このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > ニュース > ’20ホンダ新型CT125は装備細部に至るまで手抜きなし【CT110″ハンターカブ”新旧比較】

ここから本文です
ニューモデル
2020.1.20

’20ホンダ新型CT125は装備細部に至るまで手抜きなし【CT110″ハンターカブ”新旧比較】

この完成度、市販車レベルでは!?

’19年9月に発表され、その後の東京モーターショーでも大きな話題を集めたホンダのコンセプトモデル「CT125」。前稿のシャーシ・足まわり編に続き、本稿ではメーターやキャリアなどの実用アイテムや、ステップなどの操作系といった装備面を比較する。コンセプト車ながらも、CT125はきっちりと造り込まれており、細部に至るまでぬかりはない。

●まとめ:沼尾宏明 ●写真:真弓悟史、鶴身健 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン

オフ車的で開放感のあるコクピット

CT125・CT110ともに、オフ車らしいアップハンドルで黒塗装が施されている。CT125は流行のブレースバーを備え、デジモノなどのマウントにも便利。CT125はトップブリッジ上にメインスイッチがあり、ベースとなるスーパーカブC125のようなスマートキーは非装備のようだ。CT110はセンターフレーム左横にメインキーが設置されている。

モンキー125と似た円形フル液晶メーター

CT125は、メーターを左側にオフセットして設置。残念ながら完全にモックアップ状態で文字盤を確認することはできなかった。ケースやインジケーターの配置はモンキー125と似ているが、若干異なる模様。ケーブルは見あたらず、電気式のようだ。一方のCT110はヘッドライトケースと一体式。シンプルな完全アナログ仕様で、速度とオド、警告灯、ニュートラルランプ、ハイビームランプのみの構成だ。ちなみに郵政仕様のCT110は別体式メーターを採用する。

左右スイッチボックスは現代仕様

CT125の左右スイッチボックスは、近頃のホンダ車が採用する標準的な仕様。ハザードスイッチなどは備えない。一方のCT110は、’80年代から受け継がれるメッキ式ボックス。右側に懐かしい回転式キルスイッチやライトの点灯スイッチを備える。

再現度も実用性も抜群、こだわりのステップまわり

CT125のステップはラバーを外せば、110と同様、スパイク状のオフロードステップになる構造。シーソー式のシフトペダルは、きちんとラバーを巻いてあり、造形も110と酷似している。右ステップ周辺には、リヤディスク用の油圧系統を新設しながら、カブシリーズの伝統的なブレーキペダルを踏襲しているのがポイントだ。ちなみに125はキックペダル非装備だが、「豪州向けには標準で装備されるかも。あちらでは緊急用として採用されるケースが多いです」(CT専門店モノチリンドロ・夏川社長)

大型キャリアは踏襲もイマ風にアレンジ

CT125の大型キャリアは新設計。車体同色で、十字の凹凸がポップな雰囲気を醸し出している。両サイドに荷掛けフックとなる切り欠きを設け、前方にはセンスタを掛ける際の持ち手を配置。後端に「TRAIL HUNTER」の文字を刻む。CT110の方はカブより大型のメッキ仕様で実用性重視。

次稿では、ハンターカブを販売し続けて30年以上、CT専門店「モノチリンドロ」の夏川雅弘社長にインタビュー。日本におけるCTブームの隆盛と現況、そして今後について聞く。

(WEBヤングマシン WEBヤングマシン)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