現在位置: > > > > > ホンダのアコードがハイブリッドのみで発売される...

『ホンダのアコードがハイブリッドのみで発売される...』:ホンダ アコードハイブリッド

解決済みホンダのアコードがハイブリッドのみで発売されるみたいですね。 やっぱカムリに対抗心あるんですかね? 今回はトヨタや日産と同じ2モータみたいですが。

ホンダのアコードがハイブリッドのみで発売されるみたいですね。
やっぱカムリに対抗心あるんですかね?
今回はトヨタや日産と同じ2モータみたいですが。なぜ1モーター方式ではないんですかね?
やっぱモーターはあくまで補助で燃費がそこまでよくならないからですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

1モーターでは走行性能・燃費に置いて劣っている事が明らかだから

ホンダは上位グレードに2モーターを採用し

低価格帯の普及モデルに1モーターを採用します

1モーターでは、なんちゃってHVと大差ありません


理解出来ない方もいらっしゃいますが
制御プログラムしだいで、いかようにもなるのが2モーター

1モーターでは走行中バッテリー空になると発電を始める為エンジン回転数を一定に保てず絶えず変動を繰返し燃費が悪化します

ホンダがアクティブハイブリッドを越えたのが気に入らない様ですね

回答一覧

1件中1件を表示

  • ハイブリッドの目指す方向性によりハイブリッドシステムは異なります。

    【エンジンの運動性能を向上させ、燃費を向上させるのが目的のパラレル型ハイブリッド】
    モーターでエンジンの効率が悪い部分(低回転時)を補助することで、スタート加速や燃費を向上させるシステムです。
    基本はエンジン走行であり、無駄に放出するエネルギーを極力回収するものです。

    【エンジンの燃焼効率を最大にし、エンジンは発電が主、走行はモーターで行うシリーズ型ハイブリッド】
    エンジンは一定回転で回すのが燃焼効率が最大となります。
    発電⇒モーター駆動では、エンジン駆動よりも損失は大きくなります。
    ただ、この損出よりも遥かにエンジン回転を一定にした方が得られる効率は大きくなります。
    そのため、エンジンで発電しモーターで走行するディーゼル機関車のような構成のハイブリッドシステムです。

    アコードのハイブリッドi-MMDは、上記のシリーズ型ハイブリッドがベースとなります。
    そのため燃費向上は最大となりますが、走行は電気自動車そのものです。
    エンジンの頑張る走りではなく、モーターによる新幹線のような走りになります。

    カムリのハイブリッドTHSは、上記パラレル型とシリーズ型の中間的なシステムです。
    それでもシリーズ型に近いため、燃費はかなり良くなっています。
    エンジンの出力は、プラネタリーギヤを用いた動力分配機構により、駆動側と発電側に出力が分配されます。
    そのため、エンジン出力の一部は駆動用に使われます。

    1モータ2lクラッチ方式は、パラレル型ハイブリッドです。
    燃費はそこそこの向上でとどめ、運動性能を向上させるためのハイブリッドです。
    i-MMDやTHSとは方向性が全く違います。
    この秋発売のFit Hybridや次期NSXが採用します。
    (次期NSXは3モーター方式ですが、1モーター2クラッチのシステムに2輪をモーターで駆動する仕掛けを合わせて3モーターとなっています。)
    エンジン効率が悪い状況でのモーターアシストと回生発電を行っても、モーターの駆動と発電は同時には発生しません。
    制御は難しくなりますが、1モーターの方が効率的です。

    2モータ方式は、基本シリーズ型ハイブリッドです。
    燃費を最優先とした電気自動車と思って良いでしょう。
    発電と駆動の双方を独立して動作させる必要があるので、2つモーターが必要となります。
    THSはバッテリー充電することが目的となってしまっているので、中途半端なシリーズ型ハイブリッドです。
    燃費向上が目的ですから、i-MMDの勝ちでしょう。
    THSの欠点をホンダが突いた状況です。

    (aa_kk_bb_toさんへ)

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ アコードハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 2.0 EX
    2.0 EX
    2,680,000円(東京)
  2. 2位
    2.0 LX
    1,299,000円(埼玉)
  3. 3位
    2.0 EX
    1,290,000円(埼玉)
  4. 4位
    2.0 LX
    1,278,000円(愛知)
  5. 5位
    2.0 LX
    1,328,000円(愛知)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)