『軽自動車のトー調整でステアリングのセンターがずれてしま...』 ダイハツ ソニカ のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > ソニカ > みんなの質問 > 軽自動車のトー調整でステアリングのセンターが...

『軽自動車のトー調整でステアリングのセンターが...』:ダイハツ ソニカ

解決済み軽自動車のトー調整でステアリングのセンターがずれてしまいました。 ダイハツのソニカにトラストのPSコンパクトという車高調を取り付けました。 フロントが、かなりトーアウト状態になったので、左右均等にタイロッド

軽自動車のトー調整でステアリングのセンターがずれてしまいました。
ダイハツのソニカにトラストのPSコンパクトという車高調を取り付けました。
フロントが、かなりトーアウト状態になったので、左右均等にタイロッドを回して、
アライメントゲージF5を使い、弱トーインにしたのですが、
ステアリングのセンターが微妙に右側にずれてしまいました。
こういった場合、均等に回したトー調整を崩して調整するのか?
ステアリングを外して調整するのか?
どちらが良いのでしょう?

ベストアンサーに選ばれた回答

それがの条件によって話せば、かじ取引棒は調節するでしょう?
前輪連結棒が調節するべきほうが簡単でも、それは話です。
どれほどハンドルは調節の前に中心になりました投げる人と反った材木の変更は正しく、残されます場合、同じ、前輪連結棒は調節します。
少し、右が外に震動されれば、中心が接近されるでしょう。
トータルトーは今変わりませんが、操縦する位置は調節することができます。
それが舵取りを削除しても、微妙な調節は行なうことができません。
中心に固定して、ハンドルを再調整してください。
それは、さらに白いペンを備えたかじ取引棒のアジャスティングスクリュー部分に付いており回転します、常に刻みつけて同じ角度。
さて、それは実際に問題になる等級ではないかもしれません。
ハンドルが削除され、位置が変更されれば、一方の側の部分角度は変わるでしょう。
自己は前輪連結棒で調節されます。
正しく、残された同じ角度では、それは同じ方角に回転します、そして、最後に、調子、素晴らしく。
頭は混乱するかもしれませんが、私は大気を備えたハンドルを後ろに削除することではなく問題を思いません。
それは実行の問題かもしれません。
舵取りの外側のすは絶対に役立ちません。
それは前輪の初期の偏摩耗と関係があります。
それ以来、理論への賛成があります?
アッカー人リンクの。

回答一覧

7件中 1~7件
  • ステアリングを外しても、微妙な調整はできません。

  • 右を少しアウトに振ればセンターに近づきます。

  • 調整前にハンドルがセンターになっていて、キャスター、キャンバーの変化が左右同じなら、、、、
    の条件で話をすると、ステアリングロッドで調整するです。
    ステアリング外すは絶対にダメ。前輪の早期偏摩耗につながります。アッカーマンリンクの理論?に反しますので。

    ステアリングロッドの調整ねじ部に白ペンでもつけて、罫書き、同じ角度回す。
    右側ロッドを短く、左側ロッド長くするで、トーイン狂わずセンターが出るかと。

  • タイロッドで調整します。
    ハンドルを外して位置を変えると、左右の切れ角が変わってしまいますよ。
    まあ、実用上、問題になる程度ではないでしょうけど。

  • タイロッドで調整した方が楽だと思いますよ。

    例えば、右は伸ばす方に90度回す。左は縮める方に90度回す。
    これでトータルトーは変わらないけど、ステアリング位置は調整できます。

  • ハンドルをセンターに固定して再調整してください。

  • 自身はタイロッドで調整します。左右同じ角度で同じ方向に回していって最終的に微調整します。頭が混乱することがありますが(笑)エアバック付きのハンドルを外すより面倒とは思いません。慣れの問題かもしれませんが。。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。