現在位置: > > > > > 車体に飛び石をもらい二ヶ所ほど直径二ミリ程度の...

『車体に飛び石をもらい二ヶ所ほど直径二ミリ程度の...』:ダイハツ ソニカ

解決済み車体に飛び石をもらい二ヶ所ほど直径二ミリ程度の塗装が欠損箇所があり若干サビが出始めました。板金塗装に出すほどのレベルではありません。

車体に飛び石をもらい二ヶ所ほど直径二ミリ程度の塗装が欠損箇所があり若干サビが出始めました。板金塗装に出すほどのレベルではありません。自分でできる簡単なサビ広がり防止方法を伝授お願いします。
車種はダイハツソニカ色は黒です。

ベストアンサーに選ばれた回答

マッキーで塗るのオススメです♪僕は板金屋ですけど、自分の車はそういう風にしてました。笑)厳密に言うと錆の修理は、サビを完全に取り去るように修理しないといけません。但し、現状飛び石程度ならばそれが最善の方法かと思われます。マッキーおすすめです。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • どうも

    錆びをきっちり落とさなくば後で錆びが浮き上がり、錆びによるトラブルとなります
    今から8年位昔に質問者サンと同様に他は大丈夫なのにピンポイントの様に錆びが出てしまい自分で直しました
    水研ぎは完全に水や錆びを防ぐ自信がなかったので決して水研ぎせずひたすら目の細かいペーパーを掛け錆びを徹底的に落としました
    勿論周囲を削りますが必要最小限かつ下地に錆びが無い状態までにしゴミ・錆粉・脱脂の為パーツクリーナーをしっかり吹きつけ新品のウェスで拭取りを何度も行いタッチアップを施し対処しました
    その際セオリーとは違う、しかし私なりに良いと考える工程をひとつふたつ加えました
    約8年経ちますが下から盛り上がる気配はなく成功だったと考えます

  • 私ならダ○ソーでも売っていますがリューターという道具で錆を落として
    タッチペンで済ませます。
    ペーパーだとピンポイントで錆を落とす技術がないので。

  • 一番簡単な方法は油性マジックを塗れば良いです。

  • 錆の程度が、まだ大したことないレベルなら、エンジンルームかリアドアの根本(Bピラー下部)にカラートリム(名刺サイズの大きさでエンジン形式や車のフレームナンバーなどを記載している、シルバーないしは黒のプレート)があるので、これを見て色番号を(恐らくColor NO.と書かれている欄があると思います)確認して(ダイハツやトヨタは大抵アルファベットと数字を組み合わせた3文字です)、ホームセンターやカー用品店でタッチペンを購入して上から色を乗せるだけで良いと思います。

    もし色番号がわからなければ、ダイハツの『X07』とかでいいと思います。
    トヨタのbB(ダイハツ名・クー)などに使われているダイハツの現行色の黒です。

  • 錆をペーパーやすりで軽く落としてから

    タッチペンで補修してください

    そのまま塗ってもいいんですが

    気がつかないうちに中で広がっちゃうこともあるんで

    一応 落としてからのほうが安心です

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

pitte

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ブランドの美点が凝縮されたSUV Audi Q2

東京モーターショー2019carview!特集

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし!

ネットで選ぶワンランク上のあんしん中古車

マイカー登録はこちら

みんカラサーキットチャレンジ♯7 意外と手軽な富士の楽しみ方

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ダイハツ ソニカアクセスランキング
  1. 1位 660 RS
    660 RS
    120,000円(千葉)
  2. 2位
    660 RS
    50,000円(愛知)
  3. 3位
    660 RS リミテッド
    190,000円(愛知)
  4. 4位
    660 RS リミテッド
    499,000円(兵庫)
  5. 5位
    660 RS
    499,000円(兵庫)

※2019年10月20日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)