現在位置: carview! > 新車カタログ > BMW(BMW) > M4 クーペ > 2017年8月〜モデル

BMW M4 クーペ 2017年8月モデルの新車情報・カタログ

BMW M4 クーペ 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

385.0 万円 1830.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

1286.0 万円 1680.0 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 418
  • 総合評価 4.7
  • ユーザーレビュー (詳細) 63
  • みんなの質問 (詳細) 152
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,672×1,870×1,385mm〜
4,685×1,870×1,392mm
燃料消費率 11.7〜11.9km/L(JC08モード走行)
乗車定員 4名 排気量 2,979cc

概要

■2017年8月
BMWは、「M4 クーペ コンペティション」にマニュアルトランスミッション搭載モデルを追加して、2017年8月28日に販売を開始した。

同日、全グレードの装備内容の充実化を図り、車載通信モジュールを用いたテレマティックスサービス「BMWコネクテッドドライブ」を標準装備した。

■2018年1月
BMWは、「M4」に特別仕様車「M ヒートエディション」を設定して、2017年12月25日に発表、2018年1月より15台限定で発売した。

「M ヒートエディション」は「M4 クーペ コンペティション」をベースに、BMW M社がモータースポーツの技術を反映して開発した「M Performanceパーツ」を装着。存在感と迫力をさらに高めている。

専用のブラック塗装された鍛造アロイホイールと、一部に軽量なカーボン素材を使用した「M Performance パーツ」を装着することで、モータースポーツモデルのような力強い存在感を主張。また内装にもブラックのメリノレザーシートやブルーセンターマークが付いたアルカンタラ製のスポーツステアリング、カーボンセレクターレバー、ステンレスペダル・セット&フットレストなどを装備して、ドライバーが車両を操作する歓びを最大限満喫できる仕様とした。

ボディカラーは「BMW Individual タンザナイトブルーメタリック」を採用した。

2018年1月1日には価格改定を実施した。


■2018年2月
BMWは、「M4 CS」の2018年生産モデルに一部の装備を追加して、価格の改訂を行い、2018年2月20日に発売した。

2019年1月1日には価格改定を実施した。


■2020年1月
BMWは、「M4」に特別仕様車「M4 エディション ヘリテージ」を設定して、2020年1月15日に30台限定で発売した。

「M4 エディション ヘリテージ」は「M4 コンペティション」をベースに、モータースポーツを彷彿とさせ、ドライバーを掻き立てるような専用デザイン装備を多数採用。ボディカラーは、アメリカのカリフォルニア州モントレーにあるラグナ・セカ・サーキットをイメージした「ラグナ・セカ・ブルー」、より深みがありビロード生地のような洗練された光沢感をイメージした「ベルベット・ブルー」、イタリアのイモラ市にあるイモラ・サーキットをイメージした「イモラ・レッド」の3色をラインナップした。

インテリアは、ボディカラーにあわせてコーディネートされたメリノレザーを採用。「ラグナ・セカ・ブルー」には、光沢感がありグレーがかったホワイト「シルバー・ストーン」とブラックのツートン・カラーに、ターコイズのステッチが施されたシート、「ベルベット・ブルー」は同じくシルバー・ストーンとブラックのツートン・カラーに、オレンジ・バイカラー・ステッチが施されたシートを採用。「イモラ・レッド」は、レッドとブラックのカラーに、イエロー・バイカラー・ステッチを採用した。

また、専用色となるオービット・グレーに塗装された20インチMライト・アロイ・スポーク・スタイル666Mや、Mモデルを象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフ&カーボンインテリアを装備。さらに、「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションを、インテリアやドアシルに採用した。

2020年4月1日には価格改定を実施した。

■2020年10月
BMWジャパンは、ニューヨークのライフスタイルブランド「Kith(キス)」とのコラボレーションモデルとなる「BMW M4コンペティション×KITH」を2020年10月23日に発表、翌10月24日より予約受付を開始した。

BMW M4コンペティションの限定エディションとなる同車は全世界150台限定生産となり、2021年夏から納車が開始される予定。この限定モデルのハイライトはKITHカーボンルーフ(オプション)を採用したことで、グレー文字のKITHロゴとBMW Mストライプがルーフ表面に配置されている。さらにMロゴの入ったレッドのブレーキキャリパー、フロント19インチ、リヤ20インチのダブルスポークタイプとなる「826Mバイカラー/ジェットブラック(ソリッド)」のM鍛造ホイールが装備される。

