現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > X4 > みんなの質問(解決済み) > 外車(ドイツ車)と国産車の維持費の違いは……

BMW X4 のみんなの質問

解決済み
回答数:
5
5
閲覧数:
18,815
0

外車(ドイツ車)と国産車の維持費の違いは……

いつかメルセデス or BMWに乗ってみたいと思っています。
残念ながら家が裕福でも自分自身が収入の良い職業についているわけではないので、新車をポンと買えることはないと思います。
実際半ば諦めていたのですが、2004~2006年式の中古車なら、自分でも手が届く値段で販売されていることを知りました。
しかし、外車の維持費というのは燃費、オイル代、保険費用等よりも、車検時や、故障時のパーツの交換によって上がるというのを聞いたことがあります。
例えば国産の定番であるマークXとBMWの3シリーズ、メルセデスのCクラス等を比べると、購入費用は除外した維持費ではどのぐらいかわってくるでしょうか?
新車ではどちらもそうそう壊れないとおもいますが、自分が想定しているのは4-5万キロ程度走った中古車です。
年間数十万の違いがなく、数万~十万ちょいぐらいの違いであれば、思い切って購入を目指してみようと思うのですが……


ご教授いただければ幸いです。
どうか宜しくお願い致します。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

6年落ちのBMW3シリーズの中古車を買って、7年目の車検を正規ディーラーで受けるとなれば、諸費用の他に50万円程度の整備費用が見積もりとして出てくると思います。
もちろん、全部その通りにやる必要もないのですが、足回りのブッシュやショックアブソーバー、ラジエーター、ウォーターポンプなどは7年でほぼ寿命を迎えていますので、車検時に交換しなくても、異音や異常振動などで早晩交換を迫られるものが多く、年間で15~20万円の整備費は当然にかかるものだと思っておいた方がいいです。
ただ、運が悪いと大物が壊れて修理を諦めざるを得なくなることも考えておく必要があります。具体的にはATとエンジンです。BMWのATはひところよりも丈夫になったとは言われていますが、それでも国産車とは耐久性に雲泥の差があります。壊れるとリビルト交換で、修理費50万円コースです。
エンジンもよく壊れます。一番多いのは、水回りをやられてオーバーヒートさせてしまい、ヘッドやシリンダブロックを歪ませてしまうケースです。BMWの冷却系はクーラントを加圧して沸点を高め、冷却能力を確保する仕組みなので、ゴムホースや樹脂部品が劣化するといとも簡単に破裂して水漏れを起こします。気付いてすぐにエンジンを止め、レッカーを呼べばいいのですが、ペットボトルで水を足しながら無理して走らせたりするとアウトです。国産車と違って圧力が抜けてしまうと本来の冷却が出来ず、エンジンを壊してしまい修理費30万円コースです。
6~8年落ちのBMWが激安で売られている理由は、割高な維持費や、大物故障のリスクが潜んでいるからです。

その他の回答 (4件)

  • 大切なのは購入してから維持費がかからない車選びです。

    タイヤの溝が無いのは仕方ありませんがブレーキ残量が少ないと前後ディスク、パッド込みでディーラー交換は二桁万円コースですが専門店で購入すれば半額から七割程度で交換できます。
    故障する場所も決まっているので専門店ならすぐに修理できます。
    足回りも五万キロ走るとガタが出てくるので、そのあたりの車を人気色、グレードで選ぶと外車は維持費が高いなとなりますが、一通りメンテナンスが行われた中古車に乗れると維持費もかからず楽しめるわけです。
    私も3シリーズに乗っていますが年式の割りに走行は少なくディーラーメンテがしっかりした車でしたので消耗品だけで楽しんで維持できています。
    選ぶときにディーラー記録簿は安心材料の一つになりますよ。

  • 年間10万円までのアップなら許容出来るというのであれば、BMW3もCクラスも全く問題なく維持出来ます。

    私は2004年型のCクラスと90年代末期のBMW3の両方維持していますが、どちらも年間の維持費は同じく保有しているアコードの10から多くて20%アップと言った線で、費用が上がる中身は全てあなたがご想像の通り、整備費です。
    具体的には年平均5万円以下で済むアコードに対し、BMW3とCクラスは年度によっては10万円くらいまで拡大することがあります。
    比類無く強力なブレーキゆえにパッドもローターも日本車より寿命が短いですし、正規ディーラーで整備すると部品代も整備費も日本車の1.5~2倍かかるからです。
    よほど運が悪くなければ今のモデルは故障は殆どありませんから、日頃の整備費として年平均数万円から多くても10万円ほど日本車よりかかると考えておけばよいと思います。

