現在位置: > > > > > 将来はコレクターズアイテム? 地味なセ...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『将来はコレクターズアイテム? 地味なセダンボデイですが、W212 E63は以前乗っていたW211 E63と方向性が異なり、硬派なスポーツカーです。3年』の口コミ

  • 将来はコレクターズアイテム? 地味なセダンボデイですが、W212 E63は以前乗っていたW211 E63と方向性が異なり、硬派なスポーツカーです。3年

    総合評価:10点満点中4点

    投稿日:2013年1月14日

    投稿者:-

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:AMG Eクラス
    グレード:E63(AT) (2009年式)

    総評
    将来はコレクターズアイテム?
    地味なセダンボデイですが、W212 E63は以前乗っていたW211 E63と方向性が異なり、硬派なスポーツカーです。3年近く乗りましたが、初期ロットにもかかわらず信頼性は抜群でした。
    満足している点
    1. 大排気量自然吸気のM156エンジン。アクセルのわずかな動きにも鋭く反応し、かつ7000回転(+)まで一気に吹け上がる。カタログ以上のパワー感があり。(逆に直噴ターボは実際乗ってみるとカタログ程のパワー感は無い。)排気量を考えれば燃費は良好。こんなエンジンは今後出てこないだろう。ただ排気音も含めて音質は余り官能的ではない。
    2. 信頼性の高いブレーキ。ホールド機能も秀逸。
    3. 意外にもコーナリングマシンである。(その分失ったものも少なくないが。)
    不満な点
    1. チープな内装。エクスクルーシブパッケージを選択すれば良いのでしょうが、コストに見合わないと思われます。
    2. 19インチ鍛造ホイールのノ―マルサスですが、コンフォートモードでさえ突き上げ感が強い極めてハードな乗り心地。舗装の荒れた道路では、車がピョンピョン飛び跳ねます。
    3. 街乗りではギクシャクするMCT。おまけに減速~停止に至る過程でも、シフトダウンとともにショックが伝わってきます。何回か調整してもらいましたが、多少改善したのみでした。
    4. 難解なスタイリング。最後まで、馴染めませんでた。
    (初期ロットなので、2,3はその後改善されている可能性あります。)
    今度大がかりなフェイスリフトがなされた。フロントバンパーはMと同様ライトレスとなった。マイチェン前はバンパー内LEDライトがアクセントとなっており、本国仕様(+日本でも一部の方)ではデイタイムライトとなっていたが、一気に古臭く見えてしまいます。罪なことをするものです(笑)。
    マイチェン前はパフォーマンスパッケージ、マイチェン後はSモデルと最高峰のAMGにわざわざ2つのスペックを設定する意味は何なのだろうか。統一した方がすっきりするような気がします。
    最後に、MBの場合、何故か高価格車程、左ハンドルしか選択できないモデルが多い。(但し、4-maticはMLを除けば構造的に困難とのことで、惜しいことです。)時代遅れだと思います。MB日本の新社長上○さんの英断に期待します。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)