このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > ニュース > ライバルはズバリ初代! 新型スズキ・ハスラーに与えたライバルにはない個性とは

ここから本文です
ニューモデル
2020.1.20

ライバルはズバリ初代! 新型スズキ・ハスラーに与えたライバルにはない個性とは

 先代よりもアウトドア色が強まった

 まったく新たな軽クロスオーバーカーとして大ヒット作となった、スズキの「ハスラー」が2019年12月24日に2代目へと進化。2020年1月20日(月)より販売が開始される。その大ヒットした初代を超えるべく、二代目にはどのようなキャラクターを与えてきたのか。商品企画を担当した、スズキ四輪商品・原価企画部 製品・用品企画課の高橋修司係長に聞いた。

──2013年12月24日にデビューした初代ハスラーは、予想を遥かに超える大ヒットとなったことを、今でも鮮明に覚えています。

 高橋:そうですね。とくに2トーンのボディカラーがこれほど好評を博するとは思っておらず、発表直後は納車まで長期間お待たせすることがあり、大変申し訳なく思っています。本当に予想以上でしたね。

──発表してからの販売動向の推移は?

 高橋:軽自動車としては男性の比率が高いのですが、本当に老若男女幅広く売れて、「こんな構成比の軽自動車は見たことがない」という印象でしたね。ボディカラーも、最初は新色のオレンジや青、ピンクが売れていたんですが、だんだんカーキや赤黒といったSUV色が強いものが売れるようになりました。そして最終的には、女性比率が65%にまで高まっています。そのなかでも40代女性がもっとも構成比が高いですね。やはり可愛らしさやポップさが最後までグッと掴まれていたと、われわれは見ています。

──新型はアウトドア色が強いマッシブな方向にシフトしていますが、それは男性ユーザーをもう少し増やしたいという意向なのでしょうか?

 高橋:商品企画上、年齢や男女でターゲットを設定しておらず、アクティブなライフスタイルを求める人、自分好みの1台が欲しい人、という風に設定していますね。そこで狙いとしては、車体色とちょっとしたカスタマイズで、ガラリとどんなハスラーにも化けるよう作っています。

──とくにインテリアのデザインやユーティリティの面で、アウトドア色が強まったような印象を受けました。

 高橋:アウトドアがここまで日常に浸透するとは予想外でしたね。市場調査すると、昔では考えられなかったんですが、原宿にもアウトドアショップが存在しているんですね。そういうアクティブな活動を伴わなくともマインドの部分で人の気持ち、生活を変えるという強い力を持っていますよね。そういう部分をハスラーにもと考えて企画しました。

──初代のモデル末期には癒やし系の、柔らかい雰囲気の特別仕様車が多かったように思うのですが、新型はそちらの方向に振りにくくなったのではないかという懸念があります。

 高橋:じつは、新型の方がいろんな方向に振りやすいように仕掛けています。

──直近ですと「ワンダラー」のような方向にも持っていける、ということでしょうか?

 高橋:はい。もちろんできます。東京モーターショーに出品したコンセプトモデルにはタフで力強いものと、デカールを貼ったピンクの可愛いポップなものと、両極端を用意して、ちょっとしたコーディネートでガラリと雰囲気を変えられることをアピールしました。

──ということは、それだけ純正用品を充実させていくお考えなのでしょうか?

 高橋:そうですね。お客さまの好みや使い方に合わせて、自分だけの世界を作り上げていただきたいと。逆に言うと、メーカーがあまり決めつけすぎないよう、ベースセットを提供して、われわれメーカー側が「お客さまがこんな風に仕上げてくれたよ」というのを楽しみたいですね。お客さまがわれわれの想像を超えて、今度はわれわれがお客さまの想像を超える、という形でハスラーという物語をお客さまと一緒に作っていきたいですね。

──新型は内装色は黒系で統一されていますが、今後もっと明るい色を設定するお考えはあるのでしょうか?

