『車のバッテリーのことで、いくつか質問がありますm(_ ...』 ダイハツ ミラココア のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > ミラココア > みんなの質問 > 車のバッテリーのことで、いくつか質問がありま...

『車のバッテリーのことで、いくつか質問がありま...』:ダイハツ ミラココア

解決済み車のバッテリーのことで、いくつか質問がありますm(_ _)m ダイハツのミラココア(アイドリングストップ車)に乗ってるのですが、この車のバッテリーのことで、ディーラーとバッテリーを販売し

車のバッテリーのことで、いくつか質問がありますm(_ _)m

ダイハツのミラココア(アイドリングストップ車)に乗ってるのですが、この車のバッテリーのことで、ディーラーとバッテリーを販売したスタンドで意見が割れちゃってます(>_<)

今年の1月に、ディーラーの営業時間外(21時頃)にバッテリーの交換が必要な状態になってしまい(JAFさんの提携先の人が診断)、知り合いのスタンド勤務の整備士の資格を持つ人に相談して、系列店でその時間に交換してもらえそうな店舗を聞いて、スタンドで交換してもらいました。

以下は、そのバッテリー詳細です。


ENEOS VICTORY FORCE
IDLING STOP IS
VFI-M-42 (補償書に記載)
55B20L (バッテリー本体天面に記載)


以下は、このバッテリーに積み替えてから、ディーラー受けた点検結果の推移です。


2017/08/01
<劣化診断モード>
テスト結果:良好
バッテリー規格:JIS
形式:M-42
CCA測定値:436CCA
バッテリー電圧:13.154V
温度:32℃
テスト方式:充電制御/アイドリングストップ
充電量(SOC):100%
健全性(SOH):83%


2017/11/11
<劣化診断モード>
テスト結果:良好
バッテリー規格:JIS
形式:44B20
CCA測定値:329CCA
バッテリー電圧:13.294V
温度:17℃
テスト方式:標準
充電量(SOC):100%
健全性(SOH):100%


で、この11月11日に、ディーラーの整備士さんから、こんな話をされました。

ざっくり言うと、『アイドリングストップではない方では、この結果だけど、アイドリングストップの方だと80%ぐらいで、交換が近いかもしれないと頭の片隅に置いておいて』という内容です。

明らかにメーカー補償の期間内かつ距離内なので、『メーカー補償で交換してもらえるかもしてないし、買ったとこに相談してみたら?』ってことで、昨日行ってきました。

そこでは、こんな結果をもらいました。


2017/11/14 18時過ぎ
バッテリー判定結果:良好
<設定>
形式:55B19
温度設定:5℃以下
<測定結果>
バッテリー電圧:13.19V
バッテリー状態:■■■■■■
お客様のバッテリーは良好でした。


店員さん曰わく、『新品と同じぐらいの良さです』だそうです。


そう言われて、ディーラーの営業時間内だったので、『どっちを信じたらいいのですか?』と電話をしてみたら、11日に点検してくれた人は不在だそうで、今日、連絡をくれることになっています。


現時点で、私の中にいくつか疑問があります。

まず、『なぜ、毎回違う形式で測定する?』という疑問です。

バッテリーの形式は、Panasonicのサイトにわかりやすい説明を見つけて、違いをみてみました。

https://panasonic.jp/car/battery/teach/te02.html

バッテリーの補償書の形式と8月の結果の形式は同じなんでしょう。
けど、11月の結果の形式って、バッテリー本体天面の形式とも違って、何を根拠に印字されているのかすら不明です。

購入したスタンドすら、バッテリー本体天面の形式と違う形式を設定して、測定してるようです。


この形式の違いからも、『形式が違ってると、結果も違っちゃうの?』という疑問があります。
スタンドで測定してもらったとき、10分ぐらい待たされてて、『都合のいい設定にした??』とすら感じています。


そこで、この形式の違いが、結果にも影響するのかどうか、影響するなら、この一連の結果はどう見るべきなのかを聞かせてくださいm(_ _)m

補足
今、知り合いのスタンド勤務の整備士さんにも連絡してみたものの、タンクローリーの方に異動になったままだそうで、中立だろうJAFさんに聞いてみることにしました。 実際にバッテリーの現物も見れ、両者の結果報告も見せられるので、それも踏まえて意見を聞こうと思ってます。

ベストアンサーに選ばれた回答

>形式が違ってると、結果も違っちゃうの?
その通りですね
バッテリーテスターはバッテリーサイズで
負荷テスト値を変えるので
50サイズを40で計測すれば10の差が出ます
その結果として良否判定が覆ります

普通にバッテリー電圧を比べれば良いと思います
測定者の選択ミスでしょう

回答一覧

4件中 1~4件
  • 計測してる温度も違うし、これでは条件が違いすぎて比較になりません。


    当然スタンドとディーラーでは計測機械もちがうでしょうし、ましてスタンドの販売してるバッテリーの信用度も不明です。

  • バッテリー計測器の情報がないとなんとも言えないと思います。

    https://www.monotaro.com/s/q-%83o%83b%83e%83%8A%81%5B%83e%83X%83%5E%81%5B/

    ↑これみて解かる通り、バッテリーテスター(バッテリーチェッカー)などの商品が無数にあり、診断方法も無数にあります。

  • そんな物は その時の充電状態で変わって来ますよ 診断機の癖や誤差も有るから
    80%で寿命に近い等と言う人間が1番信用出来ないでしょうね

  • 確かに不可解ですね
    まずディーラーの診断結果が正しいとして、スタンドでは無くバッテリーメーカーの問合せ窓口なりに文章で回答を求めてみては?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。