現在位置: > > > > > 確かに新しい

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『確かに新しい』の口コミ

  • 確かに新しい

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2018年1月12日

    投稿者:hiraline さん

    乗車形式:レンタカー

    メーカー・モデル:アウディ A4アバント
    グレード:アバント 1.4 TFSI_RHD(AT_1.4) (2017年式)

    総評
    現所有車A5スポーツバック2.0Tクワトロ(B8系)との比較になります。
    車検の代車として走行300km台のバリバリの新車をお借りしました。バーチャルコックピット・アシスタンスパッケージなどの装備車です。時節柄タイヤはスタッドレスでした(DUNLOP WINTER MAXX 225/55R16)。
    街乗りの限りでは軽快な印象ですが、「アウディに乗っている」と考えると機械式センターデフによるクワトロの安定感はやはり捨てがたく思います。またA5の時に確か40万円のオプションだったサイドアシストとACCのセットを見送った経験がある身としては、安全装備を含め今回加わった数々の電子装置も計80万円にもなる価格が悩ましいところです。
    まあ、要素の一つ一つは確かに進化していると言えますし、現代のDセグメントFWDワゴンとして納得できると思います。
    満足している点
    先代よりもさらに拡大されたボディですが車両感覚は掴みやすく、取り回しやすい点はA5に対する優位です。加えてAピラーは太すぎず、ドアミラーのステーもドアパネルに移ったので周辺の見通しは良好です。
    電子技術の進歩はさすがで、売りの見やすいバーチャルコックピット(A5のメーターパネルのディスプレイは2バイト文字すら非対応でした)、数々のセンサーとカメラによる運転支援(あまりお世話にはなりませんでしたが)、触れるとステータスバー上に選択肢一覧が現れる空調スイッチなど、古いクルマから乗り換えると間違いなく「未来」を感じさせてくれるでしょう。
    不満な点
    完全停止前に作動するアイドリングストップは再始動も敏速になりましたが、ステアリングを切っていると再始動で一瞬結構な反動を生じるのはちょっと不快です。また駆動方式かタイヤの要因かはわかりませんが、小さく回り込みながら登る場面で内側前輪がいとも簡単に空転したのも驚きました。
    使い勝手上では、「満足している点」で取り上げた一見スマートな空調スイッチですが、細長いステータスバーに並ぶ小さい文字を注視しないと目的の操作ができないのはいかがなものかと思います。インフォテインメント装備はともかく、空調の操作系は操作性・信頼性重視の方がよいのでは。
    あと言いがかりですが、スピードメーターの300km/hスケールはナンボ何でも盛りすぎでは(笑)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)