このページの先頭です このページの本文へ

東京モーターショー2019

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > 東京モーターショー2019 > 自動車 > 三菱 > 三菱が提案するガスタービンハイブリッド車は本当に出てくるのか?

ここから本文です

かっこいいね!(268pt)

投票は終了いたしました。

三菱 MI-TECH コンセプト

そもそもガスタービンエンジンとは?

「マイテックコンセプト」というコンセプトカーを東京モーターショーに出展した三菱ですが、Gショック風にして、ドアもルーフもないバギー風デザインもさることながら、ガスタービンエンジンという聞きなれないメカを搭載することでも注目されています。

ガスタービンエンジン…ちょっと詳しい人なら、産業発電用エンジンとして活躍しているのをご存知かもしれません。もちろん日本でも非常用やコージェネ用として広く使われています。メリットはガソリン、軽油、灯油、アルコールなど様々な燃料を使うことが可能で、エンジンのサイズや重量あたりの出力が大きく、排ガスがクリーンなことだそうです。実はバスなどへの搭載例はかなり以前からあります。

謎だった4つのファンはエンジンの空冷用

飛行機のジェットエンジンがガスタービンエンジンの仲間であると言えば、なんとなくイメージできるでしょうか。会場で三菱の人に聞いてみたところ、ティザー画像でも話題になったリアフェアリング上部の特徴的な4つのファンは、エンジンの空冷用で、吸気はシートの後ろ、排気はボディの下からするという設定だとか。

もしかしてすでに、ハイブリッドシステムに組み合わせる小型の乗用車用ガスタービンエンジンを開発しているのでしょうか? という編集の質問に、答えは「ノー」でした。様々なメリットはあるものの、燃費効率をはじめ解決しなければいけないことも多いとのこと。具体的な開発計画はないそうで、どちらかと言えばマイテックコンセプトのデザインに未来の三菱車へのヒントがありそうです。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