現在位置: carview! > カタログ > シボレー > カマロ クーペ > レビュー・評価一覧 > 乗るたびにワクワクできる車

シボレー カマロ クーペ 「乗るたびにワクワクできる車」のレビュー

SUZKI SUZKIさん

シボレー カマロ クーペ

グレード:ホットウィール スペシャル エディション_LHD(AT_3.6) 2013年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

乗るたびにワクワクできる車

2015.9.11

総評
外観に一目惚れし、コンパクトカーから乗り換えました。大きな車も、左ハンドルも初体験です。
その巨体は狭い日本道路では運転し辛いと思いきや、よっぽどの細い道でなければほとんど問題ありません。(ただ、鼻が長いので右折する際の距離感が掴みづらいのが難点ではありますが…)
最初はそれこそ運転中ビビりまくりのおっかなびっくり運転でしたが、身体が自然と馴染んでくれます。
日本でも十分運転できる車だと思います。

その強面の見た目と加速の良さから、乗ってる最中も降りて車を見た時もワクワクする車で、そういう車に出会えてよかったと心から思っています。
乗ってみたい!と思った方は、思い切って乗ってしまうことを是非オススメします。
満足している点
何と言ってもその外観の存在感は圧倒的。どこへ行っても目立ちます。日本車では絶対に出し得ない雰囲気でしょう。夜間キーレスで鍵を開けるとヘッドライトが自動点灯しますが、お出迎えしてくれているようでカワイイです。また、ヘッドアップディスプレイに速度が表示されるため、スピード調整に非常に役立ちます。(逆にこれがないとスピードメーターが小さく目盛りも細かいため速度把握がとてもし辛いです…)
あとなぜかリモートエンジンスタートが標準装備です。
不満な点
皆さんご指摘の通り、視界の悪さは想像以上です。右リアはほぼ見えません。右車線への車線変更、合流は今でも緊張します。右後ろを確認するため、リアガラスの方まで振り返っている状態です。
サンバイザーが細すぎてほとんど遮光できません。サングラスは必須でしょう。西日がキツイ中の走行は非常に危険です。
内装は正直200万クラスの日本車にも劣ります。カマロは外見がカッコよすぎるので許せちゃいますが。
ディスプレイオーディオ車ではCDは聞けません…
デザイン

-

走行性能

-

以前1.5Lのコンパクトカーに乗っていたため、下位グレードの3.6Lでもグイッと引っ張られるような加速感には驚きました。アクセルを踏み込む分だけ素直に加速してくれるので、軽自動車等にありがちな「一定速度から全然スピードが上がらない!」といったストレスとは無縁になれるでしょう。加速感は爽快で気持ちがいいですが、気をつけないとあっという間に速度オーバーになります。
相反してブレーキは若干弱い印象です。ふんわり、やんわり効く感じで、急にスピードを落としたい時は結構な力で踏み込む必要があります。
AT車にはタップシフトが付いていますが、操作しづらいためあまり使っていません。手が大きい方なら使いやすいのかな?
乗り心地

-

シートの座りごごちはすっぽり身体を包み込んでくれるようで、気持ちがいいです。一応四人乗りですが、リアシートはとても窮屈。体格の大きい人は膝が支えます。前の席の背もたれを倒して乗り込むので乗り降りも大変です。長距離走行だと前の座席の2人は疲れにくいと思いますが、リアシートの2人は疲れてしまいそうです。
積載性

-

燃費

-

カマロに乗っていて燃費を気にする時点でアレかとは思いますが、車体が重くて高排気量ですので燃費は悪いです。大体街乗りで6〜8km/Lくらいでしょうか?ただし3.6Lグレードのものだとレギュラーガソリンですので、まだお財布に優しいです。乗り始めた当初は以前乗っていたコンパクトカーより燃料タンクは2倍も大きいのに、それ以上の勢いで減っていくガソリンメーターに驚いたものです。今は「ホント大食いだなあ!」と給油するたび可愛く思えています(笑
価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

シボレー カマロ クーペ レビュー・評価一覧

マイカー登録
シボレー カマロ クーペ 新型・現行モデル