BMW 3シリーズ クーペ 「久しぶりの6気筒」のレビュー

ソリあげ? ソリあげ?さん

BMW 3シリーズ クーペ

グレード:335i クーペ_RHD(AT_3.0) 2010年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

久しぶりの6気筒

2019.10.31

総評
発売当時からの憧れていた車種。細かい所は多々ありますが、大変満足しています。しかし、まだ走行距離はまだ少ないですが、年数的に今後のメンテ費用に怯えています。
満足している点
直6 3l ターボ 7dctが織りなす走行性能。美しいフォルム。
不満な点
感知式ワイパーの使いずらさ。
ランフラットタイヤのバタバタ感。
i-ドライブの使い勝手。
社外マフラーの選択肢が少ないし高価”笑”
デザイン

-

走行性能

-

306ps/40.8、ターボラグなく低速から十分なトルクがあるため、どこから踏んでも素晴らしい加速が得られます。容易にこのパワーを体感できますが、エンジンの回転上昇を楽しむには、ステージと乗り手(リスクを負える人)を選ぶのでは?
ハンドリングについてですが、雨の首都高の継ぎ目、バタバタランフラットの影響か接地感が気薄に感じた。特にフロントはチョット年数のたったタイヤだからかな?
勾配があまりないまたは下りのクネクネ道は全車46の方が気持ち良かったかな。
92は高速ツアラー?
11月5日追記
自宅から東方向のお山をドライブしましたが、思いのほかロール大、コーナー途中のうねりも底付きするかと思うほど。
ここ10年、ネクセンn8000のぐにゃっとしながらのグリップに慣れたせいか、ミシュランps2はガッツリ路面を掴んでくれますが、サイドウオールがたわまず挙動がわかりずらいかな。
乗り心地

-

全車、E46 318 ビルシュタインB12仕様と比べてですが、柔らか目で良く動き、ランフラットタイヤのネガを打ち消そうとしています。乗り心地良いですが、足元はバタバタ。脱ランフラットでどう変わるか楽しみです。
積載性

-

46と変わらないので、3人家族不満なし。
しかしドアの長いクーペなので、狭いところでの乗り降りは面倒。
燃費

-

町乗り6㎞台、高速8㎞台
価格

-

故障経験
納車数日でブースト異常。チャージパイプ交換。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

BMW 3シリーズ クーペ レビュー・評価一覧

マイカー登録
BMW 3シリーズ クーペ 新型・現行モデル