現在位置: carview! > カタログ > フィアット > 500(チンクエチェント) > レビュー・評価一覧 > 古いようであたらしい 発表会に日に試乗してき...

フィアット 500(チンクエチェント) 「古いようであたらしい 発表会に日に試乗してきましたので、その感想を・・・ エクステリアはとにかくかわいらしい。古さを感じつつもぐっと大きくなったボディ」のレビュー

ニックネーム非公開さん

フィアット 500(チンクエチェント)

グレード:1.2 8V ラウンジ 2008年式

乗車形式:試乗

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

古いようであたらしい 発表会に日に試乗してきましたので、その感想を・・・ エクステリアはとにかくかわいらしい。古さを感じつつもぐっと大きくなったボディ

2008.3.18

総評
古いようであたらしい
発表会に日に試乗してきましたので、その感想を・・・
エクステリアはとにかくかわいらしい。古さを感じつつもぐっと大きくなったボディは今のながれか・・。
しかし、リアウィンドウのワイパーは残念ながら合わないと思う。・・というか無い方がいい。
タイヤも思いのほか太いタイヤを履いている(185/55/R15)ので安定感はバッチリ。
インテリアはさすがにイタリアを感じさせる。洗練されたデザインはすばらしい。
ステアリングは白の皮まきでしっとり感があり適度にやわらかく手になじむが、汚れが気になるところ。シートも思いのほか造りはいい。しかし、後席はタイト。二人乗りと割り切った方がいいかも。
12Vのエンジンはパンダと同じ。町乗りならこれで十分。
ESPも標準で安心感があるが、試乗したクルマははずれなのか、エラーが頻発し、ATが2速から上に入らなかった。
通常はATで使用すると思うが、マニュアルでもシフトチェンジができるが、できればパドルシフトも付けてほしい。
メーターはお世辞にも見やすいとはいえない。デザイン重視のためか、速度が確認しづらいのが難点。
今後のラインナップにキャンバストップがあるとなお良いだろう。
満足している点
・エクステリア、インテリアのデザイン。
・シート。
・ステアリング
・充実の装備  ETC・・・
不満な点
・マニュアルモード付のシーケンシャルATはデュアロジックと呼ばれているが、クリープ現象がないので、若干の違和感を感じる。坂道ではブレーキを踏まないと、後ろに下がってしまう。
(ヒルホールドシステムがついているが、分からなかった)慣れればなんてことはないかも。
・MINI ONEとほとんど同額なので、それをどうみるか。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フィアット 500(チンクエチェント) レビュー・評価一覧

マイカー登録
フィアット 500(チンクエチェント) 新型・現行モデル