって)は
    なんとか、モーター単独でも走行が可能とはなったようだが、
    それを、追いつこうと無理するあまりに、
    同一車種・同リコール連続5回とか
    国土交通省の、前代未聞の”行政指導”まで受ける始末となった。

    中身は、エンジンとモーターの切り替えと変速機(ミッション)
    ギアが入らなかったり、
    引っかかったりの動作不良を繰り返したのですよ。
    (耐久性に関しては誰が見ても疑問符だらけ)

    ユーザーには、プログラムの修正で解決できます、
    とかなんとか言って、ごまかしているが、
    ”基本設計の発想”から間違っているのだから、
    解決なんて、10年たっても無理ですよ。
    今のホンダ車は、他にも山ほど不具合が貯まっていて
    もう収拾がつかない状態ですよ。
    (調味料を変えても食材がダメなんだから、無理)

    埼玉の山中に雨ざらしの大量在庫が話題になったり。
    FITなんか、25万値引き当たり前だとか、納車5日でOKとか
    噂は、いっぱい、ありますよね。

    だから、”マイルドHV”だの”ストロングHV”だの言葉自体が
    意味不明なのです。
    ”ストロング”って、どこが”ストロング”????????

    スズキは、そこらへんの意味をちゃんと理解しているんで
    「S-エネチャージ」とか、「マイルド・HV」と
    控えめに命名しているんですよ。
    ホンダと比べると、格段の品格の差が現れていますね。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    検索したら:いっぱい載ってますy。↓↓
    ホンダ、ヒドすぎる営業利益率!その原因は? - 厳選!自動車 ...
    gensenjidoushanews.blog.fc2.com/blog-entry-225.html
    2015/04/30 - なぜなら、筆者が最近のホンダ車で唯一デザインが良いと思っている「ヴェゼル」に関しては、順調な売れ行きを記録しているからだ。 「ヴェゼル」と言え ... 欠陥ハイブリットシステムを4車種に展開しさらにデザインが終わってる。売れる要因が ...
    「世界のホンダ」内部崩壊 安く車やバイクを作ろうとしすぎて必要 ...
    baiku-sokuho.info/articles/68171.html
    2015/03/06 - 今ではトラックの運転手がホンダ車の最終点検の一部をしているお粗末な状況にある」(ホンダ関係者)という。 こうした「伊東改革」 .... カブを中華製にした時点で終わった会社 ... ホンダ大好きだったが、バイクとか昔の遺産で食ってるだけだよな.

    ホンダ、業績一人負け 2つのリコール直撃 :日本経済新聞
    www.nikkei.com/article/DGXLASDC23H0G_T20C15A2EA2000/
    2015/02/23 - 業績好調な自動車大手のなかで、ホンダは一人負けとなっている。2015年3月期は円安と北米市場の拡大を追い風に、トヨタ自動車や富士重工業など自動車7社のうち5社の営業利益が過去最高になる見通しだ。

    ホンダ独り負け 無理な拡大路線が失敗&現場疲弊 異常な ...
    biz-journal.jp › 企業・業界
    2015/06/16 - ホンダ「フィットハイブリッド」(「Wikipedia」より/DY5W-sport) 2015年3月期連結決算で国内自動車メーカーが大幅 ... ホンダ独り負け 無理な拡大路線が失敗&現場疲弊 異常なリコール連発、新車投入遅れ… .... 4人に1人が薄毛になる?

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • IMAはエンジンにモーターを貼り付けたシステムで、それ以外のパワートレインの基本構成はガソリン車と同じです。
    エンジンとモーター間にクラッチ等の分割機構を持たないために、モーター単独での走行がほぼできません。
    エンジン動作を前提にして、エンジンをモーターでアシストするもので、トヨタのハイブリッドシステムのようなモーター主体で走行することはできません。
    あくまでもモーターはエンジンの補助を行うのが目的なので10kwの出力性能が低めのモーターを搭載しています。
    一種、簡易的な構成のハイブリッドシステムのため、なんちゃってハイブリッドと呼ばれました。

