現在位置: carview! > カタログ > BMW > 3シリーズ > 口コミ・評価一覧 > 13年前の車ではあるが、ボディの剛性感、...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『13年前の車ではあるが、ボディの剛性感、...』の口コミ

  • 13年前の車ではあるが、ボディの剛性感、...

    総合評価: 4.0

    投稿日:2003年1月4日

    投稿者:よしろう さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:BMW 3シリーズ
    グレード:325i_LHD(AT) (2001年式)

    総評
    13年前の車ではあるが、ボディの剛性感、走行安定性、そのブレーキ、ハンドリング等、最新の車から乗り換えてもほとんど不満はないほどよくできている。ブレーキ等の基本的な車の性能は、まだ国産車の及ばないところにあると思う。
     ただ、発売されていた当時(新車時の価格が500万を越えるものであったらしいが、)「お金があったら買うか?」と聞かれたら「いいえ」と即答するだろう。
    満足している点
    なんといっても、そのスタイリング!
    昨今の車にはない、まさに箱形のキャビン&ボディ、ボンネットからトランクへと流れる水平なラインが美しい。
     また、2000回転半ばくらいから奏でられる官能的な6気筒サウンド!、そのなめらかなフィーリング!
    吹き上がりのよさは最近のDOHC6気筒にはおよばないが、その音・フィーリングの艶という点ではこちらが上である。
    不満な点
    なんといっても1500回転前後の常用域における排気のこもり音。これはZ3の2.0、2.2のATでも同様で片道30km程度の道のりでも非常に疲れを誘う。
    70を越えるスピードになると問題ないが、一般道路で強いられる40~60+という速度では絶えず「ボ~ッ」という籠もり音にさいなまれる。
    やはり、BMWの6気筒はMTでのるべきだと思う。(実際、Z3の2.0,2.2のいずれもMT仕様はただただ素晴らしいの一言だった。4気筒においては排気の取り回しの関係からか、こもり音はATでもほとんどきにならなかった。)
     マニュアルモードにしても4速が選べないAT。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする