現在位置: carview! > カタログ > BMW > i3 > 口コミ・評価一覧 > 実験車・試作車みたい。こういうの大好き。

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『実験車・試作車みたい。こういうの大好き。』の口コミ

  • 実験車・試作車みたい。こういうの大好き。

    総合評価: 2.0

    投稿日:2017年11月23日

    投稿者:Takahide Sumida さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:BMW i3
    グレード:i3 レンジ・エクステンダー装備車_RHD(0.65) (2013年式)

    総評
    ボディに贅沢なカーボンを用い、ドアを開ければクリア塗装さえ施されていないことに気づく。わざとなんだろうか。これが試作車や実験車のようでたまらない。形もこれまでの2BOXスタイルとは一線を画し、未来からやってきたような斬新さ。

    i3の問題はピュアEVにするか、電気を使い切ったときにモーターで電気駆動させるためのエンジン付きを買うかで悩まさせるところ。
    販売面では圧倒的にレンジエクステンダー付きがうれているそうだが、こいつを実際に使ってみて、PHEVって何なの?とさえ考えるようになった。

    あたしの場合はこれだけ斬新なパッケージングをもって出てきたクルマなのだから、エンジンは載せたくないと思った。重くなるし、出番は電気がなくなったときだし、エンジン運搬車はもっぱら御免。

    i3に乗って、エラく気に入ったあたしですけどね。これがある生活というのがCOOLなんですよ。未完成な感じも好きだし。ただ、中古市場が暴落しているようなので逆に中古で安く買えると思ったんですね。スタイリングだけでも買いだし、航続距離は工夫するから、ピュアEVで使いたいです。
    満足している点
    ◯SF映画に出てくるような未来派のスタイリング。観音開きのドアもGOOD。
    ◯ワークステーションのようなインテリア。COOL。
    ◯これまでと全く違うBMWなのに、走りの質感がブレてない。
    ◯強力回生のeペダル。狙ったところにノーブレーキで止まれるか?新しいブレーキングの楽しみ。
    ◯敢えて見せているのか?ボディ主屋のカーボンがそのままむき出し。
    ◯細く、大径のタイヤ。お陰でグリップレベルが低いが、それでもルックスが未来を感じる。
    ◯バッテリーの重みを感じさせない、軽いボディ。重量配分はさすがBMW。
    不満な点
    ×バッテリー切れとなったところで燃料タンクが10リットル程度だから田舎のドライブは恐怖。しかも重いエンジンを運搬。このジレンマが×。
    ×エンジンを積むくらいならバッテリーを増やせば・・という感覚も。PHEVの複雑な心境。
    ×観音開きの広大な開口部のせいでドアから軋み音が。
    ×最悪なリセールバリュー。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする