現在位置: > > > > 新型モデルのカタログ情報

シトロエン XMブレーク 新型モデルのカタログ情報ページ

シトロエン XMブレーク 新型モデルのカタログ画像

新サスペンションを採用したシトロエンの上級車

ベルトーネによるウエッジシェイプドデザインはアッパーミドルセグメントにおいては際立って異端的だ。シトロエン=個性的なクルマという認識は、フランスVIP御用達のこのクルマでも十二分に当てはまるだろう。メカニズム的には、ハイドロニューマチックに電子制御を加えたハイドラクティブサスペンションを採用したのがニュースだった。これは、センサーがステアリングの舵角や速度、車速、スロットル開度、ブレーキ圧などの情報を感知し、コンピュータが解析することで、車両状態に応じて意図的にハイドロのサスペンションレートを変えるもの。マニュアルモードも付いている。日本に導入されたパワーユニットは3LのV6のみ。モデルライフ途中の1996年にはプジョーと共同開発した新世代ユニットへと変更されている。またこの際、ハイドラクティブサスも第2世代へと進化した。その非凡なスタイリングと秀逸な乗り心地、そして広大な室内とラゲージルームが魅力のXM。ワゴンモデルのブレークも選べた。(1992.12)

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

軽・コンパクトカーランキング

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

東京オートサロン2019特集

話題の日本ライティングさんに潜入しました!

シトロエン XMブレーク 1998年11月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 2.9(AT)
比較 比較表に追加
税込価格 新車価格 530.0 (税抜)万円
基本情報 発売年月 1998年11月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 E-Y4XFW
トランスミッション 4AT
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4965×1795×1465mm
室内長×室内幅×室内高 1890×1480×1220mm
ホイールベース 2850mm
最低地上高 150mm
車両重量 1660kg
乗車定員 5名
シート列数 2列
ドア数 5枚
グレード 2.9(AT)
エンジン 種類 V型6気筒DOHC
エンジン形式 -
過給器 なし
総排気量 2946cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 80L
性能 燃費 -
最高出力 190ps(-kw)/5500rpm
最大トルク 27.7kg・m(−N・m)/4400rpm
パワーウェイトレシオ 8.736842kg/ps
最小回転半径 5.8m
動力伝達・走行装置 タイヤ 205/65R15
ブレーキシステム(前) Vディスク式
ブレーキシステム(後) ディスク式
サスペンション(前) ストラット式
サスペンション(後) -
グレード
比較 比較表に追加
税込価格 新車価格
基本情報 発売年月
駆動方式
車両形式
トランスミッション
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高
室内長×室内幅×室内高
ホイールベース
最低地上高
車両重量
乗車定員
シート列数
ドア数
グレード
エンジン 種類
エンジン形式
過給器
総排気量
使用燃料
燃料タンク容量
性能 燃費
最高出力
最大トルク
パワーウェイトレシオ
最小回転半径
動力伝達・走行装置 タイヤ
ブレーキシステム(前)
ブレーキシステム(後)
サスペンション(前)
サスペンション(後)
グレード
比較 比較表に追加
税込価格 新車価格
基本情報 発売年月
駆動方式
車両形式
トランスミッション
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高
室内長×室内幅×室内高
ホイールベース
最低地上高
車両重量
乗車定員
シート列数
ドア数
グレード
エンジン 種類
エンジン形式
過給器
総排気量
使用燃料
燃料タンク容量
性能 燃費
最高出力
最大トルク
パワーウェイトレシオ
最小回転半径
動力伝達・走行装置 タイヤ
ブレーキシステム(前)
ブレーキシステム(後)
サスペンション(前)
サスペンション(後)

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー