『ダイハツ・ソニカ』 ダイハツ ソニカ のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > ソニカ > みんなの質問 > ダイハツ・ソニカ

『ダイハツ・ソニカ』:ダイハツ ソニカ

解決済みダイハツ・ソニカ

ダイハツ・ソニカソニカは「爽快ツアラー」をコンセプトとして2006年に発売されましたが、販売不振でわずか2年10カ月で生産終了になってしまいました。

一体なぜ販売不振だったのでしょうか?自分的には軽自動車としては上質な室内空間でかつ、走行安定性も高い。また、ターボエンジン搭載車としては当時のNAエンジン搭載車と比較しても燃費がよかったはずです。また、価格もターボ車としてはそれほど割高でもありませんでしたし、車としては良くできていたと思います。もっと評価されても良かった車だったのではなかったのではないかと思います。

また、2年10カ月はダイハツ軽自動車としては最も短いライフサイクルだったそうですが、期間限定生産車を除いてこれよりも短命で生産終了となった車はありますか?

補足
また、ソニカの購入者はインプレッサSTIやランエボなどの高性能車からの乗り換えが多かったと聞きます。 絶対的な性能はかないませんが、やはり軽の枠組みでここまでやれたからこそ車好きに評価されたのだと思います。 それだけに短命に終わったのは残念です。

ベストアンサーに選ばれた回答

個人的には、中途半端だったと思います。
例えば、もっと全高を低くしてMTを設定して、コペンのクローズドボディー版を狙うとか。
MTがあっただけでも、状況は変わったかもしれませんね。

ソニカと対極にあるのがエッセですが、軽い低いMT有と言うだけで、地味に車好きの中で受けていましたし。

あと、軽自動車のオーナって、基本2台目、3台目が多いんですよね。
そうなると、ソニカの選択肢は、消える人が多いと思います。

回答一覧

4件中 1~4件
  • 不思議なんですよ。なぜ販売不振に陥ったのか?爽快ツアラーを謳うだけあり、軽にしてはロングドライブしても疲れない、当時のセルシオのシートをダウンサイジングしたシートはクッション性が高い。ターボの過給で64psを発揮しますが、実燃費も15km/L程。ユーミンの旦那さんであるモータージャーナリストとでもある松任谷正隆氏も軽自動車イッキ乗りの企画で、ホンダゼスト、スズキセルボ、三菱i(アイ)を乗り比べ、あらゆる面で他車より逸脱したクルマと高い評価でした。確かに価格は通常の軽自動車と比べると20万程高い、グレードが3種類しかない、セカンドカーとしての街乗りにはハイスペックすぎる、不幸にも時代がタントのような車高があり、実用性、ユーザビリティのあるクルマのニーズの方が高い、などでしょうか。もし割り切ってブーンのようなコンパクトカーとは対局的な1000ccでロングドライブ向きの「爽快ツアラー」でしたら、高い安全性が可能であり、パーソナルカーとして、もしかしたら支持を得たかもしれません。

  • ソニカRSリミテットに乗っています。

    動力性能、燃費、インテリア、装備等どれをとっても軽としては申し分ありません(エクステリアだけは・・・)。
    特に高速道路での走りは軽とは思えないくらいの安定感があります。
    この車が売れなかったのは若者の車離れと一緒で、「安くて実用性のある車」が求められる時代には合わなかったのだと思います。
    営業の方もソニカよりも利益率の高いムーヴやタントをひたすら勧めてましたし・・・。

    もしソニカが90年代に出ていたらかなり売れていたと思います。
    あと上戸彩を起用したCMもまずかったです、あれではソニカのよさが伝わりません。
    でも、トヨタもスポーツカーを排除し若者の車離れを招いた過去の反省から86を出したし、ダイハツも走りを重視したソニカの後継車を出してくれるかもしれません。

    短命な車は日産のリベルタ、スバルカサブランカ、トヨタキャバリエなんかが思いつきました。

  • 確かにターボにしては、燃費が良かったと思います。
    ですが、先代車種ともいえるMAX同様に中途半端な車種だったからです。
    人気がなければ、どこのメーカーでも生産終了しますよ。
    機械品とかは、そういう運命です。

  • ハイトワゴンが全盛なのでどうしようもありません。

    その軽高級セダンの系列は、スバルR1&R2を皮切りに、スズキはセルボを復活させ、ダイハツはMAX後継でソニカを出しました。どれもこれもヒットせず轟沈してます。クルマのデキの良さは決して販売台数と直結しません。

    軽自動車を買う人は基本的に保守的で可処分所得が低い・・・つまり貧乏人が多いのです。このためどうしてもクルマ本来の性能よりも、室内空間の広さとか販売台数とかシェアばかり見てしまい、その路線から外れた車種は買わないのです。だから「軽No.1!」ってどのメーカーも言いたくって仕方なく、スズキとダイハツが血みどろの戦いをしているのです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。