現在位置: > > > > > 史上最高のアウディ? これまでのコンセ...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『史上最高のアウディ? これまでのコンセプトを完全に刷新した新しいシャシーは最良の結果をもたらしているのではないでしょうか? 某路面の荒れたサーキットで』の口コミ

  • 史上最高のアウディ? これまでのコンセプトを完全に刷新した新しいシャシーは最良の結果をもたらしているのではないでしょうか? 某路面の荒れたサーキットで

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2009年6月7日

    投稿者:-

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:アウディ A5
    グレード:不明(AT) (2009年式)

    総評
    史上最高のアウディ?
    これまでのコンセプトを完全に刷新した新しいシャシーは最良の結果をもたらしているのではないでしょうか? 某路面の荒れたサーキットで100%攻め込んで走りましたが非常に良い車です。
    もちろんタウンユースでもよい車です。
    満足している点
    しっかりしたボディ剛性 足回り 各種ステアリング系パーツの取り付け剛性、ブレーキ系剛性で荒れたブレーキングポイントでの約200㌔からのフルブレーキング時にもよれる暴れる事もなく高いスタビリティを維持したまま減速することができます。前後サスストロークも十分確保されており万全です。
    旋回フルブレーキングも試しましたが挙動を乱すこともなく制動距離も短くほぼ最良の結果でした。
    均整の取れた美しいボディプロポーション。シングルフレームグリルをうまく消化したフロントデザイン。
    使いやすい装備操作系。
    不満な点
    荒れた路面での限界コーナーリング中にリアがブレイクした瞬間等に前後駆動トルク配分の移行が若干唐突でフロントへのトルク配分が増えた瞬間にステアリングの操舵が重くなるのがはっきり手のひらに感じとれもう少し繊細な制御がされると更に好ましい。
    街乗り時走り始めの極低速時と平常の走行スピードに達した時のPSの重さが大きく変化します。慣れの問題ですが切り返し時等の重さがもう少し重くても特に問題にならないと思いますのでもう少し重さの移行がスムーズであればより好ましい。
    退屈なエンジン。これといった欠点もなく黒子に徹していますがパーソナルクーペとして乗ることを考慮するともう少し色気のあるフィールがあっても良いかも知れません。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)