シボレー カマロ クーペ 2013年1月モデルの新車情報・カタログ

シボレー カマロ クーペ 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

228.0 万円 548.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

435.0 万円 599.0 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 377
  • 総合評価 4.0
  • ユーザーレビュー (詳細) 123
  • みんなの質問 (詳細) 8
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,840×1,915×1,380mm 燃料消費率 -
乗車定員 4名 排気量 3,562〜6,153cc

概要

■2013年1月
GMジャパンはデザインなどに改良を加えたシボレー・カマロの2013年モデルを2013年1月4日から発売した。

変更点は、新デザインのアルミホイールを採用したほか、V型8気筒エンジンを搭載するSS RSはリヤのコンビネーションランプのデザインも変更した。

インテリアはオーディオに変更があり、AM/FMラジオのほかUSB/AUX/Bluetooth(電話)に対応する7インチ・タッチスクリーン・カラーディスプレイが採用された。

また機能面では、SS RSに電子制御パワーステアリングが採用されている。

同年1月11日に行われた東京オートサロンで現代アメリカ風にカスタマイズした「ジオバンナエディション」を発表し、2013年3月末日までの期間限定で発売した。

■2013年3月
GMジャパンはデザインなどに改良を加えたシボレー・カマロの2013年モデルを2013年1月4日から発売した。

変更点は、新デザインのアルミホイールを採用したほか、V型8気筒エンジンを搭載するSS RSはリヤのコンビネーションランプのデザインも変更した。

インテリアはオーディオに変更があり、AM/FMラジオのほかUSB/AUX/Bluetooth(電話)に対応する7インチ・タッチスクリーン・カラーディスプレイが採用された。

また機能面では、SS RSに電子制御パワーステアリングが採用されている。

同年1月11日に行われた東京オートサロンで現代アメリカ風にカスタマイズした「ジオバンナエディション」を発表し、2013年3月末日までの期間限定で発売した。

同年3月には玩具メーカーのマテル社のミニカーブランドである「Hot Wheels(ホットウィール)」とコラボレーションして、専用デカールなどの特別装備を施した「ホットウィール スペシャル エディション」を10台限定で発売した。

■2014年1月
GMジャパンは、シボレー・カマロの外観にモータースポーツ活動からフィードバックされた変更を加えるなどの改良を実施し、2014年1月11日に発売した。

今回の改良は現行の5代目カマロとして初の本格的な改良で、エクステリアを一新し、より広く、低く、進化したデザインになっている。

具体的には、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするため、フロントバンパー下のフェイシアの開口部を大きく広くデザイン変更した。

また、前後のライトを変更したほか、フロントは両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置した。同時にアッパーグリルのデザインも小型化している。SS RSではボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加し、高速走行時のフロントのリフトを減らして走りの安定性を向上させた。

リア回りも一新され、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状になっている。


■2014年8月
GMジャパンは、シボレー・カマロの外観にモータースポーツ活動からフィードバックされた変更を加えるなどの改良を実施し、2014年1月11日に発売した。

今回の改良は現行の5代目カマロとして初の本格的な改良で、エクステリアを一新し、より広く、低く、進化したデザインになっている。

具体的には、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするため、フロントバンパー下のフェイシアの開口部を大きく広くデザイン変更した。

また、前後のライトを変更したほか、フロントは両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置した。同時にアッパーグリルのデザインも小型化している。SS RSではボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加し、高速走行時のフロントのリフトを減らして走りの安定性を向上させた。

リア回りも一新され、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状になっている。

同年8月30日には「クーペ LT RS」をベースに、インテリアにはブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートを、エクステリアにはシルバーのラリーストライプを採用した特別仕様車「スポーティ ブルー」を10台限定で発売した。

■2014年11月
GMジャパンは、シボレー・カマロの外観にモータースポーツ活動からフィードバックされた変更を加えるなどの改良を実施し、2014年1月11日に発売した。

今回の改良は現行の5代目カマロとして初の本格的な改良で、エクステリアを一新し、より広く、低く、進化したデザインになっている。

具体的には、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするため、フロントバンパー下のフェイシアの開口部を大きく広くデザイン変更した。

また、前後のライトを変更したほか、フロントは両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置した。同時にアッパーグリルのデザインも小型化している。SS RSではボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加し、高速走行時のフロントのリフトを減らして走りの安定性を向上させた。

リア回りも一新され、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状になっている。

同年8月30日には「クーペ LT RS」をベースに、インテリアにはブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートを、エクステリアにはシルバーのラリーストライプを採用した特別仕様車「スポーティ ブルー」を10台限定で発売した。

