現在位置: carview! > カタログ > フィアット > フィアット500 (ハッチバック) > レビュー・評価一覧 > ダウンサイジングエンジンの極み? 1.2Lポ...

フィアット フィアット500 (ハッチバック) 「ダウンサイジングエンジンの極み? 1.2Lポップの試乗から後日、ツインエアポップも試乗出来ましたのでレビューします。  見れば見るほど外装の面の構成が」のレビュー

ニックネーム非公開さん

フィアット フィアット500 (ハッチバック)

グレード:ツインエア ポップ(AT) 2010年式

乗車形式:試乗

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

ダウンサイジングエンジンの極み? 1.2Lポップの試乗から後日、ツインエアポップも試乗出来ましたのでレビューします。  見れば見るほど外装の面の構成が

2011.10.7

総評
ダウンサイジングエンジンの極み?
1.2Lポップの試乗から後日、ツインエアポップも試乗出来ましたのでレビューします。
 見れば見るほど外装の面の構成が絶妙だと思います。ボディーカラーも次から次へと飽きさせないカラフルなバリエーション展開。女性はもちろん、男性でもこれ!っていうカラーが見つかりそうです。ボディーカラーと合わせたインパネ等の内装も乗る人のワクワク感を煽りますよね。ホイールもタダモノではありません。しっかりチンクとしてデザインされてます。
 さてツインエアのエンジンですがクルマ好きなら全然、不快に思わない振動と音。逆にこのくらいのエンジンの存在感は好ましく感じると思いました。もともと小柄なボディーに1.2Lでも充分走ってくれたのですから0.9Lでもターボのおかげでトルクフルでした。
 サービスマンの方が推奨した通り、シングルクラッチセミオートマである5速ディアロジックのトランスミッションをマニュアルモードで変速してみましたが、シフトレバーの形状が非常に扱い易かったです。変速タイミングでアクセルを緩め、シフトアップすれば全然、変速ショックは感じませんでした。非常にスムーズに変速してくれました。ちなみにツインクラッチのクルマの場合(MITO等)はシフトアップの際、アクセルを緩めると却ってエンジンブレーキが効いてしまうのかギクシャクします。マニュアルモードでも普通のトルクコンバーター式オートマチックのように踏みっ放しのほうがスムーズに変速してくれると思います。
満足している点
○ツインエアではエンジンの存在感がしっかりある。そのため少し男性向きかも・・・しかしチンク全体で考えれば予算と仕様の好みでどれを選んでもチンクの楽しさを味わえると思います。
○内外装の各パーツは意外としっかりしています(失礼)。ドア、インパネ内のスイッチ類、シフトレバー、サイドミラー、結構、上質な感じです。前席は充分な広さで快適でした。
○なによりも愛らしい、魅力的なクルマの存在感。
不満な点
※実は以前はアイドリングストップ推進派だったのですが、いざ、自分でその仕様を乗ってみると毎日、1日に数回、怖い思いをしました。右折、踏切、路地から広小路への侵入等・・・。1日に数回ってのはかなりの危険度だと思います。乗る環境にもよるのでしょうが、1ヶ月の経験後、自分はエンジンをかけるとすぐにアイドリングストップ機能をキャンセルするようになりました。
・・・もちろんアイドリングストップの機能自体は非常に良い出来です。有効活用出来る方はどんどん使ってもらえれば良いと思います。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット フィアット500 (ハッチバック) レビュー・評価一覧

マイカー登録
フィアット フィアット500 (ハッチバック) 新型・現行モデル