    BMWやベンツでも5シリーズやEクラス以上の裕福層向けのモデルや生産数の少ないスポーツモデル、スペシャルモデルは今でも時々故障頻度が高い車があるようですが、最量産モデルのBMW3やCクラスは今では世界でもトップクラスの信頼性を持っていますから、故障の心配は日本車程度を考えておけば充分です。

    http://www.adac.de/infotestrat/unfall-schaeden-und-panne/pannenstatistik/suchergebnis.aspx?pklid=9&pstatid=3&ReturnUrl=5uEyBA6KBgNKCARK55ZyBARCzNqr0u23BTXFzyqpzAcxCLRyzAa1CLRyzAZyC5X3xLErxLEz5uXFBARpzocy0gN8ym68C5X3xLE4HeN_


    なお、BMW3とCクラスは性格が真逆に違いますから(だから両方持つというおバカをやっているのですが)、よく試乗比較して決められると良いと思います。

    Cクラスは、ベンツというメーカーが自動車を発明したメーカーとしての誇りと責任を常に意識した車作りをするという世評通りの車で、少々コストを度外視して走る曲がる止まるの自動車としての基本性能に忠実に、遠くまで疲れず安全に人を運ぶというロングツアラーとしての性格を持つ車です。
    BMWはそのような車としての王道を行くベンツとの真っ向勝負を避け、駆け抜ける歓びと言われるように運転の楽しさを全面に打ち出したスポーツ走行に傾注した車作りをしています。
    運転するのが楽しい車ですが、長距離走るとその少々ハードな乗り心地や俊敏なテアリングがなどから、Cクラスに比べると疲労が来易い傾向があります。
    若く元気で運転を積極的に楽しみたいのであればBMW、色々な車に乗ったからそろそろ安全で頼れる車にゆったり乗りたいと思えばCクラスでしょうか。

  • 2006年式の認定中古車なら

    BMW 3シリーズ 160万から
    メルセデス Cクラス 160万から
    レクサス IS 210万から
    トヨタ マークX 70万から

    国産の交換サイクルは10年10万キロ、ドイツ車は5年5万キロ
    トヨタ マークXと維持費が同じなのは1クラス下のBMW 1シリーズ、メルセデス Bクラス、レクサス CTですね。

  • 2004年式BMWのZ43.0iに乗っていました。

    国産にくらべて電装系が弱いという印象です。
    助手席エアバッグ警告灯がつくようになり、ディーラーに持っていったら
    センサー交換、部品代で8万かかるといわれました。
    中古で買ったので、メンテナンスサービスに入ってなかったから余計に
    お金がかかりました。

    3シリーズやベンツがランフラットタイヤかわかりませんが、
    ランフラットでしたら一本4万以上はかかります。

    オイルについてはモービルなど欧州車対応のもので大丈夫でしたので
    マークXなどとくらべて特別高くなるとは感じません。
    バッテリーなども自分で対応のものをカー用品店で買って交換すれば
    高くなることはありません。
    車検時になにかトラブルがあって、部品交換を伴うメンテナンスが
    発生すると高くなります。

    4万キロ越えたあたりからモノによっては
    アイドリングが不安定になったりする個体もあるみたいですから、
    ちょうど値段もそのあたりから安くなっていきます。

    4万キロ弱で手放しましたが、そのときも査定屋さんが
    かなり長時間アイドリングさせてチェックしていました。


    BMWは新車で買うと、メンテナンスの長期サービスが結構安く
    加入できます。
    オイル交換や故障時の部品代などがかなりお徳になるので、
    長く乗るなら新車購入がオススメです。

    逆に安い中古車を買うときは、2年後の車検をとおさずに手放すつもりで
    買うと、多少の電装トラブルも無視できますので経済的です。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

BMW X4 新型・現行モデル

BMW X4のみんなの質問ランキング