現在位置: > > > > > 高回転域までまったくストレスなく吹け...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『高回転域までまったくストレスなく吹け上が...』の口コミ

  • 高回転域までまったくストレスなく吹け上が...

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2003年12月31日

    投稿者:ALPINA B10 V8 さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:BMWアルピナ B10
    グレード:V8セダン_LHD(AT_4.6) (1999年式)

    総評
    高回転域までまったくストレスなく吹け上がるエンジン。
    3000回転を越えると、一段とパワーが増す、2段ロケットのような
    まさに胸がすくような加速が味わえる。他にも大パワー車はいくらでも
    あるが、たいていはターボやスーパーチャージャーなど、アクセルにリニア
    でない「不自然な」加速である。またエンジンもここまでなめらかには
    回らない。NAでここまでの大パワー・大トルクを絞り出しているところ
    は驚異的でさえある。数字的には355馬力、トルク48と目を見張るもの
    ではないが、加速は圧倒的である。エレガントな佇まいからは、その比類
    なき加速性能は想像しにくい。実際、乗り心地も抜群で、まるで新幹線
    のぞみのように快適である。それでいて、ひとたびアクセルを踏み込めば
    怒濤の加速をする。高速域でのコーナリングもしっかり地面に吸い付く
    ように安定する。また走行車線からの急な割り込み等に遭遇したときは
    ブレーキペダルを踏む力を込めればいい。踏めば踏むだけ強力に効く。

    走りの性能に関して、まったく文句のつけようがなく、また内装、外装
    まで丁寧に仕上げられては、オーナーとしては至高の歓びを感じずには
    いられず、他のクルマなどまったく目に入らなくなる。

    稀少車ゆえ、同じ大パワーのメルセデスAMGなどと違い、雑誌で取り上げ
    られることや、また街中で遭遇することも滅多にない。

    アルピナとは本当の車の価値がわかる紳士がジェントルにそれを操るとき、
    一番それらしく、また真価を発揮する。
    上質な時間を共にできるオーナーは、本物の車の価値を乗るたびに味わえ、
    幸せなことこの上ないだろう。
    満足している点
    ベースのBMW製V8エンジンをドイツマイスターが丹念にチューニング
    したエンジン。まるで手作りのレーシングエンジンだと形容されるそれは、
    アルピナ車の一番の魅力でもある。他にもポルシェを始め、メルセデス、
    BMW M社など、大パワーの車はいくらでもあるが、低速から高回転域
    までまったくストレスなく吹け上がるエンジンは他に肩を並べるものがない。
    日産2台の手作りだからできるのであって、他の量産メーカーではちょっと
    マネができないだろう。

    また、エンジンだけでなく、手縫いのステッチを施したハンドル、
    外装では「アルピナ」と記されたデコラインが誇らしげにそれが
    他の車とは一線を画していることを主張する。18インチという
    扁平なタイヤを履きながら、乗り心地はベースの540iよりはるかに良い。
    それでいて、路面とのインフォメーションも抜群で、飛ばせば飛ばすほど
    地面にピタッと吸い付くように安定する。

    またスイッチトロニックといって、ハンドルから手を離さずにシフトアップ
    、シフトダウンもできる。
    不満な点
    これだけの素晴らしいエンジン、快適この上ない乗り心地、
    それでいて走りの性能を犠牲にするどころか、ベース車をはるかに
    上回る高い運動性能、さらに仕上げの内装までひとつひとつ丁寧に
    作り上げられているこの車に、文句のつけようは全くない。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)