『4人乗れるスポーツカー 納車3年半、50,000km超走行後の長期レビューです。 結論としては、トータルバランスに優れるいい車で非常に気に入っています』 アウディ A3スポーツバック の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > アウディ > A3スポーツバック > 口コミ・評価一覧 > 4人乗れるスポーツカー 納車3年半、50,0...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『4人乗れるスポーツカー 納車3年半、50,000km超走行後の長期レビューです。 結論としては、トータルバランスに優れるいい車で非常に気に入っています』の口コミ

  • 4人乗れるスポーツカー 納車3年半、50,000km超走行後の長期レビューです。 結論としては、トータルバランスに優れるいい車で非常に気に入っています

    総合評価: 2.0

    投稿日:2013年1月10日

    投稿者:- さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:アウディ A3スポーツバック
    グレード:2.0 TFSI クワトロ 4WD(AT) (2009年式)

    総評
    4人乗れるスポーツカー
    納車3年半、50,000km超走行後の長期レビューです。
    結論としては、トータルバランスに優れるいい車で非常に気に入っています。
    当方、今までラテン系輸入スポーツカー一筋で免許取得後15年間生きてきましたが、
    結婚、妻の出産、車検、不景気の恩恵を受けようと買い替えを検討し、以下の車種を試乗。
    VWゴルフ6、ティグアン、BMW120、130、320、325、アルファ159、AUDI A3(全グレード)、
    A4(1.8)。
    最も印象のよかったA3 2.0Tクワトロを正規ディーラーにて新車購入にいたりました。
    満足している点
    ※ボディ剛性
     過剰ともいえるほどに抜群です。
     走行距離の半分は高速道路の走行ですが、ステアリングの安定感、安心感が違います。
    ※インテリア
     シンプルで洗練、機能的で操作性に優れるデザイン、視認性に優れるメーター。
     好き嫌いはともかくとして、子供だましな過大装飾でボタンがいっぱいの(自称高級)
     国産車とは対極にあります。この辺の考え方は日本と欧米ではまったく違いますね。
     ただアームレストが小さい、カップホルダーがアームレストの下にあり使いにくい等、
     細かな使い勝手の配慮は日本車の方が上です。
    ※クワトロ
     試乗時の路面への吸い付き感とバランスのよさに驚愕しました。
     私は都市部在住でウィンタースポーツもしませんので、本当の意味のクワトロの
     実力を知ることは永遠にないかもしれませんが、街乗りでも素晴らしさは十分に
     感じる事はできます。
    ※燃費
     適度の渋滞、信号待ち多々の街乗りで約10km/l、高速道路では3000rpmオーバー、
     120km/hオーバーの巡航でも12~14km/lでの走行が可能で、カタログスペックを
     大きく上回る燃費を示します。何よりも過大表記が横行する国産車のカタログ
     スペックの燃費表記と違って、好感が持てます。
     夜の起伏に富む国道バイパス(渋滞なし、信号多々、峠あり)を100km連続走行して、
     燃費が14km/lを超えた事には驚きました。十分にエコカーです。
    エコには一切興味がない私ですが、財布にやさしい事は嬉しいです。
    ※ハンドリング&ステアリング
     車を運転する上でステアリングの質感とハンドリング性能は重要です。
     A3のステアリング径は小さめ、グリップ径は太めで取り扱いやすいです。
     若干アンダーステア気味ですが、無茶な運転をしない限り問題にはなりません。
     パドルシフトも、BMW、アルファロメオのそれとは比較にならないほど使いやすいです。
     Sトロニックのレスポンスは素晴らしく、特にシフトダウン時が気持ちいいですね。
    不満な点
    ※足回り
     剛性の高さに加え225/45R17タイヤ(購入時装着:PIRELLI P zero rosso)で乗り心地
     は硬いです。私としては好みのセッティングですが、ファミリー層なら205/55R16が
     標準の1.4Tか1.8Tがベターだと思います。また、これもタイヤの影響なのかロード
     ノイズは大きいです。参考までにタイヤは約2.8万キロで寿命をむかえました。
     3万キロまで我慢して同サイズのP zero neroに履き替えましたが、rossoの時と
     さほどロードノイズ、乗り心地共に変化はありません。
     5ドアハッチですが、4人乗れるスポーツカーとの認識が必要だと思います。
    ※値段
     車両本体価格が税込み463万(現行)。もうちょっと安ければ。。。。
     ほぼ同じ値段(むしろ安く)でイバリ度の高いA4、BMW-3シリーズ、Mercedes-Cクラスの
     エントリークラスが買えるので、このサイズでこの値段は割が合わないかもしれません。
     逆に、見た目より性能重視、コンパクト(とはいえない車重ですが)なクワトロ希望なら、
     いい選択です。
     今だと、モデル末期ですのでかなりの値引きがあるかもしれませんね。  
    ※車重
     乾燥重量で1540kg。
     ボディ剛性の高さ+クワトロで車重があり、軽快感に欠けます。あと100kg軽量なら、
     もっと走りが楽しめます。そういう奴はS3を!っ事でしょうが、私は、パワーもトルクも
     このままで車重をダウンした方が良いと考えます。次期モデルはウルトラ・ライトウェイト・
     テクノロジーで軽量化が図られているのでしょうが。
    ※ガソリン給油口
     給油口の形が悪くノズルが奥まで入らない為、給油時すぐに自動ロックがかかります。
     ドイツ、スイス、フランス、アメリカをレンタカーで旅した際に給油経験がありますが、
     ノズル形状はどの国もほぼ同一です。なぜこのようなデザインなのか理解に苦しみます。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする