現在位置: > > > > 2019年12月〜モデル

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    84
  • カタログ燃費
    12.3 17.4 km/L

BMW 5シリーズの概要

部分自動運転を可能としたエグゼクティブセダン

アッパーミドルクラスの代表的なセダンであるBMW5シリーズ。その初代の登場は1972年で、6代目モデルは2010年の登場となる。全長は4.9mを超え、先代より延長されたホイールベースにより、後席の居住空間も向上。マイナーチェンジですべてターボエンジンとなったパワートレーンは、出力の異なる2種類の2L直4ターボ、3L直6ターボ、2L直4ディーゼルターボ、そして頂点に4.4L V8ターボがラインアップ。さらにハイブリッドモデルも用意される。また、「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」という4輪操舵システムを装備し、低速での取り回しの向上と、高速コーナーでの性能向上を図っている。(2016.3)

BMW 5シリーズ 2019年12月一部改良 グレード一覧

現行 表の見方 表の見方
グレード 523i(AT) 523d xドライブ Mスピリット ディーゼルターボ 4WD(AT) 523i Mスポーツ(AT) 530i ラグジュアリー(AT) 530i ラグジュアリー(左ハンドル)(AT) 530i Mスポーツ(AT) 530i Mスポーツ(左ハンドル)(AT) 530e Mスポーツ(AT) 540i xドライブ Mスポーツ 4WD(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 663.0万円 765.0万円 811.0万円 833.0万円 833.0万円 858.0万円 858.0万円 872.0万円 1099.0万円
基本情報 発売年月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月 2019年12月
駆動方式 FR(後輪駆動) 4WD(四輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) FR(後輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 3BA-JR20S 3DA-JF20 3BA-JR20S ABA-JR20 ABA-JR20 ABA-JR20 ABA-JR20 CLA-JA20P 3BA-JS30
トランスミッション 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT 8AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1480mm 4945×1870×1485mm 4945×1870×1480mm
車両重量 1630kg 1750kg 1650kg 1690kg 1690kg 1690kg 1690kg 1910kg 1810kg
乗車定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名
タイヤ(前輪) 225/55R17 245/45R18 245/40R19 245/45R18 245/45R18 245/40R19 245/40R19 245/40R19 245/40R19
タイヤ(後輪) 225/55R17 275/40R18 275/35R19 245/45R18 245/45R18 275/35R19 275/35R19 275/35R19 275/35R19
エンジン 過給器 ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ
総排気量 1998cc 1995cc 1998cc 1998cc 1998cc 1998cc 1998cc 1998cc 2997cc
使用燃料 ハイオク 軽油 ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 68L 66L 68L 68L 68L 68L 68L 68L 68L
性能 燃費(10.15モード) - - - - - - - - -
燃費(JC08モード) 14.4km/L 15.8km/L 14.4km/L 15.1km/L 15.1km/L 15.1km/L 15.1km/L 17.4km/L 12.3km/L
燃費(WLTCモード) 12.8km/L
└市街地:9.4km/L
└郊外:12.7km/L
└高速:15.2km/L
15.6km/L
└市街地:12.9km/L
└郊外:14.9km/L
└高速:17.9km/L
12.8km/L
└市街地:9.4km/L
└郊外:12.7km/L
└高速:15.2km/L
- - - - - 10.6km/L
└市街地:7.8km/L
└郊外:10.6km/L
└高速:12.4km/L
最高出力(ps(kw)/rpm) 184(135)/5000 190(140)/4000 184(135)/5000 252(185)/5200 252(185)/5200 252(185)/5200 252(185)/5200 184(135)/5000 340(250)/5500
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 29.6(290)/4250 40.8(400)/2500 29.6(290)/4500 35.7(350)/4800 35.7(350)/4800 35.7(350)/4800 35.7(350)/4800 29.6(290)/4250 45.9(450)/5200
最小回転半径 5.7m 5.8m 5.7m 5.7m 5.7m 5.7m 5.7m 5.7m 5.8m
グレード 523i Mスピリット(AT) M550i xドライブ アルティメット エディション 4WD(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 712.0万円 1319.0万円
基本情報 発売年月 2019年12月 2019年12月
駆動方式 FR(後輪駆動) 4WD(四輪駆動)
車両形式 3BA-JR20S -
トランスミッション 8AT 8AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4945×1870×1480mm 4962×1868×1467mm
車両重量 1630kg 1810kg
乗車定員 5名 5名
タイヤ(前輪) 245/45R18 245/35R20
タイヤ(後輪) 275/40R18 275/30R20
エンジン 過給器 ターボ ターボ
総排気量 1998cc 4395cc
使用燃料 ハイオク ハイオク
燃料タンク容量 68L 68L
性能 燃費(10.15モード) - -
燃費(JC08モード) 14.4km/L -
燃費(WLTCモード) 12.8km/L
└市街地:9.4km/L
└郊外:12.7km/L
└高速:15.2km/L
-
最高出力(ps(kw)/rpm) 184(135)/5000 531(390)/6000
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 29.6(290)/4250 76.5(750)/4600
最小回転半径 5.7m 5.8m

BMW 5シリーズ 口コミ

4.0
  • 初外車ですがいいです。
    投稿日: 2020年2月29日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: BMW 5シリーズ セダン

    グレード: 523i_RHD(AT_2.0) 2011年式 乗車形式: マイカー

    元々の金額だけのことは十分ある。

    続きを見る
  • 生涯一度は所持しておきたかったBMW
    投稿日: 2019年10月7日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: BMW 5シリーズ セダン

    グレード: 530i Mスポーツ(AT_3.0) 2008年式 乗車形式: マイカー

    生涯一度は所持しておきたかったBMW。 そして乗るならスポーツカー並みに速いのがいいと思って選んだのがE60 530i Mスポーツの後期最終型!(2010年製) 2000km走行して、、クオリティの高い車だとしみじみ思った^_^ とにかく弱点の無い機械と思った。(操作が日本車と違うのは機械としての弱点では無いと思うので) 他にも2台も車持ってて必要性から言うと必要ないんだけど、、買って良かったと思える車だ。

    続きを見る
  • 各Dの友人に勧められたBMW G30 523d アルピン
    投稿日: 2019年8月20日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: BMW 5シリーズ セダン

    グレード: 523d Mスポーツ_RHD(AT_2.0) 2017年式 乗車形式: マイカー

    [Dレンジで、車の流れにのって運転するなら最適な車です。] ・ディーゼル車の振動と、ガラガラ音もアイドルストップで全く気にしない。 ・ボディーデザインが、のっぺりしていて特徴がないと思ったG30です。それが、1.5年過ぎると慣れると言うより、良いデザインだと思う今日この頃です。(^^)/ ・走りもCPM装着でとても安心した走りへと変化した。 CPM装着前は後輪タイヤの減りが早かったが現在は、均等に減っている。 ・現在1.3万キロ タイヤの残溝は6.2ミリ (約1ミリ=1万キロ) ・車は大きいが、乗っていて大きいと感じない。 現在不満がなく、いい車だと思います。 少し走行に不満が有る方は、cpm装着で満足すると思います。 もうすぐ3dデザインの車高調整を入れます。 現在不満はないのですが、タイヤハウスアーチとホイルのバランス見ると、バランス悪い。 車高2センチ落としたいと思います。 〈追記〉 3Dデザインの車高調入れたら、減衰推奨で乗り心地は硬く、前輪が特に跳ねるようになった。 CPM商品のいわゆる上下のパーツにて、剛性を調整し解決 減衰推奨値でも快適走行です。(前10、後9) 3dサスペンション装着後の対策 Cpm補強パーツでメーカーに相談し下記を実行 下はXバーを外す。 上はバンパーと平行する横棒バーを外すことで、良い感じになった。 (詳しくは、blogやパーツ、整備手帳参照願います。) CPMエンジンルームの横棒入れるなら、前輪の減衰を16にし後ろを12にすると良いかもです。 横棒のメリットは駐車場を出るようなシーンで、バネが擦れる音が皆無です。

    続きを見る
  • 家族に 最も乗り心地がいい外車と 人気のあった
    投稿日: 2019年8月19日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: BMW 5シリーズ セダン

    グレード: 525i_RHD(AT) 2000年式 乗車形式: 過去所有

    ファミリーカーとして 後部座席の 乗り心地は 大満足 との評だった(過去所有)

    続きを見る

BMW 5シリーズの口コミ・評価をもっと見る(720件)

BMW 5シリーズ みんなの質問

BMW 5シリーズのみんなの質問をもっと見る(2249件)

BMW 5シリーズ 中古車相場推移表

BMW 5シリーズ
平均価格 459.9万円
平均走行距離 9,262km

平均値を表示しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー