『シトロエン C5エアクロスSUV のセカンダリ―ダンパ...』 シトロエン C5エアクロスSUV のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > シトロエン > C5エアクロスSUV > みんなの質問 > シトロエン C5エアクロスSUV のセカンダ...

『シトロエン C5エアクロスSUV のセカンダ...』:シトロエン C5エアクロスSUV

解決済みシトロエン C5エアクロスSUV のセカンダリ―ダンパーとはどんな構造のものですか?

シトロエン C5エアクロスSUV のセカンダリ―ダンパーとはどんな構造のものですか?他の車種には付けられてないものですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

https://youtu.be/t56QNe2TGT8

シトロエン 公式の説明ビデオです。

プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)は、サスペンションが沈み込むにつれて、内蔵した第二のダンパーが作動し、ダンパーの作動オイルが通る流路が小さく(少なく)なり、減衰力が増すものです。サスペンションが伸びる側でも、同様に減衰力が増します。
この機能によって、サスペンションのストロークが小さい範囲では減衰力を弱く設定しておき、乗り心地の向上に役立てているのだと思われます。スプリングレートも小さいのでしょう。

乗り心地の向上を目指したPHCですが、意外とダブルレーンチェンジテストの成績が良いです。
https://youtu.be/rRh5BzzIuOQ

シトロエンでは、マイナーチェンジ後のC4カクタス(日本未発売)、C5エアクロスと、今月に公開される新型C4で採用されています。

類似のダンパーは、ルノーも採用しているそうです。ただしルノーは、サスペンションがフルストロークするくらいの領域でのみ、バンプストッパーの代わりに機能するようです。ルノーのハイドローリック・コンプレッション・コントロール(HCC)は、メガーヌRS(4輪)、ルーテシアRS(前輪)に採用されているとか。
https://youtu.be/UMYuH_buZCg

ビデオから見る印象は、ルノーは縮み側だけみたいですね。

回答一覧

2件中 1~2件
  • 昨年のTV神奈川の自動車番組で紹介されてましたが、絶賛でしたね。
    動作機構などの紹介は無かったですね。

  • プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)
    油圧で制御していた、ハイドロを現代に甦らせた、新世代のハイドロですが、油圧は使わずに、セカンダリーダンパーを内蔵し、小さなショックから大きな入力のショックまで、キレイにいなし、快適な乗り心地を提供するシステムです。
    ダンパーの中にもうひとつ、ダンパーを備えてるそんな感じです。
    ルノーのレース車に搭載されてますが、市販車ではあったかな?
    ちなみにシトロエンでは、現地のシトロエンC4カクタスの新型に採用されてますが、輸入はされておりません。
    現行、正規ディーラーでの発売されてるのは、C5エアクロスだけですね。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。