現在位置: > > > > 1989年10月〜モデル

キャデラック セビル 1989年10月〜モデル
  • キャデラック セビル 1989年10月〜モデル
キャデラック セビル 1989年10月〜モデル
/
  • キャデラック セビル 1989年10月〜モデル
  • セビル 口コミ・評価
    -
  • セビル アクセスランキング
    1377
  • セビル カタログ燃費
    - km/L

キャデラック セビルの概要

ステータスとなったパーソナルセダン

キャデラックは長年フルサイズの高級セダン&パーソナルクーペを作るメーカーとして名を馳せたが、1970年代前半のオイルショック以降はそういった超大型車の需要が低迷した。その対策として企画されたのがインターミディエートサイズと呼ばれる小型のセダン&クーペであった。GMで言うところのEボディに属するセビル&エルドラドは1986(S61)年から横置きFF(前輪駆動)となり、ボディサイズを抑えながらも室内の広さだけは確保している。ただし、搭載されるエンジンは相変わらずV8OHVで、排気量は4.5Lであった。トランスミッションは4速オーバードライブ付きATのみ。1989(H1)年以降のモデルには可変フロントサスペンションが装備された。(1989.10 )

ステータスとなったパーソナルセダン

キャデラックは長年フルサイズの高級セダン&パーソナルクーペを作るメーカーとして名を馳せたが、1970年代前半のオイルショック以降はそういった超大型車の需要が低迷した。その対策として企画されたのがインターミディエートサイズと呼ばれる小型のセダン&クーペであった。GMで言うところのEボディに属するセビル&エルドラドは1986(S61)年から横置きFF(前輪駆動)となり、ボディサイズを抑えながらも室内の広さだけは確保している。ただし、搭載されるエンジンは相変わらずV8OHVで、排気量は4.5Lであった。トランスミッションは4速オーバードライブ付きATのみ。1989(H1)年以降のモデルには可変フロントサスペンションが装備された。(1989.10 )

オールシーズンタイヤ3選を試してみた

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

東京オートサロン2020特集

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

東京オートサロン2020特集コンパニオン

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

pitte

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

キャデラック セビル 1989年10月一部改良 グレード一覧

歴代 表の見方 表の見方
グレード 4.5(左ハンドル)(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 665.0万円(税抜)
基本情報 発売年月 1989年10月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 E-AKE4F
トランスミッション 4AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4845×1830×1370mm
車両重量 1590kg
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) P205/70R15
タイヤ(後輪) P205/70R15
エンジン 過給器 なし
総排気量 4467cc
使用燃料 レギュラー
燃料タンク容量 68L
性能 燃費(10.15モード) -
燃費(JC08モード) -
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 180(-)/4300
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 33.8(−)/3200
最小回転半径 6.2m

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー