現在位置: carview! > カタログ > アバルト > 595 > みんなの質問 > アバルト595コンペにRaceChip GT...

『アバルト595コンペにRaceChip GT...』:アバルト 595

解決済みアバルト595コンペにRaceChip GTSを取り付けたのですが、加速時ブースト0.5で一瞬止まって0.4まで下がりそこからは普通にブーストが上がります。

アバルト595コンペにRaceChip GTSを取り付けたのですが、加速時ブースト0.5で一瞬止まって0.4まで下がりそこからは普通にブーストが上がります。(モード7MAX)
モードを下げて行くと0.5で一瞬止まるのは変わらないですが、下がり幅が小さくなります。
モード0(無効?)では0.5で止まらず最大ブーストまでスムーズに上がります。
この事からサブコン原因だとは思うのですが、色々検索しても同じ様な症状の方がいらっしゃらないのでこちらで質問させてもらいました。
他変更点はキノコタイプのエアクリ、スロコン位です。
因みに純正のエアクリに戻しても、スロコンを切っても変わりません。
強化アクチュエーターに変えても変わりません。
同じ様な症状の方で原因が分かったり、ここじゃないのって事があればご教授頂ければなと思います。

補足
※今の所この様な症状が出ていますがエラー及びエラーコードは出ていません。

ベストアンサーに選ばれた回答

ECUをいじくる場合でポン付けやボタンポチポチしていじる系は全ておもちゃです。
純正よりほんのちょっとマージン削ってパワー上げてそのかわりに壊れないように濃いめにセッティングします。

パワーを上げたいなら普通にチューニングショップへ行って現車セッティングしましょう。
バチッと決まったセッティングだとエンジンがもっと回せ!!って言ってるかのようにめちゃくちゃ軽く回ります。

ECUは本来パワーを上げる物ではなく取り付けているパーツの性能を100%発揮させる物です。つまり現車を見ていない書き換えがどれだけ無謀で無駄な事かわかると思います。

文字数不足なので追記します。

おもちゃの良い悪いに理解があってよかったです。それも踏まえてとりあえずノーマル戻しをしてからでしょうね…。

あとブーストを制御しているのはソレノイドバルブとアクチュエーターです。
まれにソレノイドバルブが付いていない車種もありますがいじってブーストが上がるならあると思います。

ソレノイドバルブは動作特性に個体差があり良いものは高ブーストにしてもきっちり制御してくれますがいまいちな物は安定しません。
次にアクチュエーターです。
タービン横に付いている樽型に棒が刺さったようなやつですがここもバネのへたりなどがあると少ない圧で開いてしまいタービンへ排気ガスが当たらないバイパスポートが開いてしまい安定しません。

確認方法ですがソレノイドバルブは確認のしようがありません。(壊れてたらエラー吐いてくれます)

アクチュエーターは圧をかけて見ればわかりますがそれも難しいので危険な方法でなら確認可能です。
アクチュエーターへソレノイドバルブから8Φ位のホースが繋がっていますがそれを外して両方メクラして走って見てください。それで上がるならアクチュエーターが怪しいです。

ただし!この方法はいわゆるタービンかエンジンが壊れるまで無限にブーストがかかる状態なのでノーマル+αまでしか上げないようアクセルで調節する必要があります。(壊れないなら平気で2kとかかかりロケットのような加速をします)

あとスロコンとそのサブコン(?)が悪さしている可能性があります。本来書き換え時はスロットル系の余計な物ははずすものです。(スロコンは運転手が30%踏んだのをECUに50%踏んだとかって改竄して伝えてるだけなので外して自分で踏んだ方がいいです)

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。