    i-DCDは思想はエンジン主体のハイブリッドシステムですが、エンジンとモーターを完全分離する事で、モーター単独走行もできますし、エンジン単独走行もできます。
    モーター駆動と回生発電を同時に行う必要が無いので、1つのモーターで効率良く駆動と発電を切り替え利用しています。
    パラレル型ハイブリッドシステムのストロングハイブリッドです。

    i-MMDはモーター駆動が主体なシリーズ型ハイブリッドシステムです。
    エンジンは発電に専念し、発電した電力を使ってモーター走行します。
    発電エンジンを搭載した電気自動車です。
    ディーゼル機関車と似たシステム構成で、ハイブリッドシステムとしては一番古い理論ですが、自動車で利用できる効率が得られるようになったのが近年です。
    100km/hを超えるとエンジンで発電しモーター走行する効率が低下するため、エンジンでの直接駆動に切り替わります。
    パラレル型やスプリット型とは異なるハイブリッドシステムなので、ストロングとかマイルドとかいう区分ではありません。

    SH-AWDは基本的にi-DCDです。
    ハイブリッド駆動でない車輪にモーター駆動を配置して4WD化したシステムです。

    トヨタのハイブリッドシステムは、i-DCDとi-MMDの中間的なシステムです。
    エンジン出力を独自の動力分割機構で駆動と発電に分配します。
    発電した電力でのモーター駆動と、分配後のエンジン駆動を合成して走行します。
    発電には最低でも23%以上のエンジン出力が割り当てられるので、エンジン駆動とモーター駆動の両方が使われます。
    減速以外では常にモーターは動作し、必要に応じてエンジン駆動が加わる構成のため、エンジンのみでの走行はできません。

    (rekisicengokuさんへ)

  • ホンダの「なんちゃってハイブリッド」と言われ始めたのは「初代プリウス」「初代インサイト」「2代目プリウス」が出た頃ですね。

    その当時の背景としては
    ①「カタログ燃費で勝つプリウス VS 実燃費で勝つインサイト」
    ②「5人乗りプリウス VS 2人乗りインサイト」
    ③「電気モーター、ガソリンエンジンの2トップのプリウス VS ガソリンエンジンメイン電気モーターは補助のインサイト」
    ④「セダンの初代プリウス。最近のハイブリッド独特の形状の先駆けとなったがcd値0.24の初代インサイト。その形状に追従する2代目プリウス」

    特に①の理由でプリウス乗りの反感を買い、④の理由でインサイト乗り(ホンダファン?)の反感を買う。
    そして、③に対するプリウス乗りのネガティブキャンペーンとして「ホンダの『なんちゃってハイブリッド』」と言う言葉が使われました。

    プリウスは電気モーターだけでも走れるが、インサイトは電気モーターだけでは走れないのでハイブリッドでは無いと言うのが「なんちゃってハイブリッド」と言われる所以でした。

    もっとも、①の理由に対しても、当時トヨタの中でも当時の燃費の測定法である「10・15モード燃費」の測定法の抜け道を利用し、カタログ燃費を良くする事に批判的な方もいらっしゃった様ですけど。

  • わかり易いのがアイドリングストップ時にエアコンが使用出来ないから送風のみ。

    IMAはエンジンメインにしているので、自然なフィーリングを大事にしている人には向いてます。走り好きで燃費も多少良いバランス型です。

    逆にトヨタのシステムは燃費に特化したモーターメインのハイブリッド。でも中速域ではエンジンメインになるので、なんちゃってになるのですけど。

    プラグインやレンジエクステンダーに比べると時代が違います。

  • フルHVに対する×マイルドHV
    の事でしょ
    (=゚ω゚)ノ
    とはいえ…
    今やフルHVも→下級HVだしな

    どんぐりの背比べ」だな
    (⌒▽⌒)きゃは☆
    上級ハイブリッドの→プラグインHV」
    レンジエクステンダーHV」
    が出てきましたからね

    ハイブリッドは進化していますよー

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,680,000円(東京)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,290,000円(埼玉)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,278,000円(愛知)
  5. 5位
    2.0 LX
    1,328,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)