フィアット 500 (ハッチバック) 「代車でGO【FIAT500 1.2POP】」のユーザーレビュー

Five00 Five00さん

フィアット 500 (ハッチバック)

グレード:1.2POP 2017年式

乗車形式:その他

評価

2

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

代車でGO【FIAT500 1.2POP】

2017.6.18

総評
2016年モデルの自分の500Sと比較すると、車のロードノイズなどの遮音性がかなり上がっているように感じられた。どうもタイヤの違いだけではないような気がする。

新車コンディションの代車なので、ディーラーに悪いから1200km走行くらいまでは、慣らし運転のつもりで運転した。徐々に回していったところ、エンジンの回転フィーリングが軽くなってきたように感じられる。

修理完了は今月(2017年6月)末になりそうなのであと10日間くらいはいろいろ試しながら楽しめそうだ。
満足している点
500シリーズの愛くるしい外観デザインが、2017モデルで更に向上したと思う。



不満な点
(被)追突事故の代車(借りだし時のオドメーター約650kmのド新車)なので、あれこれ言っても仕方が無いことで、ありがたく借りていれば良いのだが、いろいろカスタマイズした自分の500S(MT)と比較してしまうと、個人の感想としては、エンジンにも、ミッションにも、機械を積極的に操作する(操作が要求される)味わいという意味での魅力が感じられない。

特に、何の変哲も無いベーシックな8バルブ4気筒エンジンは、個人的にパワー不足(=69PS)を感じる以外、振動も騒音もなく、良くも悪しくも万人向けだと思う。もちろん、高回転時の吹け上がりなどは期待しない(関心が無い)人により向いている。

日頃MTのツインエアに乗っている身としては、このPOPのエンジンのフィーリングは、ツインエアのような味わいがないのがさみしく感じられる。ツインエアは、パラレルツインのバイクと同様、ツインエンジン特有の中速域のパルシブ感、2000rpm付近でトルクが乗ってきたときの盛り上がり感があって表情豊かだ。POPはひたすら地味に回るだけという感じ…。

ミッションは、シングルクラッチのAMTで、乗ってみたらこれが大変なクセ者。特にAUTOモード時のシフトアップ時のギクシャクが笑ってしまうくらい顕著。首が前後に揺れてしまう。シフトアップ前に、グイーンと減速(失速)して、モコッとアップシフトする様は、冗談ではなく、免許取り立ての人が運転する車かと思ってしまう。これを一日中運転したら、首の調子がヘンになりそうだ。

この不満点を避けるために、直ぐに思いついたのはマニュアルモードで乗ること。

AUTOモードは極力避けて、マニュアルモードでシフトした方が小気味よい。しかしこの場合でもアップシフト時には軽くアクセルを戻してからチョンとシフトレバーを引いてやらないと、やはり首カックンになる…。とはいえ、やってみるとこのアクセル戻しがむしろ車を積極的に操作している感じになって面倒な感じがしないから不思議だ。

反面シフトダウンは期待以上に上手で、なにも気を使わず、ゲームのようにクイックにシフトダウンが決まる。これは気持ちいい。なぜシフトアップだけあんなにヘタなのか理解に苦しむ┐(´д`)┌

ただし!調子に乗りすぎて、1速に落としてもオーバーレブしない程度の速度から、うっかりチョイチョイと1速に落とす操作をしてしまうと、律儀に1速まで落としてくれるのだが、クラッチがつながるときにビックリするぐらい盛大にガックンと減速し(ジャックナイフするかと思うくらい?)クビが前のめりになるので気をつけた方が良い。これは後続車からの追突を誘発する危険性もあるだろうし!


インテリアは、速度計と回転計とが同軸で振れるアナログメータがどうも読みにくいが、それより問題なのは、ステアリングコラムとステアリングの上部がホワイトなので、太陽高度が高い時は、ここに反射してメータ中心部のデジタル表示部がほとんど見えないことだ。この部分だけは反射光を抑えるためにマットブラックにでもするべきだったろう。
デザイン

-

走行性能

-

パワー感は無い。積極的に高回転まできっちり回してやれば必要十分なダッシュを見せそうだが、もう少し距離を乗ってからでないと、エンジンに良くないと思うので遠慮しておく。

ちょっと試した限りでは、トップ5速の高速道路巡航で、100〜120km/h以上で前車の普通乗用車の普通の加速に付いていくためには、4速にシフトダウンしたくなる。

500Sよりも良い点は、4気筒のAMTのため極低速でのエンジンのギクシャクが無いこと。疲れているときなどはありがたいのではないか。
乗り心地

-

直進安定性は500S(ノーマル時)と同様、重量車的な安定感があり、長距離も苦にしないと思う。500Sと違ってシート座面の上下調整がきかないが、こういうところはやはりベースグレードを感じてしまう。
積載性

-

当然だが、トランク等は500Sと全く同じ。

しかしなぜか助手席下には500Sと比べてかなり大きな空間が空いていたので、スニーカーの2~3足は押し込めそうな感じ。(この空間はなんで??)
燃費

-

AUTOモードではecoモードを選択できるが、マニュアルモードではecoモードを選択できない。

程々に走れば、高速+一般道半々(ただし渋滞無しで)18〜20km/ℓ位は行きそうだ。(金曜日に給油してから走行約250kmで18.7km/h前後をマーク中)
価格

-

故障経験
ほぼ新車につき、なし。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット 500 (ハッチバック) 新型・現行モデル