現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > X3 > 専門家レビュー・評価一覧 > X3はよくまとまったプレミアムミドルSUV

BMW X3 「X3はよくまとまったプレミアムミドルSUV」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

国沢 光宏
国沢 光宏
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
4
乗り心地
3
積載性
4
燃費
3
価格
3

X3はよくまとまったプレミアムミドルSUV

2021.5.27

年式
2017年10月〜モデル
総評
X3はよくまとまったモデルだが、プレミアムミドルSUVはボルボやジャガーといった新興勢力の躍進も目覚ましい。そのためこのクラスを買う際にはライバル車もよく研究し、一番自分に合ったクルマを選んでほしい。
満足している点
SUVになってもBMWらしいスポーティな乗り味は継承されており、「運転して楽しいプレミアムミドルSUVが欲しい」という人にはピッタリだ。また高価だが、3リッターディーゼルターボの滑らかな回転フィールは、一度は味わいたいくらい素晴らしい。
不満な点
BMWは各モデルの内外装や走りのコンセプトが一貫していることもあり、年季の入ったクルマ好きなどだと、「正常進化はしているけど、新鮮さに欠ける」と感じるケースもあるようなので、飽きっぽい人の相棒には不向きかもしれない。
デザイン

4

キドニーグリルをはじめとしたBMWのデザインエッセンスを盛り込んだSUVという印象に尽きる。新しさは感じない代わりに、時間が経過してもデザインが古くなることもなさそうという点には最近のBMWの変化を感じる。
走行性能

4

標準モデルとなる2リッターターボと2リッターディーゼルターボの動力性能は「十分な余裕を持つ」といったところだが、Mが付く3リッターターボと3リッターディーゼルターボはスポーツカーのような速さを備えている。特に3リッターディーゼルターボの仕上がりが素晴らしい。
乗り心地

3

X3は「3シリーズベースのSUV」というポジションにあるだけに、SUVで感じるケースがある重心の高さを感じることもなく、ハンドリングと乗り心地のバランスは良好なので、SUVというのをほとんど意識することなく運転できる。
積載性

4

オーソドックスなSUVなだけに、ラゲッジスペースは床面積に加え上下方向にも広くいので、IKEAの組み立て家具のような大きなものの運搬にも十分対応できる。またリアシートが40:20:40の三分割に倒せる点も便利だ。
燃費

3

ガソリンターボ車の燃費は2リッター、3リッターともに車格と動力性能相応といったところだが、ディーゼルターボ車は2リッター、3リッターともに良好だ。また2リッターはガソリンターボ車とディーゼルターボ車の差額が比較的少ない点も魅力だ。
価格

3

675万円からという価格はクルマの仕上がりや装備内容、BMWのブランドイメージなどを総合すると妥当なところといえる。購入するなら価格、燃費、動力性能のバランスに優れる2リッターディーゼルターボがイチオシだ。
国沢 光宏
国沢 光宏
自動車ジャーナリスト
東京中野生まれ。ベストカー編集部員を経てフリーに。得意分野は新車の評価の他、自動車企業の分析、新技術の紹介など。自動車雑誌への寄稿をメインに、インターネットメディア、ラジオやTVのコメンテーターも。業界の話題を素直に紹介する手作りの個人Webサイトはいろんな意味で人気(アンチの数も多い)。大型免許とけん引免許、1級小型船舶免許所有。2005年アジアパシフィックラリー選手権シリーズに参戦。ラリージャパン(WRC)の参戦経験も持つ。趣味はクルマとバイク、ボート、スキー、ダイビング。弱点は球技(特にゴルフ)。
BMW X3 新型・現行モデル