現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > M4 クーペ > 専門家レビュー・評価一覧 > 超硬派なサーキット仕様モデル

BMW M4 クーペ 「超硬派なサーキット仕様モデル」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

伊藤 梓
伊藤 梓
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
5
乗り心地
3
積載性
4
燃費
3
価格
4

超硬派なサーキット仕様モデル

2021.9.30

年式
2021年1月〜モデル
総評
ここまでスポーツカーを飛び越えたレーシングカーとして楽しめるモデルは他にはないかもしれないというほど、唯一無二感があるM4。日常でスポーツしたいという人より、がっつりサーキットで遊びたい人には積極的におすすめしたいモデル。
満足している点
M社が作ったというプライドが感じられるガチンコのレーシングカーとして仕上がっているところが良い。「日常で楽しんで乗るスポーツカー」ではなく、「本格的にサーキットを楽しむレーシングカー」として、細部までこだわって作り込まれている。
不満な点
M4のブランドやスタイルに憧れて購入したい人もたくさんいると思うが、「日常的にさらりと乗る」というのは難しいくらい乗り心地が硬かったり、走行性能がレーシングカー寄りなので、単なるスポーツカーとして欲しい人は要注意。
デザイン

4

キドニーグリルが縦に大きく伸びるデザインになって、賛否両論のM4クーペ。これまでのBMWを見慣れている人は、しばらくは違和感を覚えると思うが、実際に走っているのを見たり、少し経つとこのデザインも見慣れてくるかもしれない。サイドからリアにかけてボディの大きさと流麗さが際立つ美しいデザインになっているところは◯。
走行性能

5

運転し始めた瞬間、ちょっと冷や汗が出るくらい緊迫感を感じるモデル。3L直6ツインターボエンジン(510PS/650Nm)の爆発的な加速もそうだが、M4の挙動はまるでレーシングカーのようで、こちら側でしっかりとブレーキングしたり、ターンインの姿勢を作ってあげないと、上手く扱えていないような感覚になる。その代わり、こちらにサーキットの素養があれば、とてつもなく楽しく運転できるクルマだ。ただ、このM4のポテンシャルを完全に引き出すには、一般道では厳しいので、オーナーになったらぜひサーキットへ連れていってあげてほしい。
乗り心地

3

間違いなく硬い。スポーツカーで慣れているという人でも、この硬さは許容できないレベルだと思う。長距離運転はちょっと厳しいと感じる人も多いはず。ほとんどレーシングカーそのものだと思って所有した方がいいと思う。
積載性

4

クーペスタイルだが、荷室容量は440Lと大きめの荷物でもしっかり積載できるような広さがある。単なるスポーツカーというだけではなく実用性も兼ね備えている。
燃費

3

燃費は、10.1km/L(WLTCモード)。直6ツインターボエンジンを回す快感と引き換えに燃費はある程度目をつぶるしかなさそうだ。
価格

4

価格は、約1298万円〜。絶対的な価格はもちろん安いとは言えないが、このレベルのハイパフォーマンスカーとしては、価格は安い方だと言ってもいいかもしれない。M4はスポーツカーというよりレーシングカーのポテンシャルがあるので、この価格で買っても使い方次第でその価値以上の体験ができそうだ。
伊藤 梓
伊藤 梓
自動車ジャーナリスト
クルマ好きが高じて、グラフィックデザイナーからカーグラフィックの編集者へと転身。より幅広くクルマの魅力を伝えるため、2018年に独立してフリーランスに。現在は自動車ライターのほか、イラストレーターとしても活動中。パーソナリティを務めた経験を活かし、自動車関係の動画やトークショーなどにも出演している。
BMW M4 クーペ 新型・現行モデル