インテリアはBMW Mカラーのライトブルーとレッドのアクセントが入った「Mカーボンバケットシート」を装着。さらに前席および後席のヘッドレストとセンターアームレストには「KITH」ロゴが刻印され、センターコンソールには「KITH」ロゴと「BMW Mストライプ」があしらわれた専用エンブレムが備わる。前席ヘッドレスト下方の照明付きMバッジにも同様に「KITH」ロゴが入る。

この限定モデルにはBMW M4コンペティションのパフォーマンスが引き継がれており、搭載される3.0リッター直6ターボエンジンは最高出力375kW(510ps)、最大トルク650Nmを発生する。ドライブロジック付き8速Mステップトロニックとの組み合わせにより0-100km/h加速を3.9秒でこなし、12.5秒で200km/hに到達するという。同車には従来の後輪駆動のほか、オプションで4輪駆動システム「M xDrive」も用意されている。

M4コンペティションの標準装備とKithコラボレーションの専用装備に加え、「Mカーボンエクステリアパッケージ」、「BMWレーザーライト」、「BMWインディビジュアルライトシャドーライン」、「カーボンファイバーインテリアトリム」などのオプション装備が追加されている。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る M4 クーペ 2017年8月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 M4 クーペ 2017年8月一部改良

専門家レビュー M4 クーペ ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 流麗で優雅なクーペに暴力的なパワー

    2021.11.24

    橋本 洋平
    橋本 洋平
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    5
    価格
    4
    年式
    2021年1月〜モデル
    満足している点
    直列6気筒ツインターボエンジンが発するパワーとトルクは見どころだが、そこに滑らかな回転フィールや爽快なエキゾーストノートが加わっているのだから心地良い。官能性にとにかく優れているエンジンだ。
    不満な点
    多人数で乗ろうというタイプのクルマではないが、M4はM3とは違って4人乗りであるということを忘れずに。
    デザイン
    真横から見れば伸びやかで優雅なクーペにしか見えないのだが、前後バンパーを見れば戦闘モードであることが即座に感じられるデザインが展開されている。開口部の多さ、リアのディフューザー形状など、走るための機能美がそこにある。

    続きを見る

  • 超硬派なサーキット仕様モデル

    2021.9.30

    伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    5
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    3
    価格
    4
    年式
    2021年1月〜モデル
    満足している点
    M社が作ったというプライドが感じられるガチンコのレーシングカーとして仕上がっているところが良い。「日常で楽しんで乗るスポーツカー」ではなく、「本格的にサーキットを楽しむレーシングカー」として、細部までこだわって作り込まれている。
    不満な点
    M4のブランドやスタイルに憧れて購入したい人もたくさんいると思うが、「日常的にさらりと乗る」というのは難しいくらい乗り心地が硬かったり、走行性能がレーシングカー寄りなので、単なるスポーツカーとして欲しい人は要注意。
    デザイン
    キドニーグリルが縦に大きく伸びるデザインになって、賛否両論のM4クーペ。これまでのBMWを見慣れている人は、しばらくは違和感を覚えると思うが、実際に走っているのを見たり、少し経つとこのデザインも見慣れてくるかもしれない。サイドからリアにかけてボディの大きさと流麗さが際立つ美しいデザインになっているところは◯。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

リセール価値 M4 クーペ

走行距離別リセール価値の推移

グレード
M4 クーペ_RHD(M DCT_3.0)
新車価格
1126.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 465万円 415万円 366万円
新車価格の
32%
317万円
新車価格の
28%
1万km 456万円 389万円 322万円 255万円
2万km 438万円 336万円 234万円 132万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ M4 クーペ

  • 人気のカラー

    1. 50.0%
    2. 28.5%
    3. パール
      4.7%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      36.5%
    2. 近畿地方
      17.8%
    3. 東海地方
      9.7%
  • 男女比

    男性
    99.2%
    女性
    0.8%
    その他
    0.0%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング M4 クーペ

中古車相場 M4 クーペ

BMW M4 クーペ
平均価格 767.6万円
平均走行距離 28,364km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 M4 クーペ

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/