現在位置: > > > > > 頭文字DプロジェクトD(風)土橋竜也仕様

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『頭文字DプロジェクトD(風)土橋竜也仕様』の口コミ

  • 頭文字DプロジェクトD(風)土橋竜也仕様

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2018年12月28日

    投稿者:土橋竜也 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:BMW 1シリーズ
    グレード:M140i_RHD(AT_3.0) (2016年式)

    総評


    今回初めて
    M140iの弱点???

    ネガな部分に気が付いた地元の大学付近の
    バス停のある下りを
    飛ばしていると

    これは走り込ん来たので
    慣れた部分もあるが★先に触れて置くと
    使い分けが分かって来た
    と言う事でもある

    下りの超!!の付く
    タイトコーナーではSPORT+モードだと
    入力が過剰すぎて
    アクセルレスポンスに
    対してハンドリングが
    余りに機敏・・・ステアリング操作自体は
    モードを上げる程に
    重くなるのですが

    何と表現すれば良いのか
    ハンドルが重くなり
    ステアリング操作は安定するも入力に全く
    遊びが無くなる1つモードを下げて
    SPORTモードの
    トラクション
    コントロール付き
    にしたら
    ピタリと決まった納得が行かないので
    再度チャレンジ


    SPORT~SPORT+を
    繰り返しにして
    10SET往復を
    攻めてみた少し考えながら
    その辺りを流すまぁ良い
    では気を取り直して
    フル加速!!速ぇ~~~!!

    なるほど
    そー言う事か(^▽^)/

    纏めてみるモード選択の
    使い方が大事

    しかも慣れて来ると
    そのモードには
    そのモード特有の上手い
    走らせ方がある同じ様にアクセルを
    踏み込んで同じ様に
    ステアリング操作を
    しては駄目なんだ200km/h付近の
    高速コーナーでは
    SPORT+がベスト
    1番に足回り等も
    しっくりと来る
    SPORT+だと回転数を
    上げて引っ張るので
    加速重視

    ギアはSPORTの方が
    シフトアップも速い=
    街中ではこっちの方が
    機敏に走れる気がする
    極タイトコーナーでは
    SPORT の方が
    足が固く感じられる
    シーンもあるが
    コレは
    トラクション
    コントロール
    の影響だろう


    まぁコレは
    慣らし運転が終わり
    パドルシフトを
    使用出来る様になれば
    1発で終わる話しこの手のシステムに
    違和感無く行ける
    理由は
    DUCATIのSPORTの
    オートシフターや
    回転やエンジンモード
    のソレっぽい同じく
    DUCATIのRACING
    これは
    アクセルレスポンスが
    余りに機敏で・・・
    怖い位なのでビックリするのが
    COMFORTモードだと
    1シリーズでありながら
    高級車みたいな
    重厚感さえあるECOモードは
    余り使わないが
    ハンドリングが
    1番軽い気がする?
    これは
    風邪引いた時用にするその後

    30km程走って

    はっ!!
    ここで気が付いた

    乗り慣れて来たから

    次の段階に来たんだ
    突っ込みの速度が
    自然に上がっている
    思えばアンナに狭い
    急勾配のS字の下り道で
    150km/hは出ていた

    我ながらイカレテル

    再び先程の道に戻り
    SPORT+~SPORTを
    繰り返したこれは!!
    SPORT+は相当
    リニアだと言う事

    よーするに乗り手=
    竜也が調子が悪かったり
    入力が
    中途半端だったりすると
    即座に拾い挙動が出る逆に覚悟して一発で
    ステアリングを決めたら
    見事な位に曲がったSPORTは
    普通に攻めるのが
    容易なモードで

    今までの竜也は
    雨の日にブッ飛ばして
    ばかり居たのでこのモードが多かった
    トラクション
    コントロールが働き
    ドリフトさせないモード

    SPORT+は
    敢えて初期の入力が高く
    ドリフトさせた上で
    それ以上に破綻させない
    モードだ!!分かっていた筈だが

    限界域が高い!!

    SPORT+は1発で
    ラインを決めて
    ステアリングホイールを
    瞬時に反応させて
    丁寧なアクセル操作で
    もっと速い速度で
    突っ込め!!
    よーするに
    SPORT+だけは
    かなり
    上級者向けなレベルで
    もっと速く
    良い仕事をしろ
    を要求して来る

    楽しい
    楽しい

    1番乗り易いのは
    SPORTモードで

    本気で行く時が
    SPORT+だな
    しかしこのSPORT+は
    雨の日には
    余り使いたくないな

    最終的には
    SPORT+でも上手く
    曲がれる様になったが


    下りのコーナーだと
    神経を集中して
    アクセルコントロールを
    しないと・・・
    ラフに踏み込んでかなり
    立ち上がりの加速が鋭い
    ヤバいのが来る故に
    ギクシャクしてしまうが

    レスポンスが良く
    反応速度が無茶苦茶に
    速いと言う事だ逆に反応速度が鈍く
    サスペンションが
    軟らかければ
    ゆったりと乗れる

    日本人は特にソレを好み
    高級
    ロイヤルサルーンと呼ぶが
    竜也にとっては
    眠くなるだけ刺激のある
    ミスの許されない
    バイクの様な操作性


    あたかも優秀な
    コンピューターの様に
    竜也の入力を瞬時に
    全て具現化してくれる

    良い車だ
    満足している点


    不満な点
    走行面の不満は皆無ですが
    実際の値段よりも安く見られがちな所かな

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)