『アウディ A3 (2代目)スポーツバック 又は V...』 アウディ A1スポーツバック のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > アウディ > A1スポーツバック > みんなの質問 > アウディ A3 (2代目)スポーツバック 又...

『アウディ A3 (2代目)スポーツバック 又...』:アウディ A1スポーツバック

解決済みアウディ A3 (2代目)スポーツバック 又は VW ゴルフ (6代目) 共に1つ前のモデルで 1400CCの 中古車選びについて 100万~120万程度の予算で検討しています。

アウディ A3 (2代目)スポーツバック 又は
VW ゴルフ (6代目) 共に1つ前のモデルで
1400CCの 中古車選びについて
100万~120万程度の予算で検討しています。DCTトラブルは多いでしょうか?維持費は国産車+α程度と考えていていいのでしょうか?
その他 両者の中古車を探すにおいて注意事項があればご教示ください。

ベストアンサーに選ばれた回答

実は、DSG自体の決定的なトラブルは言われる程多くないんですよ、ただ国産のトルコンATに慣れた人が発進時等の独特のフィーリング(偶にクラッチ操作の下手なMT乗りの発進)が出たりしてそれを、不具合と感じる人が多いと言うのも大いに有ると思います、アルファロメオのセレスピード等から乗り換えた人が全然気に成らないと言う癖が、日本車から乗り換えた人には耐えられないと言う事に。
維持費は何も無ければ、ワイパーブレードや交換品は国産の5割増し位です、しかしこの年式だとそろそろ現れるチャコールキャニスター交換(国産なら1万が3万)とかIG交換等大きめの交換部品は高くつく可能性は有ります。
走行距離は一つの選択指針ですが、欧州車の場合えてして多めの車が多いです、メンテナンスが確実に行われて居れば乗りっぱなしの3万キロよりメンテの確実な10万キロの方がトータル良い車が有ったりしします、中古も10万キロの方が安いですし、試乗してフィーリングの合う車を選ぶ事が肝心ですね。

回答一覧

2件中 1~2件
  • 維持費と故障頻度が気になるなら止めておきましょう。
    VWの車はエンジンルーム内にプラスチック製部品を
    多く使っています。
    サーモケースも樹脂製で壊れると閉じたままになり
    国産車とは逆でオーバーヒートを誘発します。

    冷却水ホースの継手や分岐管も樹脂製なので
    悪くなる時期が重なってきます。
    部品単価は3千円~5千円程度ですが十数箇所に
    使われていますので1度に全部となると工賃もバカになりません。
    点検の為に触ったりしただけでポキリと折れたりもします。

    DSGは改善はされていますが10万㌔超えると
    高確率で変速ショックが大きくなるようですよ。
    ATF交換とバルブボディーの交換で治れば良いですが
    それで直らない個体も有るようです。

    A3はゴルフがベースなので同じような壊れ方をしますが
    同じ部品が部品コードが変わっただけで
    「なんで高くなるんだろう?」って思います。

  • 壊れる個体は新車1週間でも壊れましたよDSG
    本体じゃなくて制御基板なんでモノがダメな
    わけじゃないですが、何回もアップデートしてるので
    マシになってる!と信じたいですが…
    ハズレを引くと30万オーバーですからね

    その他の維持費は国産+αくらいでいいと思いますが
    消耗品などは純正指定を使いましょう
    また、1400でもツインチャージはオイル消費が
    多いので補充も必須ですからとにかく消耗品は
    純正です。そのかわりオイル交換は1年もしくは
    1.5万㎞でOKですので。車検代は15万円前後でしょうか。

    中古を探す場合はディーラーの認定中古がマストですね

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。