現在位置: carview! > カタログ > BMW > X4 > レビュー・評価一覧 > 駆け抜ける高級車

BMW X4 「駆け抜ける高級車」のレビュー

青い血 青い血さん

BMW X4

グレード:M40i_RHD_4WD(AT_3.0) 2018年式

乗車形式:試乗

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

駆け抜ける高級車

2020.1.3

総評
ずっとスポーツカー志向で、SUVにはほとんど乗ったことがなかったけど、将来的に低い車高のクルマのシートが苦しくなったり、見切りの良さが必要になることも考えて、一度SUVも見ておこうと考えた。
本格的SUVではなく、乗降が楽な街乗り用ということで、クーペルックなこのクルマをチョイス。

う~ん、めっちゃ凄いクルマなんだけどなぁ。
個人的な五感の部分で、ちょっと引っ掛かりがあるのが残念だわ。
様々なところにすごく高級感を感じるし、装備や性能面では文句なしなんだけどね。
BMWは上級車種でも、走行面での「演出」は十分にデコレーションしてきたんですが、このクルマでは高級感が先に立って、まるでMBのように感じます。
機能面の良さが十分感じられるだけに、そこが残念だなぁ。

とは言えいいクルマであり、SUVもいいと思わせてくれたんで、将来的な候補にはなり得るんだけど、おそらく2リッターエンジンだとアンダーパワーじゃないかな。
直6であることは不可欠だろうね。


(同店舗で展示されていた7シリーズ…結構悪くないかも??)

満足している点
セダン系のBMWと変わらない重厚かつ安定した乗り味。
新型3シリーズの時に感じたような、高級かつファンなドライビングは、快適性と楽しさを兼ね備えていて、SUVでも十分満足できることが実感できた。
走行性能に加えて装備面でも高級感が上がって、所有する満足感は高いはず。
ずいぶんBMWはいいクルマを作るようになったなぁ。
不満な点
やはりデカ過ぎるかなぁ。
サイズ的に適当なX1やX2だとFFになるし、FRのミニマムSUVがX3とX4ってのは、私の生活環境ではちょっと考えもの。
また高級志向なのかエンジンの主張不足や、路面情報の伝達が不十分に感じるのは、個人的にはかなりマイナス。
あとエクステリアのデザインは、BMWの中でもちょっと丸っこい感じだけど、もっと最新のシャープなイメージの方が好み。

(X4 Mも同店舗に展示あり…エクステリアはあまり差別化されず?)
デザイン

-

走行性能

-

全高で愛車D4より25cm高く、これまでの愛車も含めて相当重心が高いはずなのに、コーナリングでロールを感じることは少ないな。
ハンドルやアクセル、ブレーキへの入力に対する反応はリニアであり、さらに少々のクイックなターンで挙動を乱すこともない。
SUVらしく見切りもそれほど悪くないため、取り回しは巨体の割には良好なのは嬉しいね。
悪路はこなしてないが路面の凹凸はほとんど感じず、安定感のある乗り味だと思う。

直6ターボエンジンは振動らしい振動はなく、アクセル踏めばスムーズに吹け上がるBMWらしいエンジンであり、低速から十分以上のパワーと大きなパワーで、巨体を軽々と引っ張ってくれる。
走行性能の面で愛車D4に劣る部分は、試乗レベルだとあまり感じなかったわ。
乗り心地

-

インテリアは最近のBMWのパターンだが、デジタルメーターは最新型に近いのに旧世代の円形デザインなのは意外。
安全装備やコネクティビティも満載で、一級品の商品力を備えてると思う。
一方でエンジンサウンドの侵入は微かで、ロードノイズの侵入はほとんどないため静粛性は十分すぎるけど、個人的には逆にもっとエンジンの主張があってもいいかな。
ちょっとこのへんはBMWらしくないかも知れない。
BMWのやや固めの足回りは、ほとんど揺れを伝えて来ずに快適であり、リアシートの空間確保も十分だが、路面情報の伝達までかなり遮断された気がするなぁ…。
一番気になった乗降性は、乗車時には少し上がる感じだが降車時は非常に楽なんで、これを将来の家内がどう感じるか。

積載性

-

奥行き十分だが浅い。
しかしF36より容量があるらしく、実用性にはまったく問題なし。
燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

BMW X4 レビュー・評価一覧

マイカー登録
BMW X4 新型・現行モデル