アルファ ロメオ アルファGT 「「官能」のクルマ」のレビュー

アリズン アリズンさん

アルファ ロメオ アルファGT

グレード:不明 2008年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

「官能」のクルマ

2019.5.27

総評
「官能」という言葉の意味は「感覚器官を通して得られる快さ。主に性的なもの」だそうです。これほどアルファロメオにぴったりの言葉は他にないと思います。
この車の「感覚器官を通して得られる快さ」は、ドイツ車とはくらぶべくもなく、「運転すること」が好きな人ならばどっぷりハマること間違いないです。
数値やスペックでいうと大したことのないクルマなのですが、(よく故障するし(笑))、一瞬の「快感」はスポーツカーを凌ぎ、「速さ」は大したことないのですが(ハイブリッド車に抜かされるくらい)、「速さ感」はすさまじく、ただのエンジン横置きのFFですが、スーパースポーツを運転しているかのような感覚が得られます。
とにかく、「感覚」を刺激してくれるクルマです。
でもこればっかりは運転してみないとわからないので、表現しにくいんですよね。
よくよく考えてみれば、我々は職業レーサーではないのですから、実際に「速い」こと(0-100何秒とかね)や「タイムを縮めること」なんてどうでもいい。「速さ感」や「操っている感覚」が大事だと思っています。
「感覚」を刺激してくれるクルマですが、それでいてアルファGTならば、実用性や乗り心地、スペースなども犠牲にされていないので、トータルの満足度は非常に高いと思います。
一年に一回、一大イベントで絶世の美女とデートするのもいいかもしれない。でもね。もっといいのは「日常のちょっとしたヨロコビ」「ちょっとしたときにも感じられる快感」だと思うんです。そういう思考の方は、アルファロメオGTをお勧めします。ちょっとした街乗り、そこのコーナーを曲がっただけで「快感」を感じられますよ(^▽^)/
満足している点
①スタイリングと内装のデザイン
イタリアンデザインが好きな人ならば、惚れるデザインだと思います。外装黒、内装赤の組み合わせが最高すぎます。セクシーなデザインです(^▽^)
②興奮されてくれる走り
JTSですが、直噴らしくなくビュンビュン回ります。レッドゾーンまで一気です。
エンジン回転の上の方を使いながら(パワーバンドを保ちながら)、ワインディングを駆け抜けていくのは最高に気持ちいいです。特に2速全開最高!
セレスピードは、マニュアルモード付ATではなく、クラッチレスのMTですね。シティモード(オート)では多少ぎくしゃくしますが、すべてマニュアルで操作すれば、街中でも最高の気分を味わえます。意味もなく上の方まで引っ張って走ったりしています。
ちなみにシフトダウンするとき、自動でブリッピングします‼ ここでフェラーリ(しっかり聞いたことないから知らんけど(笑))みたいな音がします。
FFですが、むちゃくちゃよく曲がります。ボディ剛性は高く乗り心地も良いです。GT(グランツーリズモ)らしい乗り味です。
③アルファロメオというブランド
「何に乗っているんですか」と聞かれて「アルファロメオです」といえることの喜び。
偉大なヘリテージのあるブランドですから、誇りをもって乗れると思います。
あと私の住んでいる田舎では全く(といっていいほど)走っていません。目立ちたい人や他と同じのが嫌な人はオススメします。
不満な点
もう少し信頼性があればと思うこともありますが、直せば直ります(あたりまえだ(笑))。
あと後方視界が悪いですが、恰好良いため(スタイル優先)なので仕方ないと思っています。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

アルファ ロメオ アルファGT レビュー・評価一覧

マイカー登録
アルファ ロメオ アルファGT 新型・現行モデル