フィアット フィアット500 (ハッチバック) 「クセのある車、万人受けはしない」のユーザーレビュー

モン@NA8 モン@NA8さん

フィアット フィアット500 (ハッチバック)

グレード:ツインエア ポップ 2012年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

クセのある車、万人受けはしない

2017.6.26

総評
車税、燃費、出力ともに非常に良い。
峠とかを走るとトルクが強くて楽しくなる。
消耗品の交換時期を把握し、定期的にメンテナンスしないと不機嫌になる。不機嫌になるのは交換時期のお知らせだと思えばいいんだけど、車に詳しくないと気づかなくてスルーする。
壊れるまで走ってしまうか、不満を抱えながら走ることになる。マニュアルモードで意のままに操るのは非常に気分がいいが、ATモードだと変速ショックが気になる。
マダムの買い物カーには成れない感じで乗り手を選ぶクセのある車だと思う。
満足している点
この車をチョイスしたのは通勤車として外せない項目があったため。
・税金が安い
・高速道路を気分よく走る100馬力以上
・雪道対応の機能がある(LSDなど)
・仕事であいのりする場合があるので4人乗り

当時はこの条件をクリアするのは、この車だけだった。
特に100馬力を超える排気量1.0リットル未満の車は国産車には無かった。
今でこそスイフトRStやバレーノがあるけれども、当時は唯一無二の存在。
500は86馬力だがサブコンつけるだけで115馬力まで狙えることがわかっていた。
ノーマルでもターボの効果が高く、86馬力とは思えない加速をするし、高速もそれなりだったが、やっぱり100馬力仕様にチューンすると快適。
それでいて普通車では税金が一番安いし、燃費も16km/Lくらい走るし性能は文句なし。
現在93,000キロ走行したが全く壊れない頑丈さも良い。
そして消耗品がやたらと安い。外車ってパーツが高いイメージがあるけれども、家の他の車と比べても半額くらいで済む場合もある。また、消耗品がヘタると音が出たり、ぎくしゃくしたりして部品の交換時期がわかりやすい。足回りの整備性はとても良い。
鉄板が厚いのか、ちょっとしたことでは凹まない。
エンジンはコンパクトエコカーとは思えないほど回る。ベタ踏みすると、あっという間にレブリミットに当たる。
普段使いには最高の足車だと思う。
不満な点
雪道で片輪が滑ると片輪ブレーキして動力を伝える機能があり、ランプもつくが効果が薄くてすぐハマる。エンジンルームの整備性があまり良くない、工夫もなくボルトでたくさん固定してある。
2ペダルMTのデュアロジックだが、オートマモードはおまけ程度。
マニュアルモードは快適だが、オートマモードは変速タイミングがちょっと頭悪い感じ。加速感との変速タイミングのずれで、変速ショックを感じやすい。オートマモードは非常にクセがあって、万人受けしない感じ。マニュアルモードも結構面倒臭くなるので、できればパドルシフトをオプションでつけたほうがいい。
Twinairエンジンは2気筒なので、プラグの管理を怠るとスタート&ストップで失火してストールする。交差点で焦ったことが数回。プラグは3万キロごとに交換するか、プラグギャップ調整をちゃんとやらないと2気筒なもんだから、1発失火したらすぐストールすることになる、ちょっと手間。5万キロくらいでショックがヘタリだして、7万キロ乗った時点でスッカスカになった。耐久性としては国産と変わらないが、スッカスカでピョコピョコ跳ねるようになるので、嫌でもショック交換したくなる。わかりやすくていいんだけど、ちょっとリアが跳ねすぎ。危ない。
純正ドリンクホルダーは日本の缶に合わないのか、ゆるゆるでカーブでコーヒーが倒れてこぼれる感じ。
リアブレーキドラムの塗装が最悪で1年も走れば赤錆だらけになる。新車時に黒を重ね塗りしておくべき。
国産車のCVTや電子制御5ATなんかを想像していて、車に詳しくなく、毎日距離を乗り、ディーラー任せの人にはおすすめしない。
デザイン

-

走行性能

-

ノーマル86馬力でも時速160キロくらいまでは加速感が落ちない。クローズドコースで最高速度に挑戦してみたら184キロ出た。
動力性能は文句なし。
クネクネした道でも俊敏に姿勢が変わり、ターボの高トルクで一気に立ち上がる感じは運転していてとても楽しい。
乗り心地

-

リアのショックは新車でもヘナヘナする感じを受ける、ちょっとやわらかい。
フロントはしっとりしている。
ATモードの変速ショックはひどい。スペースの関係でツインクラッチにできなかったという話をネットで見かけた。
MTモードで乗れば気にならない。
運転席だけシート高さ調整ができるので、ホールド感など不満がある場合は調整できて良い。
積載性

-

リアの外観が丸みを帯びたデザインなので、ラゲッジルームの上側が狭い。
スーツケースを縦に積むとバックドアが閉まらない。最悪ではないが、よくもない。狭いことは確か。リアシートを前に倒してフルフラットにならないので積載性は期待しないでください。
燃費

-

3600キロ連続計測してみた結果、車内の燃費計は15.7km/Lでした。
400キロ計測で夏場だと18km/Lを記録することもあり十分な燃費だと思います。
価格

-

故障経験
93,000キロ無故障
消耗品交換のみ

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット フィアット500 (ハッチバック) 新型・現行モデル