『ダイハツのキャストとウェィクの存在意義はなんだったので...』 ダイハツ キャスト のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > ダイハツ > キャスト > みんなの質問 > ダイハツのキャストとウェィクの存在意義はなん...

『ダイハツのキャストとウェィクの存在意義はなん...』:ダイハツ キャスト

解決済みダイハツのキャストとウェィクの存在意義はなんだったのですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スズキのハスラーが大ヒットしましたが。

ダイハツのキャストとウェィクの存在意義はなんだったのですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スズキのハスラーが大ヒットしましたが。ウェイクが出たときはハスラーに対抗しいダイハツもSUVを出すとなりましたが。
ですがこれじゃない感で惨敗しましたが。
キャストが出たとき。こんどはハスラーと直接SUV対決かと思ったら。
ですがこれもこれじゃない感で大惨敗しましたが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それで今度はまんまんハスラー似のタフトでSUV対決することになったみたいですが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タフトが出てしまったらウェイクとキャストの存在意義てなんだったのですか。

と質問したら。
タフトはハスラーのパクリではない。
ネイキッドの後継車だ。
ハスラーがネイキッドのパクリだ。
という回答がありそうですが。

ウェイクやキャストなんか出さずになぜ最初からタフトを出さなかったのですか。
という質問なのですが。

それはそれとして。
ハスラーに対抗してウェィクやキャストを出しましたが。
ウェィクやキャストの存在意義てなんだったのですか。
なぜ最初からタフトを出してハスラーに対抗しなかったのですか。

ベストアンサーに選ばれた回答

ウェイクに関しては同感ですが
キャストはスタイルがミラジーノ、スポーツがソニカ、アクティバがテリオスキッドと、三車種の後継という役割があって、どれも中途半端で売れなかったのだと思っています。
今度は人気のあるSUVテイスト一本に絞ってタフトを出したのでは無いでしょうか?

回答一覧

4件中 1~4件
  • ウェイクはどうみても対NBOX用に男性顔のタントを開発したんだと思いますが。

    エンジンなど基礎能力の差で敗北しています。

    考え方は悪くなかったかと


    キャストはなんだか都会的なんですよね

    SUVのイメージを人気車種で構築しているスズキとの差でしょう

    タフトさんは、ターボがいいみたいですね。そーいうのは嫌いじゃないです。

    ダイハツの苦手なエンジン性能を底上げできますしよろしいかと。

    四角いですがどうなんでしょうか?内装のSUVとサンルーフは話題性もあってよろしいかと。

    もっとも積載能力などは犠牲になっているようです。

    実用的とみせかけて、実はユーリティはシティ派。面白い組み合わせです。

    HITするのかどうか見ものですね

    あとは価格でしょう。

    ターボ前提ですから安めがいいですな。

    これ高いとタントでいいじゃんってなりますので

  • 対抗、対抗ってそもそもスズキの新型開発ダイハツがつかんでダイハツも開発 ??それは単なるたまたまなだけ。ウエイクはCMがおかしなあんちゃん登場だし、ハイゼットキャディ貨物車にしたり迷走してますよ。タフトはハスラー発売 納車は半年先みたいな人気は出ないと予想します。

  • ウェイクは、タントの2匹目のドジョウを、狙ったのですが、失敗しました。

    キャストは、もっとミニに近づけないと、売れませんね。
    BMWにお金を払って、まるぱくすれば良いのに(笑)

    ミニクロスオーバー風なら、売れたのでは?

    タフトは見た目はジムニー、中身はハスラーですね。
    ハスラーの成功は、女性にそのデザインが、うけたからでタフトでは、ウェイク同様失敗するでしょうね(笑)

    軽自動車唯一のガラスルーフですから、個人的には是非成功して欲しいですね。

    後付けのサンルーフは、高いし天井は選ぶし、選択肢が(笑)

  • ウェイクはハスラーよりも前に発売しています。
    なのでハスラー対抗として発売された車種ではないと思いますが。

    ウェイクがダメだったのは、
    ○背が高いので不安定
    ○自分で洗車する時が大変
    ○ターボが無いグレードは燃費が悪い場合がある

    キャストは3タイプにしたのと、ハスラーの二番煎じと揶揄されたから。
    ○ジーノに代わる車種
    ○SUVテイストの車種
    ○スポーツ系の車種
    これらを1つのボディでやったから、それぞれが中途半端だと捉えられてしまった。
    しかしそういう方々は試乗もせずに叩くんですよね。
    ハスラーを運転した際には、少しの段差でも上下の揺れが収まらなくてダメだと感じたが。

    『ウェイクやキャストなんか出さずになぜ最初からタフトを出さなかったのですか。』

    それはダイハツのその時々の車種ラインナップが関係しているかと思いますね。
    かつての本家ムーヴは四角。
    後に女性ユーザーを取り込むのに丸みのあるラテを発売したし、本家ムーヴが丸みを帯びたら次は四角いコンテを発売したし。
    キャンバスは可愛い系で、ミライース派生車種のトコットは地味系として発売したし。
    まあウェイクに限っては東モに出展したデカデカが好評だったので、タントより背の高い車種が売れると思って出したのだと思いますが。

    キャストで失敗したから専用ボディのSUVとしてタフトを開発・発売する訳でしょ?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。