現在位置: carview! > カタログ > アウディ > A5スポーツバック > レビュー・評価一覧 > カッコいい、よく走る、デカい、高い

アウディ A5スポーツバック 「カッコいい、よく走る、デカい、高い」のレビュー

青い血 青い血さん

アウディ A5スポーツバック

グレード:スポーツバック 2.0 TFSI クワトロ スポーツ_RHD_4WD(AT_2.0) 2017年式

乗車形式:試乗

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

カッコいい、よく走る、デカい、高い

2018.5.30

総評
マイカーである4GCの、直接的ライバルであるこのクルマには以前から興味深々だったけど、いざ見て乗ってみると、作り込みが緻密で非常に出来がいいと感じさせられた。
4GCとの比較ではエクステリアこそ互角だったが、Rのきついコーナーでも安定した走り、高級感を感じるインテリア、そしてバーチャルコクピットや死角センサーなどの、先進機能の面でもA5が上回っており、間違いなくいいクルマ。
国内ではサイズが大きすぎると感じられること、価格水準が大幅に上がったことなどはネガな要素だが、性能・装備を知ってしまうと納得せざるを得ない。
次期3/4シリーズがひのレベルを、明確に上回れるかどうか、ちょっと不安になってしまった(苦笑)。
満足している点
緻密でクリーンなキャラクターライン、曲線、直線を組み合わせたフォルムは非常にカッコイイ。
旧型よりシャープになった新型のエクステリアは、個人的にお気に入り。
ドアミラー一つとっても、安っぽいBMWと違ってデザイン性が高く、作り込みに深みが感じられる。
直線、カーブともに挙動が安定し、またパワーも申し分なく、走りの面でも高次元である一方で、大型化したボディながら取り回しには苦労しない、バランスのいいクルマだった。
不満な点
運転に支障は感じなかったが、やはり日本の道路事情にはサイズ的に大きすぎる。
車庫などの事情で、買えなくなるドライバーもいるんじゃないか。
またスポーティカーとしては安定志向で、とくにエンジンについてサウンドやパワー感などで刺激や演出が若干足りず、ドライブの楽しみでは4GCに半歩譲るという印象だった。
デザイン

-

走行性能

-

ちょうどクアトロの試乗車があって、これに乗れたのは嬉しかった!
我が4GCを超える大柄なボディと、四駆であることを含めた足回りは、大いに走りに影響していて、直線、カーブともに非常に安定している。
少々Rのキツいカーブでもスルッと曲がれるあたり、先日乗ったジュリアといい勝負だが、電子制御で重い軽いの差が大きいジュリアより、総じて重めに調整されたA5の方が好ましいか。
一方でややソフトなアクセルと、硬質なブレーキというタッチの違いには、やや違和感を感じる(ガシッと効くブレーキには好印象だが)。
パワーは過剰な演出はないものの十分以上であり、太いトルクもあって、刺激はそれほどないものの非常に扱い易かった。
乗り心地

-

以前、発表されたばかりのA4に試乗した際には、かなりカドのあるショックを感じて、同乗した妻が「硬すぎる」という感想を漏らしてた。
しかし今回は硬めながらもカドはかなり取れており、ホールドのいいシートとも相まって、高級スポーティカーとしての乗り心地は悪くない。
一方、インテリアはプラスチッキーなBMWとちがって、黒、クロムの樹脂はベンツに迫る高級感を感じさせる。
また静粛性も高いが、個人的にはもう少しエンジンサウンドや、外部情報を入れるスポーティな演出も欲しい気がした。
使い勝手の面では、室内空間はそれなりに広いが、頭上の余裕はあまりないため、大柄な成人男性の四人乗車はやや厳しいかも。


積載性

-

ハッチが大きいだけに、セダンより容積も大きい。
ボディのサイズもあって、4GCと同程度あるいはより大きく見えた。
燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

アウディ A5スポーツバック レビュー・評価一覧

マイカー登録
アウディ A5スポーツバック 新型・現行モデル