このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > マツダ > マツダ、クロスオーバーSUV「CX-8」の改良版を展示

ここから本文です

かっこいいね!(140pt)

投票は終了いたしました。

マツダ CX-8

マツダは3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の改良を行い、東京モーターショー2019に出展しました。

内装では、センターディスプレイの大型化(7インチ→8インチ)や電動スライドガラスサンルーフ、3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加。荷室容量はサブトランクボックスを拡大することで、3列目を使用した状態でも機内持ち込みサイズのスーツケース4個を積載可能としました。また雨天時の静粛性を高めるため、ルーフ部に塗布型制振材を採用。雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減し上質感を高めています。

今回、特別仕様車として「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」を追加。2列目のアームレスト付コンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、2列目シートの同乗者がよりくつろげる空間としたそうです

パワートレーンは、全てのエンジンにおいて2WDと4WDのどちらの駆動方式も選択可能に。4WD車には悪路でのスタック時に4WDとトラクション・コントロール・システムの協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化し、スムーズな脱出を助ける新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を採用しています。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