現在位置: > > > > > 好きな人じゃないと無理かな。 量産型で...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『好きな人じゃないと無理かな。 量産型では最後の純血&FR。現行アルファの様な優雅さはありませんが、車を運転する楽しさってこれだよね~、って心の底から思』の口コミ

  • 好きな人じゃないと無理かな。 量産型では最後の純血&FR。現行アルファの様な優雅さはありませんが、車を運転する楽しさってこれだよね~、って心の底から思

    総合評価:10点満点中2点

    投稿日:2013年2月10日

    投稿者:-

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:アルファ ロメオ アルファ75
    グレード:ツインスパーク(MT) (1987年式)

    総評
    好きな人じゃないと無理かな。
    量産型では最後の純血&FR。現行アルファの様な優雅さはありませんが、車を運転する楽しさってこれだよね~、って心の底から思わせてくれる車です。カタログスペックは大したコトないし、現在のハイテク車の様にラクチンに乗れるもんではありません。そろそろ部品供給もやばく、トランスアクスル系アルファをきちんと理解している工場が少なくなってきたりと、いい状態を維持して行くのが大変です。しかし、甲高い排気音を聞きながらきっちりと車体をロールさせて、ノーズを滑り込ませるようにクイクイとコーナーの3つも回っていると胸がすくような快感が沸き上がって来ます。五感を働かせて運転に集中することが楽しい!。やっぱり私はまだまだこの車を降りる事ができない(笑)。
    満足している点
    昔は「エンジン買ったら車体がおまけに付いてくる」と言われたメーカーだけあって、いつでも能天気に吹け上がるエンジンフィールは最高です。このエンジンだけは頑丈で壊れません。それから何と言ってもトランスアクスルレイアウト。フロントはトーションバー+Wウィッシュボーン、リアはドディオンアクスルにインボードディスクと、今の量産車ではあり得ない構造のお陰で、イン側のガードレールに鼻先が貼り付くように車が曲がります。限界は低いですが、コントロールは楽で、今の高性能車の様にいきなりすっ飛ぶ事も無いので、腕に覚えがあれば却って安全と言えるかも。
    後席やトランクは156より広くて使いやすい上、以外にエアコンもばっちり効くので、実用車としても結構活躍します。調子さえ良ければね(笑)。
    不満な点
    走りに大事な部分に原価かかっちゃたんで、これでガマンしろ、と言わんばかりのプアな内装。天井は垂れるわ、シートはへたるは・・・。電装系も日本車やドイツ車の様な訳には行かないので、マメな点検と早めの部品交換で対処してますが、それでも何度もJAFのお世話になってます。
    高い消耗品として有名なプロペラシャフトのカップリングは、クラッチ操作を常に丁寧にしてあげれば2万Kmで交換、なんてことはないですよ(私は6万km持たせました)。この車は優しく丁寧に扱ってあげるのが長期延命化に一番良いと思います。まだまだ乗ってあげたいので、マメに整備してもらってますが、ちょこちょこと数万~十数万の出費にトドメが車検で50万とか、いい状態を維持しようとするには大変なクルマです(-_-)。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)