同年11月11日にはヤナセグループが2015年5月25日に迎える創立100周年を記念する「創立100周年記念限定車」となる限定10台の「カマロ クーペ LT RS 100th Anniversary Edition」を発売した。


■2015年1月
GMジャパンは、シボレー・カマロの外観にモータースポーツ活動からフィードバックされた変更を加えるなどの改良を実施し、2014年1月11日に発売した。

今回の改良は現行の5代目カマロとして初の本格的な改良で、エクステリアを一新し、より広く、低く、進化したデザインになっている。

具体的には、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするため、フロントバンパー下のフェイシアの開口部を大きく広くデザイン変更した。

また、前後のライトを変更したほか、フロントは両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置した。同時にアッパーグリルのデザインも小型化している。SS RSではボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加し、高速走行時のフロントのリフトを減らして走りの安定性を向上させた。

リア回りも一新され、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状になっている。

同年8月30日には「クーペ LT RS」をベースに、インテリアにはブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートを、エクステリアにはシルバーのラリーストライプを採用した特別仕様車「スポーティ ブルー」を10台限定で発売した。

同年11月11日にはヤナセグループが2015年5月25日に迎える創立100周年を記念する「創立100周年記念限定車」となる限定10台の「カマロ クーペ LT RS 100th Anniversary Edition」を発売した。

2015年1月4日には特別仕様車「スポーティ ブルー」を進化させ、ボディカラーにブルーベルベットメタリックを採用し、ブルーインテリアとのコンビネーションにより従来のスポーティ感に、より強いインパクトを与える特別仕様車「スポーティ ブルーII」を5台限定で発売した。

■2015年4月
GMジャパンは、シボレー・カマロの外観にモータースポーツ活動からフィードバックされた変更を加えるなどの改良を実施し、2014年1月11日に発売した。

今回の改良は現行の5代目カマロとして初の本格的な改良で、エクステリアを一新し、より広く、低く、進化したデザインになっている。

具体的には、エンジンの冷却性を上げ、空気抵抗を少なくするため、フロントバンパー下のフェイシアの開口部を大きく広くデザイン変更した。

また、前後のライトを変更したほか、フロントは両サイドに特徴的なプロジェクタータイプのフォグランプを配置した。同時にアッパーグリルのデザインも小型化している。SS RSではボンネット上に新しい形状のエアスクープを追加し、高速走行時のフロントのリフトを減らして走りの安定性を向上させた。

リア回りも一新され、より良いエアロダイナミックのバランスを実現させ、また、テールランプはLEDを組み込んだ新しい形状になっている。

同年8月30日には「クーペ LT RS」をベースに、インテリアにはブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートを、エクステリアにはシルバーのラリーストライプを採用した特別仕様車「スポーティ ブルー」を10台限定で発売した。

同年11月11日にはヤナセグループが2015年5月25日に迎える創立100周年を記念する「創立100周年記念限定車」となる限定10台の「カマロ クーペ LT RS 100th Anniversary Edition」を発売した。

2015年1月4日には特別仕様車「スポーティ ブルー」を進化させ、ボディカラーにブルーベルベットメタリックを採用し、ブルーインテリアとのコンビネーションにより従来のスポーティ感に、より強いインパクトを与える特別仕様車「スポーティ ブルーII」を5台限定で発売した。

同年4月7日には「シボレー・カマロ」の現行モデル(第5世代)の登場5周年を記念して、LT RSをベースに、5周年記念バッジ、アドレナリンレッドシートトリム/アクセントインテリア、ミディアムグレーメタリックペインテッド20インチアルミホイール、5周年記念専用ドアシルプレートなどを装備した特別仕様車「コメモレイティブエディション」を30台限定で発売した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る カマロ クーペ 2013年1月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 カマロ クーペ 2013年1月一部改良

所有者データ カマロ クーペ

  • 人気のカラー

    1. 46.6%
    2. 20.0%
    3. 13.3%
  • 人気の排気量

    6,200cc
    29.8%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      39.0%
    2. 近畿地方
      12.5%
    3. 信越・北陸地方
      10.9%
  • 男女比

    男性
    92.5%
    女性
    5.9%
    その他
    1.4%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング カマロ クーペ

中古車相場 カマロ クーペ

シボレー カマロ クーペ
平均価格 349.5万円
平均走行距離 54,641km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 カマロ クーペ

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/