現在位置: > > > ZX

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

マイカー登録はこちら

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    -
  • カタログ燃費
    - km/L

シトロエン ZXの概要

乗り心地と操縦安定性に優れたシトロエンらしい一台

ロングホイールベースのシトロエン、という定理はコンパクトモデルにおいても同様だ。AXとBXの間を埋めるモデルとして1991年に登場し、後のプジョー306とコンポーネンツを共有するZXもまた、全長4m強にもかかわらず2540mmという長いホイールベースをもつ。広い室内、快適な乗り心地を生み出すシトロエンのポリシーであった。デビュー当初は5ドアモデルのみで、これはシトロエンとベルトーネによる合同デザインであった。BXよりも重い車重はシトロエンの弱点であったボディ剛性を格段に高めた結果だ。後に3ドアクーペとワゴンのブレークが加わっている。パワーユニットも当初の1.4L、1.6L、1.9Lの3本立てから徐々にバリエーションを増やし、1.8Lや2Lモデルなどが設定された。特に1992年に登場した3ドアクーペ16Vは2Lの直4DOHC16バルブユニットを搭載。155psのパワーを5速マニュアルで引っ張ると最高速度は220km/hに達するという。日本へは1992年から導入され、様々な排気量の3ドアクーペ、5ドアハッチバック、ワゴンが流通した。(1992.5)

シトロエン ZX 1997年1月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード クラブ(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 229.0万円(税抜)
基本情報 発売年月 1997年1月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 E-N2LF
トランスミッション 4AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4085×1690×1405mm
車両重量 1100kg
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) 175/65R14
タイヤ(後輪) 175/65R14
エンジン 過給器 なし
総排気量 1761cc
使用燃料 ハイオク
燃料タンク容量 56L
性能 燃費(10.15モード) 10.4km/L
燃費(JC08モード) -
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 100(-)/6000
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 15.6(−)/3000
最小回転半径 5.4m

シトロエン ZX 口コミ

4.0
  • 良い車でした。
    投稿日: 2018年12月2日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: シトロエン ZX

    グレード: クーペ(右H/MT) 1992年式 乗車形式: マイカー

    当時としてもとても珍しい車だったので、「いい車に乗ってますね!」と言われたのを覚えています。200万円を切る価格(196万円)で、VWゴルフの一番下のグレードと競合したのですが、あちらはパワーウィンドウすら無かったのでこちらにしました。 7万キロ強乗ったところで、ハイドロに興味が沸きエグザンティアに乗り換えました。 今思うとシンプルで実用的でとてもいい車だったと思っています。

    続きを見る
  • 生涯最高のコストパフォーマンス中古車でした
    投稿日: 2013年2月5日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: シトロエン ZX

    グレード: 不明 1996年式 乗車形式: マイカー

    生涯最高のコストパフォーマンス中古車でした

    続きを見る
  • 初めて購入した車なんで、思い入れが凄くあります。 あの乗り味は、また乗りたくなります。 決して、万人受けはしないけど、スピードにのると相当早い
    投稿日: 2012年9月11日 総合評価: 3.0

    メーカー・モデル: シトロエン ZX

    グレード: SUPER_LHD(AT_1.9) 1992年式 乗車形式: マイカー

    初めて購入した車なんで、思い入れが凄くあります。 あの乗り味は、また乗りたくなります。 決して、万人受けはしないけど、スピードにのると相当早い車でした。 また、機会があれば乗りたいです。

    続きを見る
  • 人生初の車がこのZXでした。父がシトロエンを乗り継いでいたこともありメーカーに対しては知っていましたが、個人的にはパンダがいいななんて考えていましたが
    投稿日: 2012年4月4日 総合評価: 4.5

    メーカー・モデル: シトロエン ZX

    グレード: CLUB 18.i 1992年式 乗車形式: マイカー

    人生初の車がこのZXでした。父がシトロエンを乗り継いでいたこともありメーカーに対しては知っていましたが、個人的にはパンダがいいななんて考えていましたが、いざ探してみると予算的な問題とデザイン性を考慮してく内に段々とZXの方に。  このZXという車両、本当に良く出来ています。 ミッションがATということもあり出だしはゆっくりですが、走り始めればドライバーが直感的に運転できる車だと思います。  ハンドルの切り方のダイレクト感、ブレーキの感覚など、現代車に比べれば少し重めですが、ドライバーの思ったとおりに車が反応するという表現がぴったりだと思います。 街中でもキビキビ走りますし、坂道もお手の物。高速道路はすいすい走ります。走行車線でのんびりゆったりでも良いし、追い越しで速度を出しても安定しています。 なによりも、バネの仕上げとシートの出来が本当に良いので短距離・長距離も楽です。 例えば、街中のゴツゴツした路面もバネとシートで上手く抑えてくれます。かなりハイドロに近い感覚といった方が良いかもしれません。  かといって急ハンドルやレーンの変更の時にふにゃふにゃするかと言えば、答えはNOです。バネが車体を上手くコントロールしてロールを抑えてくれます。 ZXはラリーの経験をかなりフィードバックした車両だと思います。他車を運転してからZXに乗ると、あ~楽だななんて思っちゃいます。 これほど完成された車はなかなかないと思います。 お金と時間があればもう一度所有したいと思います。

    続きを見る

シトロエン ZXの口コミ・評価をもっと見る(34件)

シトロエン ZX みんなの質問

シトロエン ZXのみんなの質問をもっと見る(6件)

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー