『BMWについて』:BMWアルピナ

解決済みBMWについて

BMWについてアルピナ?みたいなモデルとMのモデル、それぞれの意味?を教えて欲しいです。

ベストアンサーに選ばれた回答

アルピナはBMW本社からも公認されてBMWの保証も受けることができる、自動車メーカー兼、チューニングメーカーです。

ドイツ自動車登録局には「自動車メーカー」として正式に登録されています。


下に、「BMWからホワイトカラーを購入して」って良い加減な回答有りますが何年前の話ですかね? ?笑笑笑


昔、昔の話しを記載されても(笑)ですが、確かに昔はBMWから白ボディが送られ、「アルピナ」でコンプリートモデルを製造していたらしいですが、現在は反対にアルピナが自社開発・製造したエンジンをBMWに送り、同時に「アルピナ」の仕様に合わせた「アルピナ」製のパーツをBMWの製造ラインでアッセンブリー組み立てして、アルピナの市販モデルとして生産されています。



外見上のBMW車との相違点は独自エンブレムの使用(ステアリングのセンターキャップのみ)アルピナライン(デコセット)と呼ばれるボディサイドのデコレーションライン(サイドストライプ)。控えめなエアロパーツ独特の細い20本のスポークを持つアルミホイールなどです。

ちなみに、BMWのMモデルでパフォーマンス仕様にしてもドイツの紳士協定でリミッターは280kmで作動しますが、アルピナはこの紳士協定も関係なく全くリミッターが全く動作せず300Kmオーバーの車種も有ります。





MはBMWの研究開発などを担当するグループ会社で、同じく良い加減な回答でBMW本社の1部門な回答有りますがじゃ無いです。 BMWのグループ会社です。

前身はBMWモータースポーツ社で、主にモータースポーツ関連の研究開発、モータースポーツ用車両の生産を行ってましたが、1993年にBMW M社に改称して現在は高性能スポーツモデルであるMモデルの開発、モータースポーツ用パーツの研究開発、特別注文モデルの生産、限定モデルの企画、顧客向けトレーニングスクールの運用等を主な業務としています。

なお、以前はBMW市販車であるMモデルの量産生産も行なってましたが、現在Mモデルの生産はBMW本社が行い、BMW Mは「BMWインディビデュアル」と呼ばれる特別注文モデルのみを生産しています。

回答一覧

3件中 1~3件
  • 少し分かりづらいので付け足し

    アルピナは独立したメーカー(チューナー)で、BMWからホワイトボディを買ってきて、独自のチューンアップをする。特徴は独特な色と、20スポークのアルミホイール、ガチガチにチューンしたビターボ(=ツインターボ)を武器としながらも快適性を犠牲にしないこと。

    MはBMWの中の1部門がチューンしてBMWブランドで売り出してる高級車。快適性をスポイルしてでも速さを追求する車で、AMGやRSと比較するならこちら。

  • アルピナは、BMWから供給される車体をチューニングしているモデルで、B●、D●、XD●と表記される。メーカー公認の会社がチューニングをしている。

    M●と表記されるモデルは、BMWでチューニングされているモデルというかハイパワーモデル(M●となっている内普通のモデルとそもそもエンジンの排気量もちがうし)。

  • アルピナは公道を走るチューンドカー。
    Mはサーキットを走るチューンドカー。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)