現在位置: carview! > カタログ > BMW > 4シリーズ カブリオレ > みんなの質問 > 現行BMW 3シリーズセダンについて

『現行BMW 3シリーズセダンについて』:BMW 4シリーズ カブリオレ

解決済み現行BMW 3シリーズセダンについて

現行BMW 3シリーズセダンについて現行3シリーズセダンってエンジン設定が4気筒しかないのですがなぜ?と思います。
カブリオレ、クーペ、ハイブリットには3リッター6気筒の設定はあると思います。
将来的に3シリーズ全車種に6気筒の設定は無くなるのでしょうか?
本国ドイツでも現行3シリーズセダンには3リッター6気筒の設定は無いものなのでしょうか?
もし、本国ドイツで販売されているのであえばいずれ日本でも販売されるのでしょうか?
どなたかご返答お願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

>現行3シリーズセダンってエンジン設定が4気筒しかないのですがなぜ?

BMWの6気筒エンジンはあまり燃費が良くありません。3シリーズセダンのような主力車種に搭載して大量に売ってしまうとメーカー全体の加重平均燃費を悪化させ、EUの燃費規制(CO2排出量規制)をクリア出来なくなります。
規制をクリア出来ないメーカーは、多額の課徴金を納めなくてはならず、経営に打撃を受けます。
そうした事態を避けるためには、3シリーズのエンジンを4気筒に置き換えざるを得なかったということです。

>将来的に3シリーズ全車種に6気筒の設定は無くなるのでしょうか?

燃費規制により、燃費の悪い車=6気筒や8気筒エンジン搭載車の比率を出来るだけ抑えることが自動車メーカーの経営における重要な課題となりました。
3シリーズセダンのような量販車種には4気筒で我慢してもらい、カブリオレやクーペなど粗利の高い車種には6気筒を積んで差別化、という考え方です。
ただ、EUの燃費規制は今後も順次強化される方向にありますので、6気筒エンジン搭載車は更に絞られていくことになると思います。

>本国ドイツでも現行3シリーズセダンには3リッター6気筒の設定は無いものなのでしょうか?

ハイブリッドではない6気筒モデルと言う意味では、ありません。今後追加される予定もないようです。

Dセグメントの6気筒エンジン搭載車は、世界的にも絶滅危惧種になりつつあります。
気がついてみれば、3シリーズ、アウディA4からは姿を消し、ベンツCクラスも主力は1.8Lターボです。

それに対し、日本では、マークXやスカイラインなどのV6搭載車が200万円台から選べます。
V6の静粛性やフィーリングに慣れてしまうと、4気筒の音と振動はどうにも安っぽく感じられてしまいます。
自虐的な日本のメディアに言わせれば「ダウンサイジングに乗り遅れたガラパゴス」と揶揄されることになるのかも知れませんが、これはユーザーにとって歓迎すべきパラダイスだと言えるのではないでしょうか。

回答一覧

2件中 1~2件
  • ハイブリッドもセダンですが。
    ちゃんと6気筒ターボエンジンです。
    6気筒NAエンジンと言う意味ならば本国ドイツにも設定はありません。
    ですので今後も入る予定はないです。
    クーペやカブリオレも今後発売されるでしょうが、6気筒ターボはハイブリッドになるのかどうかわかりませんが、
    6気筒の設定はあると思います。
    唯一5シリーズに530が残っています。
    これもドイツ等欧州だけで、日本に入る予定はないです。

  • ×ハイブリット
    ○ハイブリッド

    「ド」です。

    ハイブリッドだってセダンじゃん……。

    要するに会社全体でのCO2排出量削減を求められていますので、今後は上位グレードにしか6気筒は残らないでしょう。
    更にその未来については? どうでしょうか、いつかはなくなるかもしれませんし、ガソリンエンジン消滅になるのかもしれません。
    ちなみに本国には6気筒のノンハイブリッド仕様もあったかと思います。
    日本の場合、かつての335iと値段をオーバーラップさせてきているので、335iの後継はこちらを、ということでしょう。
    日本では売るはずはないと思います。
    欲しければM3かアルピナB3をどうぞ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。