現在位置: > > > > > 4ATの実力 最近はCVTの時代ですが、...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『4ATの実力 最近はCVTの時代ですが、なかなか4ATも侮れません。タントは2008年に購入して3年6ヶ月ノントラブルです。手動ミラー・スライドドアで』の口コミ

  • 4ATの実力 最近はCVTの時代ですが、なかなか4ATも侮れません。タントは2008年に購入して3年6ヶ月ノントラブルです。手動ミラー・スライドドアで

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2012年5月25日

    投稿者:-

    乗車形式:愛車

    メーカー・モデル:ダイハツ タント
    グレード:660 L(AT) (2007年式)

    総評
    4ATの実力
    最近はCVTの時代ですが、なかなか4ATも侮れません。タントは2008年に購入して3年6ヶ月ノントラブルです。手動ミラー・スライドドアですが困ることはありません。主に通勤30キロ、年2~3回の400キロ~500キロの旅行です。以前はL602のムーヴSR-XX4ATでした。買い換えの理由は10年を超えて交換部品の経費が掛かるようになったことと軽の旧規格で幅が狭くコーナーでロールが大きく安全性が低く感じてきたことです。2003年当時出始め一代目タントも試乗しました。室内の広さにびっくりしましたが試乗してカーブを曲がろうとしてハンドルを切るとまるで振り子電車のようなクルットロールが出てびっくりしました。現在のタントはム-ヴが急なトラブルで費用がかかるのでもうこれまでと思いその日のうちにタントを契約しました。
    満足している点
    長所は約35,000キロ走っての平均燃費は18.2km/Lです。(これは10モードと同じです)走り方は国道速度は70キロ、高速道路速度は90キロ、(もちろん状況に依ります)加速は4速に入ると(40キロ超)スピ-ドに乗ってきます。満タンで500キロから600キロは平気です。燃費の良さは◎です。市内中心の燃費は16km/L、遠出で高速や郊外の国道では20km/L、満タン方でずっと記録しています。、同じエネオススタンドで入れています。高燃費は1~3速までは強くアクセルを踏み込んでも加速は変わらないので40キロ過ぎた所でアクセルを少し戻して4速に入れたら加速しましょう。信号が変わった直後の停車中はエンジンを切りましょう。最新型のCVT燃費には敵わないですが4ATで頑張っています。
    不満な点
    運転席のポジションが左によっています。右のスペースが広いと錯覚して車線の左寄りを走る傾向がありますギリギリの狭い道では左ミラーをこすりやすいです。購入当時はブレーキの遊びは少ないですが、3か月、6カ月すると遊びが増えてきますので効きが悪くなったようになり注意が必要です。助手席は運転席より床が高くシート幅も少し狭く、背もたれもリクライニングすると段差がありあまり快適ではありませんが、家内が小柄なので何も言いませんしかし、長距離や横になりたい時は後部席に移ってくつろいでいます。助手席のドアは上と下に2か所ロックがついていますが購入当時弱く締めていると1か所しかロック出来ていなくて外からドアノブを引いても開かなくなることがありました。その時は室内側のノブを引くと開けることができました。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)