現在位置: carview! > カタログ > シボレー > カマロ > レビュー・評価一覧 > (非自家用車)米国仕事中の通勤車 でっかいクーペ

シボレー カマロ 「(非自家用車)米国仕事中の通勤車 でっかいクーペ」のレビュー

MeinSchatz MeinSchatzさん

シボレー カマロ

グレード:スポーツクーペ_LHD(AT_5.0) 1986年式

乗車形式:その他

評価

5

走行性能
5
乗り心地
5
燃費
3
デザイン
5
積載性
1
価格
-

(非自家用車)米国仕事中の通勤車 でっかいクーペ

2021.6.14

総評
1985年前後、米国法人との協業のため、二年間ほど、ロスに滞在中の体験。

相手企業社長が、カマロクーペを、
貸してくれたので、ホテルから通勤していた。

写真 左が、カマロ。スポーツカーそのもの。

写真 右が、レンタルトラック。

トラックに、機材を積載し、ロスを午前3時に出発。

砂漠を横断し、ラスベガスの
ヒルトンホテル会場に、午前8時に到着。

真っ暗闇の砂漠を、ひたすら、
ラスベガスに向けて、五時間走行する。

やがて、夜が明けて、到着し、すぐ、
展示会機材を、自分たちで、設置し、
デモできるように稼働して、オープニングを待つ。

並行して、会場の傍のヒルトンホテル内に、
新製品発表の部屋をレンタルしておく。

会期中に顧客を招待し、カクテル招待し、
新製品の機材を特別にデモして見せる。

会社訪問しデモして回れない広大なアメリカ本土。

だから、展示会で、招待し、デモし、
その場で契約するシステム。

新製品が無事に設置でき、
会場で稼働するまで、気が抜けない。

中には、せっかく新製品を開発したのに、
展示会が始まっても、まだ稼働せず、
致命的にデビューできずに、即失敗!

何を意味するか?

ベンチャーキャピタルからの投資された
資金を生かせず、夫妻となってしまう。

沢山のベンチャー企業が、消滅していく。

展示会初日には、熾烈なアメリカ市場での
競争の成否が、すぐ、噂となる!

展示会期間終了後、機材撤収し、
同じトラックに積載し、ロスに向けて帰る。

往路は夜中だったから、五時間かかった。
帰路は、交通渋滞で、もっと、長旅となる。

勿論、国際免許証で運転できるサイズの
トラックをレンタルする。

映画で出てくるような、垂直長い煙突のある、
どでかいトラックは、運転できない。。。。
満足している点
カマロ:<左>

 米国ロス滞在中、スポーツカーで通勤。

レンタトラック:<右>

 毎年、ラスベガスの展示会に、機材を運んだ。

見渡す限りの砂漠の道路上の運転は退屈である。

こんなこともあった。
途中、通り雨が、ざっと来た。

降雨中局部的に集中的に降り続ける雨水が、
道路上(砂漠も含めて)波状に広がって
サーっと流れて行く様子は、
奇妙な感じだった。

相手企業の社長と、交代で、真っ暗な砂漠を、
ひたすら、前進し続けるのみ、眠気との勝負!

米国で仕事するなら、車の運転力が最低条件。
不満な点
スポーツカー運転中、寝そべっている感じ!

これは不満ではないが、慣れるまでに、時間がかかった。
デザイン

5

カマロ:

広大な土地の米国に似合う、格好良さがある。

エンジン音もしびれる!
走行性能

5

カマロ:

どでかいから、安定している。

米国ならほとんど直線道路を走るから、こうした大型でも、扱いやすい。

ただし、速度が出るので、パトカーに注目され易いので、要注意。
乗り心地

5

米国人は、気にしない。
積載性

1

カマロ:

積載する目的の車にあらず。
燃費

3

カマロ:

気にしないで乗る車。
価格

-

故障経験
カマロ:

短期間、通勤用で借りた間、故障なし。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

シボレー カマロ レビュー・評価一覧

マイカー登録
シボレー カマロ 新型・現行モデル