現在位置: carview! > カタログ > フィアット > 500(チンクエチェント) > レビュー・評価一覧 > 小さくても大きな躍動を与えてくれるクルマ 先...

フィアット 500(チンクエチェント) 「小さくても大きな躍動を与えてくれるクルマ 先週1.4LのPOPを試乗しました。 1.2Lと比べて1.4Lの方が格別によかったです。 エンジンが快活だっ」のレビュー

ニックネーム非公開さん

フィアット 500(チンクエチェント)

グレード:1.4 16V ポップ 2008年式

乗車形式:試乗

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

小さくても大きな躍動を与えてくれるクルマ 先週1.4LのPOPを試乗しました。 1.2Lと比べて1.4Lの方が格別によかったです。 エンジンが快活だっ

2008.5.24

総評
小さくても大きな躍動を与えてくれるクルマ
先週1.4LのPOPを試乗しました。
1.2Lと比べて1.4Lの方が格別によかったです。
エンジンが快活だったです。驚いたのはセミオートマというべき2ペダル(デュアロジック)が、1.4Lの方が圧倒的にスムーズになっていた点です。スポーツモードにより、加速の良さ、変速時の不快なショック、低速時のギクシャク感がほとんどなく、トルコン式のAT並の違和感のなさでクルマを走らせられるようにできました。
現行のパンダをベースにしているのにもかかわらず、特別仕様のパンダ100HPの最高出力を持っていることから1.2Lのモデルと比べてみて大幅にパワーが違います。エンジン性能が十分過ぎるほどの仕上がりです。
500がコンパクトなクルマといっても1.4Lなら乗車人数が増えてもへこたれることなく走ります。低速で頼り甲斐のあるトルクを発揮してくれるし、そのまま加速していくと、レスポンスも良好です。3速までは一気に入ります。これで高速道路への進入などはかなり楽になります。
エンジン音は1.2と比べると多少大きいですが、室内騒音も耳障りではないレベルに抑えられています。
多くの雑誌に良し悪しがいろいろ書かれてますがそれは1.2のこと、加速時のパワーあふれる走りはぜひ体験してもらいたいです!
まるでエンジンが生きているかのように軽々としたコンパクトな500を引っ張ってくれます。
満足している点
完成度の高さ☆
小さなフィアット車ながら、絶対のクオリティがかなり高い点は注目すべきです!
不満な点
POPは500の中でも低グレードということを考えれば悪いところは気になりません。
ただ、完成度の高さいって故障が心配です。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット 500(チンクエチェント) レビュー・評価一覧

マイカー登録
フィアット 500(チンクエチェント) 新型・現行モデル