 高橋:初代は特別仕様車を7シリーズ展開しましたが、そのなかでアイデアがかなり蓄積されました。ずっと飽きさせない商品展開を、新型でもしっかり用意しています。

 ハスラーの魅力を高める用品も開発段階からこだわった

──東京モーターショーでの来場者の反応はいかがでしたか?

 高橋:ものすごく良かったですね。2013年より何かしらの形で携わっていますが、スズキブースがあれほど人でごった返したり、その場で「これ、買うよ」「いつから?」というお話を1、2件どころではないレベルで受けたのは、今回が初めてです。

──とくに、どうのようなところが高評価でしたか?

 高橋:多かったのは「格好かわいい」ですね。格好良さとかわいさがうまいバランスでできているのかなと。あとは室内空間ですね、「これ、軽自動車なんですか? こんなに広くて装備が充実していて、見たことのないインパネで」と。

──新型ではタフさが強調されて、それがよりサイズ感を感じさせないような……。

 高橋:はい、大きく広く感じられるようになったと思います。鉄板の厚みを感じさせるデザインが上質さにつながり、逆に軽自動車特有の薄さを感じさせないようになりました。ですから、クロスビーが小型車で実現した魅力を、新型ハスラーは軽自動車の枠内で実現しているので、次のクロスビーが本当に難しくなったのではないかと正直感じますね(笑)。

──室内が広くなったのは、プラットフォームがハーテクトになったことも影響しているのでしょうか?

 高橋:影響していますね。それにインテリアデザイナーの粒来広(つぶらいひろし)が「数値以上に見た目で広く感じるように」と、インパネの足もと空間をスッキリさせたり、さまざまなデザイン手法を使っていますね。

──その点では、各ピラーを立てることは広さだけではなく視界の改善にも効いてくると思うのですが、それは初代ハスラーのユーザーからリクエストがあったのでしょうか?

 高橋:初代ハスラーに関しては、じつはそういうネガがほとんど上がってこなかったので、より雰囲気を演出しよう、むしろ長所をもっと伸ばそうということになりました。もっと開放感を演出して、出掛けたくなるインテリアに仕上げています。

──価格設定はどのようにお考えでしょうか?

 高橋:安全面やパワートレインを含めて装備を充実させていますが、驚いてもらえるような価格設定で準備しました。スイフトスポーツやジムニー、アルトワークスなど、また他社を含めて商品が溢れかえっていますので、「これだけ機能を上げたから価格も……」ではなく、「お客さまにとって本当に価値のある適正な価格になっているのか?」という観点で価格を設定しています。

──あえてお伺いしますが、新型ハスラーのライバルは?

 高橋:初代ハスラーですね。私個人としては、ホンダさんのN-BOXがライバルだと思っています。その理由は、ハスラーとN-BOXは、軽自動車の中で数少ない、車名から形が連想できる、カテゴリーに括られずブランド化されているモデルだからですね。そのなかでN-BOXは日本で一番売れています。

──性能的な面で見ても、N-BOXは二代目になってから別次元にいってしまった感はあります。ほかの軽自動車メーカーはそれに追いつき追い越さなければならないわけですから、それは相当大きなハードルですよね。とはいえN-BOXは価格も高いですが。

 高橋:N-BOXは機能面のみならず情緒的価値もありますが、ハスラーも機能以上にお客さまを揺さぶるものを持ったクルマですので。

──となると、販売でもN-BOXを超えたい、というところでしょうか? スズキさんにはスペーシアもありますが。

 高橋:われわれとしては、スペーシアでNo.1を取るのが目標ですね。

──ハスラーは台数的にはともあれ、利益の面ではスペーシアよりも貢献しそうな気がします、とくに用品で。

 高橋:初代ハスラーではセンセーショナルな用品を次々と発売しましたので、かなり利益に貢献しています。

──そういったアイテムは新型にも継続設定されるのでしょうか?

 高橋:はい。それに、新たな試みとして、車両のスケッチ段階で、デザイナーと一緒になって、用品展開を意識した開発を行っています。

──今後の展開が楽しみです。ありがとうございました。

(WEB CARTOP 遠藤正賢)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