現在位置: carview! > カタログ > フィアット > 500 (ハッチバック) > ユーザーレビュー・評価一覧 > 試乗せずに買おうとしてる人向けのレビュー

フィアット 500 (ハッチバック) 「試乗せずに買おうとしてる人向けのレビュー」のユーザーレビュー

もるへい もるへいさん

フィアット 500 (ハッチバック)

グレード:500Sプラス_RHD(MT_0.9) 2017年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
4
乗り心地
3
燃費
4
デザイン
5
積載性
2
価格
5

試乗せずに買おうとしてる人向けのレビュー

2017.7.30

総評
普通に良いクルマが欲しい人にはオススメしません。設計が古いだけにライバルに対して洗練度は劣ります。
スイスポの見た目が大丈夫な人はスイスポ買うべき。
見た目にぞっこんで、ダメなところも大きな心で許せる人か、金にモノを言わせて自分好みに直せる人、または良くできた完成品には何も感じなくなったヘンタイ、もとい玄人向け。
長い目で見たらアバルト買えそうな気がします(笑)アバルト買っても車高調やらなんやら金は掛かるけど。
色々不満はあるけれど、デビューから10年経っても変わらぬ見た目の素晴しさと、2気筒エンジンの個性がガッチリハートを掴んで離しません。

満足している点
・見た目!!(⬅フォントは大きめ)
・トルクバンドに入ったときのエンジンの音!
・燃費
・ディーラーマンの対応
・不満な所はアフターパーツでなんとかなる
・レカロじゃないと腰痛になる私でも腰痛にならなかったノーマルシート。(結局レカロに替えたけど。)
・国産ハイブリッドカーより全然安いのに高く見られる。
・この先10年経っても変わらないだろうと思える見た目の素晴しさ。
不満な点
・アクセルペダルの踏み込みはじめの1/3くらいはレスポンスが悪い。
・上記のせいでヒール&トゥしても回転数が上がらない。スプリントブースターなどのスロコンで改善可。エンジントルクダンパーや強化エンジンマウントは効果大。
・ペダルが近くてハンドルが遠いイタリアンポジション
➡️ディープコーンのステアリングに換えてもシフトレバーが遠いので悩む。ローポジのシートに替えるとさらにひどくなるので結局シートは高めで落ち着く。
・内装の質感はプラスチッキー。3年も経つとツメの類いはポキポキ折れる。
・シートリフターとサイドブレーキが近いのでサイドターンのときに間違えた。
・コーナリング中のギャップのイナシが下手。横に揺さぶられる。
・国産軽スポーツには速さで勝てる気がしない。が女子ウケでは負けないハズ!
・上半分合皮のシートは蒸れる。座面のジャージ素材はちょっと滑る。
・エコインデックスなるものがメーター内にあるけど、結構な割合で動いてない。不具合ではなく気まぐれなんだと解釈している。
・黒い天井は閉塞感があって子供に不評。白いのに替えようか悩み中。
デザイン

5

マフラーカッターと下膨れなリアバンパー以外全部好き。
でも総じてタイムレスで何年経っても古くならないと思えます。
走行性能

4

低回転のトルク感は無い。かといってエンストしたりノッキングする訳ではなく、しっかり粘る感じ。電制スロットルの味付けなのかも。普通の感覚でトルクのある回転数を使っていると、シフトインジケータがシフトアップを催促してくる。言われるがままにシフトアップしていくと、ガクガク言いながら苦しそうに走るので最初はちょっと心配になる。
3気筒以上のクルマから乗り換えると回し過ぎてしまうけど、巡航時は1500rpm以下を使ってパタパタ走るのが2気筒の正しい乗り方っぽい。
4000rpm以上回しているときはなんの不満もない。➡サブコン付けると2000rpm以上がOK範囲になった。
シフトフィールはイマイチ。グニャ感と渋さが混ざってる感有り。
国産軽スポーツとは違ってギア比が高めなので余裕を感じる。
左ウインカーレバーなのでMTだと地味に忙しい。
乗り心地

3

街乗りでは硬くもなく柔らかくもなく。
峠ではポヨンポヨンして攻めきれない。
トルクバンドに入った時のマフラーの音が大きめ。(車内だけかも)
エンジンの振動が心地良いのか子供がすぐ寝る。

積載性

2

旧スイフトを見た後だと意外とトランク広い印象。
リアシートはCR-Zより足元広いんでは??
燃費

4

エコラン8割、峠2割、アイドリングストップOFFでリッター16kmほど。
気兼ねなく走れて大満足です。
ついつい回してしまうけど平均燃費を見て凹むことがないので精神衛生的にも癒し系(^^)
価格

5

全然安いと思う。
故障経験
満4年時点では無し

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット 500 (ハッチバック) 新型・現行モデル