このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2017

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2017 > ニュース > BMW NEXT Genに見る、未来のクルマとモーターショー

ここから本文です
ニューモデル
2019.8.08

BMW NEXT Genに見る、未来のクルマとモーターショー

BMW NEXT Gen

BMWの“未来”を一堂に集めたイベント

「NEXT Gen」とはネクスト・ジェネレーション、つまり次世代を意味する。BMWが考える未来のテクノロジー、未来のデザイン、そして未来の自動車のあり方を提案し、「次世代の子供たちに自動車メーカーとして何を残すのか?」について考えるのが、このイベントの主旨だったといっていい。

内容は盛りだくさん。たとえば自動運転に関するデモンストレーションでは、BMWが自動運転の開発に用いている7シリーズ・ベースのテスト車両を使用し、ドライバーが運転席に腰掛けていない状態で走行する“ドライバーレス自動運転”を実演。

BMW所有の敷地内という限定的状況ながら、私たちを後席に乗せて曲がりくねったコースを滑らかに走りきり、途中で道路を横断中の歩行者を見つければ彼女が通り過ぎるまで辛抱強く待ち、安全が確認されたところで再発進してみせた。

それだけでなく、数10m離れた待機場所から操作用のスマホを持つ利用者のところまで自動で移動し、利用者が降車したあとは自動で待機場所に復帰する機能まで披露。50代以上の読者限定でいえば、“スーパージェッター”に登場する“流星号”並みの賢さといえる。

電動化技術では3モーターの駆動系を発表。フロントにふたつ、リアにひとつのモーターを配置したそのレイアウトならびに発想はホンダNSXに搭載されたSH-AWDのEV版ともいえるものだった。また、モーターにレアアースを用いていない点も特徴的。このモーターは間もなくデビューするiX3に搭載されてデビューする(ただしモーター単体で、3モーター駆動ではない)。

モーターショーにも匹敵する大規模開催のワケ

そのほかにも1シリーズ、X1、M8クーペ、M8コンペティション・クーペ、3シリーズ・ツーリング、8シリーズ・グランクーペなどの量産モデルがワールドプレミアを飾ったほか、PHVを搭載したスーパースポーツ・コンセプトカーのビジョン M NEXTまで投入。モーターショーと見紛うような大規模な発表を行ったのである。

しかも、BMWがドイツのミュンヘンでNEXT Genを実施したのは、同じドイツのフランクフルト・ショーが開催されるわずか3ヵ月前のこと。このタイミングで、これほど派手なネタを大盤振る舞いして大丈夫かと心配になるのも無理からぬ話だろう。

そこで私は会場で何人かのBMW関係者に「こんなに多くの発表を行って、フランクフルト・ショーは大丈夫なのか?」と訊ねてみたのだが、彼らは一様に「大丈夫です。フランクフルトショーでもたくさんの発表を行うので楽しみにしていてください」と私に語った。

今回、BMWがNEXT Genを実施したことについて「自動車メーカーのモーターショー離れを象徴する出来事」と捉える向きもあるようだが、それは一面で正しくて一面で誤り。事実、BMWは今年のフランクフルト・ショーにもしっかりとブースを構え、主役の一画を担うと見込まれている。

では、なぜ彼らはお膝元であるフランクフルト・ショーの直前にこのようなイベントを開いたのか? BMW関係者のひとりは、私にこう打ち明けてくれた。

「現在、自動車メーカーの活動は非常に多岐にわたると同時に、それらは急速に高度化しています。一方でモーターショーは時間もスペースも限られているために、ひとつひとつの活動を詳しく説明するのは困難です。私たちが今回、NEXT Genを実施したのは、モーターショーでは紹介しきれない私たちの活動をみなさんに理解していただくのが目的です」

単一開催だからできる“スタートアップ”の発表

たしかに、NEXT Genでは普段知ることのできないBMWの最新技術やビジネス戦略に触れることができた。スタートアップに関する発表は、まさにその代表だろう。

スタートアップとは、新規に立ち上げられたベンチャー企業のことだが、BMWはユニークなアイデアや独創的な技術を有するスタートアップと提携。ときに経営支援をするなどして、彼らの活動をBMWの製品開発に役立てている。その領域は極めて広範でAIからデザインにまで及ぶが、そういった実例を垣間見られたことは、NEXT Genのような単一企業の独自イベントならではといえる。

一方で、単一自動車メーカーによる独自イベントにも限界はある。たとえば、今回のNEXT Genに招かれたメディア関係者の数は世界中で200名ほど。なお、メディア向けの開催は1日限りで、それに続く3日間は学生などの一般客に開放されたそうだが、それにしても1000人程度に過ぎないはず。何十万人が訪れるモーターショーとは規模の点で格段の差がある。

前述の関係者が続ける。「より多くのお客さまに見ていただくという面では、やはりモーターショーに大きな意味があります。したがってモーターショーにはこれからも継続して 出展します。今年はNEXT Genを実施しましたが今後については未定です」

おそらく、NEXT Genのような独自イベントは将来的により増えていくだろう。その一方で彼らはモーターショーにも関わっていくが、これまでのように大規模なモーターショーにすべて参加する方針を改め、自分たちに重要と思われるショーに的を絞っていくと推測される。

自動車産業の大変革が招いた必然

先ごろ、今年の東京モーターショーに参加する輸入車メーカーが激減することが明らかになったが、これは我が国に限った話ではなく、世界中のモーターショーで起きていること。毎年1月に開催され、世界を代表する自動車ショーのひとつとされてきたデトロイトショーが海外メーカーから見放され、6月に開催時期をずらしたのもその一環といえる。

モーターショーが曲がり角に差し掛かっているのは間違いないが、それは現在起きつつある自動車産業の大変革と深く結びついた出来事でもあるのだ。

REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI)

(GENROQ Web 大谷達也)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